FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

消える才能



セリフがちょっと聞き取りにくい所があるので、
下に抜き出してみました。

劇団ひとり- 春樹先輩
ど~も~!
茨城から愛車のマークIIを転がしてやってまいりました、
春樹でぇ~~す。
いやぁ~、今日は気合いはいってんからねぇ。
なんせ、この前ロッキー観てきたんだから…。
ロッキー、つえぇよぉ。
あっ、でもね、俺の1コ上の蜂田先輩なら勝てるかもしんない。
結構つえぇんだぞ。
茨城のロッキーだって言われてんだぞ。
そんで、パンチがはえぇんだ。
シュシュシュッ、シュシュシュッ!
パンチが早過ぎてよ、手が何本もあるように見えるんだよ。
茨城の千手観音って言われてんだからぁ。
………
あっ、どっちだっけかなぁ?
千手観音みてぇなロッキーだな。まぁ、いいけどよ。
でも、ロッキーもいいけどよ、俺はエイドリアンが欲しい。
分かるぅ?…彼女が欲しいって事よ。
どーやったら女にモテるのかなぁって思ってよ、
もーちょっと背が高けりゃ女にモテるんじゃ無いかと…。
それがよぉ、雑誌観てたらあったんだよ。
宇宙の神秘パワーによって、飲むだけで背が高くなる、
サプリ・ザ・ジャイアントってのがあったの。
あぁ~~、これだ!と思ってよ、早速注文したの。
それがよぉ、飲んでも飲んでもウンともスンともいわねぇんだよ。
それで俺、頭きたからその会社に電話してやったんだよ。
「てめぇ、ふざけんじゃねぇぞ。
何がサプリ・ザ・ジャイアントだよ。
ちっとも、背なんか高くなんねぇじゃねぇか!」
そしたら、なんて言ったと思う?
「その割にはお客様、随分上からものを言いますね。」
………
不思議と穏やかな気持ちになったです。

実は言うとよ、俺、ちょっと口がくせぇんだよ。
おめぇ、これじゃ~、、
だから、死んだザリガニみたいなニオイすんの。
それじゃ、ダメだろ。
どぉ~すっかなと思ったら、あったんだよ。
雑誌観てたらよ、
エジプトのピラミッドパワーによって口のニオイがなくなる
って、クレオパトラキャンディがあったのよ。
あぁ~~、これだ!と思ってよ、
そのキャンディ、ペロペロと舐めてよぉ、
何ともなんねぇんだよ。
頭きたから電話してやったの。
「てめぇ、ふざけんじゃねぇぞ、このやろう!
口なんか、くせえまんまじゃねぇか。
女口説いても皆鼻抑えてるよぉ。」
そしたら、なんて言ったと思う?
「それは、お客さんの口が臭かったんじゃなくて、
口説き文句が臭かったんじゃないですか?」
………
いつもの帰り道が少し違って見えたです。

俺の顔ってどーなのよぉ。ねぇ、悪くねぇだろう?
でもよぉ、俺よぉ、もうちょっと鼻が高かったらよぉ、
俺、女がほっとかねぇと思ったのよ。
そら、鼻なんて高くなるのかと…、
あったんだよぉ。
雑誌観てたらよ、
デカプリオだよぉ、ブラッドピットだよぉ、
アカデミースターはよぉ、
皆、御用達だ!つうてよぉ、
ハリウッドチョコレートつうのがあったのよ。
あぁ~~、これだ!と思ってよ、
食って、食って、食ったけどよ、
ウンともスンともいわねぇんだよ。
頭きたから電話してやったのよ。
「てめぇ、ふざけんじゃねぇぞ、このやろう!
インチキじゃねぇか。鼻なんて高くなんねぇよ。
これじゃ、女にモテねぇじゃねぇか。」って、
すたらよぉ、
「お客様がモテないのは当社の責任ではございません。」
って言うんだよ。
「てめぇ、ふざけんじゃねぇぞ、
俺は目だって二重だし、おしゃべりだって上手だし
鼻さえ高かったら女にモテんだよぉ~~!」
「お客様、調子にのらないで下さい。お客様、天狗です。」
………
その日初めてお酒を飲んでみた。
春樹でした。



私はこのネタを初めて観たのは、
笑点の前座でのショーでした。

まだ、「劇団ひとり」という名を知らず、今のように有名でもなく、
しかし、面白かったという印象でした。( ̄▽ ̄)b
話にひねりがあるし、
賢くなければこういうネタは作れないだろうな

…と、笑いの中で関心しながら見ていたのを思い出しました。
( ̄∇ ̄(_ _( ̄∇ ̄(_ _ )ウンウン

しかし、
名が売れてTVにじゃんじゃん出るようになると、
こういう純粋に面白いネタを披露する機会もなくなり、
結局、ネタトークに磨きをかける事も無く、
素質があったとしても潰れてしまう。
…潰されてるのかなぁ。

(||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)アウッ

ショーだか雑談だか訳の分からない、
ただ、うるさいだけのつまらない番組に出て、
学校の休み時間にチャーチャーと話すような会話だけの
芸の無い人になってしまうのが残念に思います。il||li л○ il||li
この日本で「売れる」という事は、
「つまらなくなる」という事の、代名詞でしょうか…?
ψ(`∇´)ψ

ベテラン?芸人

そして、
芸を見せない大物芸人と言うのが、
のさばって行くんだよなぁ~。(/TДT)/あうぅ
芸を見せない事が大物の証し…なのか?




にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


考えること・・・・

劇団ひとり氏のネタって、
良く考えられてるのが多いですよね。
私も、TVなどで見てて、
『おっ!!』って思うことが良くあります。(^^)

芸を見せない大物芸人ですが、
この方達は、芸の良し悪しというよりも、
ある種の世渡り上手と申しますか、
流れに乗るのが上手いんじゃないかと思います。

創造性は、皆無に等しいですが、
今、大衆が求めてるのも残念ながらこれなのかなと最近思います。
なんだか、どんどん『考える』事から遠ざかってると申しますか・・・。(^^;

そしてもうひとつ、大物と呼ばれる人たちには、
流れを変える力を持つ人と、流れに乗るのが上手い人と、
二種類の人間がいるような気がしてます。
私は、無謀と言われても、前者を目指したいです。(^^)

大衆の求めるもの

♪しま さん

>今、大衆が求めてるのも残念ながらこれなのかなと最近思います。

私は、ずっと大衆が求めてるものについて凄く疑問を感じてます。
何故、そのようなものに対し、大衆が求めるのか?
答えは単純な気がするのですよね。
「それしかないから、他を知らない。」
この一言につきるんじゃないかな?

どのチャンネルを回しても、
同じ芸能人がひな壇に座ってバカ騒ぎ。
他を知らなきゃ、それで満足な訳だし、
求める以前の問題になってしまいますよね。

それは、日常生活でも同じ事が言えますよね。
20年前まで携帯電話が無かったけど、
現在、多くの人は携帯電話が無いと生活が出来ない。
という状態になってると思います。
でも、20年前は携帯電話が無くても生活出来てた訳ですし、
仕事でも携帯がないからと言って困っては無かったはず。
当然、携帯が無いから
多くの人は携帯を求めるという行動すら起こせない。
その状態を、大衆は携帯電話を求めていないと捉えるならば、
携帯電話の開発や発展すら無かったわけです。

今のクリエイティブの現場って、
まさに、それ以上のものが無いのに、
勝手に「大衆は求めていない」と決めつけてる感が否めません。
兎に角、行動を起こしもしないで理屈が先走ってる、
それが今のクリエイティブの現状なんじゃないかな。

だから、いつまで経っても良い物は出て来ないし、
大衆も、なかなか目を肥やす事も出来ない。
私は本当に日本のクリエイティブ業界は衰退してると感じてます。

事実、活躍する人は、若い人ばかりで、
熟練した本当の意味での大物がいません。
これは、デザイン業界にしても同じです。
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-914.html

この記事で言った、
「若い感性」を追い求める姿勢にしてもそうです。

劇団ひとり氏のような若い芸人も、
本当に才能があったとしても、
何も分からない未熟なプロデューサー等によって、
潰されてしまってるんだろうなと思います。
そして、潰された芸を見せない大物芸人が
また新たな若い目を見つけ、
プロデュースし、同じ繰り返しになってるんじゃないかな?
いつまで経っても進歩と言うものが無い。

それを変えて行くのは、
我々クリエイターが気付いて、変えて行くしか無いと思うのです。

問題を問題と思えず、
そのまま放置出来るクリエイターは必要ないと思う。

劇団ひとりさんのようなタイプはアメリカの「Stand-Up」という芸のスタイルで日本のコンビ漫才のようにボケ&ツッコミに頼らない、つまり特定の人を馬鹿にしたり、どついたりして笑いを取るのではない、正統派のお笑いとして好感が持てます。藤井隆さんのスタイルはアメリカの「MAD TV」のスタイル。芸風がそっくりでしょう(笑)↓
http://artshrine.blog9.fc2.com/blog-entry-937.html
勉強熱心な人達はそれまでに流れに頼らず新しいものを取り入れて行くのに、結局現場をまとめる人達に創造精神が欠けているので潰されますね・・・残念です。つねに「急ぎの仕事」みたいなやっつけ仕事です。
すぐに廃れるものしか作れない現場を、人気のサイクルみたいなデータ的な事で説明したがる業界人が嫌いです。それは駄目な現状説明であって、どう変えて行けば良いか等のビジョンが全くありません。今ある材料でだけでレイアウトを変えてる弁当みたいな番組づくり。腐るのを待って、腐ったらおかずを入れ替えるという、そんな感じ。

>それを変えて行くのは、
>我々クリエイターが気付いて、変えて行くしか無いと思うのです。
まさしく、その通りだと思います。(^^)

そして、それを変えれるクリエイターや作品こそが、
一握りなんじゃないかと思ったりもしてます。

例えば、ロックミュージックシーンを見ても、
私が聴くのになるとちょっと偏っちゃいますが、(爆)
LED ZEPPLEINやVAN HALEN、Nirvanaなど、
ロックシーンの流行を根本から変えるだけのモノを持ったバンドと、
その後の流行に乗っただけのバンドがいます。

大衆の流れを変えるということは、
焼きそばを注文した人に、ラーメンを出して、
それでも満足してもらうだけのクオリティとインパクトが必要であり、
それができるものやクリエイターが、
いわゆる『本物』なのではないかと考えてます。

本物を目指すといえば大げさですし、
道は随分険しそうです・・・・。(^^;
今の自分にはその実力にはまるで届いてないのも承知してるんですが、
それでも、やっぱり流れに乗ってしまって、
諦めて解ったようなフリは、したくないんですよね。

実行

♪morito さん

>つまり特定の人を馬鹿にしたり、どついたりして笑いを取るのではない、

バラエティ番組に良くある罰ゲームや、
人を吊るし上げて笑い者にする笑いは、
見ていて凄く不愉快です。
私の目には、イジメにしか映らないです。
あんなの見てる視聴者で笑えてる人がいるならば、
それは、完全な感覚のマヒでしょう。
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-692.html

この記事でのYouTube動画で笑えてるとすれば、
http://news.livedoor.com/article/detail/3316272/

この記事のイジメ問題となんら変わらない事になるでしょう。
この自殺した生徒も、罰ゲームと称して虐められてたわけですから。
そして、それを周りは戯れてると認識し、
イジメとは思っていなかったわけですから、
まさに、現在のバラエティ番組と同じような事が、
当たり前に学校等で行なわれてるわけです。
問題を問題と考える事の出来ない社会。
それもまた、異常な事だと思います。
それが、大衆の望む番組と思っているなら、
この日本は非常に恐ろしい国だと思います。


♪しま さん

>大衆の流れを変えるということは、
>焼きそばを注文した人に、ラーメンを出して、
>それでも満足してもらうだけのクオリティとインパクトが必要


私は、そこまで難しく考えてないのですが…。(^_^;)
変わるか変わらないかは単なる結果に過ぎず、
間違った事は放っておかず訂正する。
正しい事は正しい事で押し通す。…簡単な事だと思います。
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-610.html

このような記事の題材にしても、
明らかに間違ってるのに、放っておける事が異常だよね。
関連記事にしても…。
そんなアホなデザインがゴロゴロしてるのに、
問題にしようとしないし、当然減る事もない。

海外からの良いビジュアル等を見ても、
良い物に素直に良いと言えず、
「それは日本と海外のマーケティングの違いが…」云々と
言い訳して現状を正当化しようとしたり。
そのくせ、自分に関わらないもので、
良い物見せられると「感動に国境は無い!」というような事を
言ってみたり。
自分の仕事に関わらないと、国境は無くなり、
自分の仕事に関わってくると、
日本と海外のマーケティングみたいな、
国境が現れて来るんですよね。
このような矛盾についても疑問にも思ってないのです。
それで、どっちが正しい考えなのか分からないので、
ハッキリさせる為追求質問すると、
逆ギレされるパターンがほとんどですから。(^_^;)

自分にポリシーがあり、筋を通した考えであると、
考えがブレる事はありません。
考えがブレると言う事は、立前と本音というのがあり、
立前と本音の間を行ったり来たりしてるのでしょう。
そして、どちらかを認めるとなると、
もしかしたら、今まで自分でやって来た道を、
全否定しなきゃならないかも知れないし、
自分のこれから目指す道を否定しなきゃならないかもしれない。
そのような恐怖が付きまとうのだろうと思います。
でも、それを恐れてたら何も変われないのだろうと思います。
私は、自分のこれから目指す道を選んだから、
今まで自分でやって来た道を全否定する結果になりました。(^_^;)
今、新たな道は出来つつありますがね。(笑)

私は本物を目指すとかそういう
大袈裟な事じゃないと思うんだけど…。
私は、単純に自身のBlogで取り上げた問題は、
自分では、しないようにしてる。
ただ、それだけの事なんじゃないかなぁ。(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/978-f881c038