FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

有害サイトから子を守れ!

ケータイ安全教室
(c)中国新聞社

制限機能の活用促す。
福山東署管内の少年補導協助員連絡協議会は、
15日、同署内で「ケータイ安全教室」を催した。
携帯電話のインターネットを介し、
子供が犯罪に巻き込まれないよう、
有害サイトへのアクセス制限機能の活用を申し合わせた。
教室には協助員や中学教諭など約40人が参加。
携帯電話会社の担当者からスライドを交え、
出会い系サイトへの誘導や架空請求につながる
迷惑メールなどの手口を学んだ。
子供らが有害サイトにアクセスするのを防ぐ手段として、
担当者は接続可能な対象を絞るフィルタリング機能を紹介。
「知られていないのか加入者が低い」とし、
店頭での申し込み方法など利用を促した。
県警によると昨年、
出会い系サイトの絡む事件(刑法犯は除く)
48件発生し未成年者28人が被害者となった。
今年も7月末までに18件で未成年者16人が被害に遭っている。
東署の生活安全課長は、
「便利な携帯電話には危険も潜む。
家族等、子供の周りにいる大人が
フィルタリング機能等に関心を持ち
地域でも広めて欲しい。」と話した。

(以上、中国新聞記事引用。)

子供をネット犯罪の危険から守る為に、
このような活動が行われる事は良い事だと思うのですが、
どうも、この手のニュースを見て思う事は、
心の部分が置いてけぼりにされてる感じがします。
o┤*´Д`*├o アァー

フィルタリング機能…素晴らしいと思うが所詮道具。
ネットも同じく道具。ψ(`∇´)ψ
道具という物は、使う人によって良くもなり悪くもなる。
野球のバットだって、使い方を誤れば人を殺す道具になる。
果物ナイフだって、包丁だって。
( ̄∇ ̄(_ _( ̄∇ ̄(_ _ )ウンウン
殺人の道具である拳銃を手に入れさせないようにした所で、
心が悪ければ、どんな物だって武器になる。
このネット犯罪にも同じ事が言えると思うのです。(u_u)
どうも、安全という事に対して全般的に
道具に頼ろうとしてる感が否めない。(交通安全も同じ)
そして、その度に心の事は置いてきぼり。
ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

有害サイトと一言に言うけど、何が有害サイトなの?
おそらく、
あからさまに有害と思えるサイトの事しか
言われてないでしょう。( Д|||)
でも、使い方を誤れば、
何でもない普通のmailやBlog、SNS等も有害になるのですよね。

むしろ最近は、
有害でもないんでもない通常のmailやサイトからの
事件、事故が増えてるんじゃないかなぁ?
現在もニュースになってますよね。(6 ̄  ̄)ポリポリ

神戸市の私立高校で7月に
自殺した高校3年の男子生徒(18)から
金を脅し取ろうとしたとして、
兵庫県警少年捜査課と須磨署は17日、
恐喝未遂容疑で同級生の少年(17)=同県西宮市=を逮捕した。
生徒は携帯電話のメールで自殺した生徒に対し
「何されるか分からへんで」等と書いて送った事を認めており、
メールの記録がいじめの証拠となった。

こちらの記事(クリック)Livedoor ニュースより引用】




にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


フィルタリング機能もいたちごっこみたいです。
ないよりはまし、みたいだけれど・・・

えらいさん達は、「出会い系サイト」だけが有害だと思っているような気がするのですが、「学校裏サイト」とかで子ども同士で傷つけあっているみたいですもんね。
ネット機能のない。メールと通話だけの携帯を売ってほしい、と思うし、簡単なことだと思うのですが、ネットがいちばん儲かるから売らない(作らない)んだよね、きっと。

誘惑

♪chobi さん

私は携帯電話のメールやネットは
使ってないので分からないのですが、
やっぱりフィルタリングも
契約したら別料金なんでしょうか?

もし、有料だったら、
新聞記事のこの文面↓が、営業目的に見えてならないです。

>子供らが有害サイトにアクセスするのを防ぐ手段として、
>担当者は接続可能な対象を絞るフィルタリング機能を紹介。
>「知られていないのか加入者が低い」とし、
>店頭での申し込み方法など利用を促した。


「いたちごっこ」だと、
ホントに効果としては疑問ですよね。

BlogやSNSで、話が盛上がりました。
「今度、OFF会しましょう。」…良くある話だと思います。
これは、出会い系じゃないのですか?(笑)

心の問題を置き去りにして、
フィルタリングだのと機能的な事ばかり
強化しても意味が無いですよね。(^_^;)

>ネット機能のない。メールと通話だけの携帯を売ってほしい、

そうなんですよね。
結局は、儲けが最優先なんですよね。
携帯電話に限らず、
夜の街に子供達が多いのだって、
24時間営業のような店が増えたのも原因があると思うしね。
儲ける為の手段が、悪循環になってる気がします。
ホント、何でこんな時間に子供がいるの?
って時間にいますからねぇ~。
2~3歳の子が夜中にゲームセンターとかにいたり。
当然、親子連れですけど、
親がいれば良いというもんじゃないでしょう。

子供達を誘惑するのも大人だし、
子供達を誘惑から守ろうとするのも大人達。
っで、大人達は何がしたいのでしょう?(^_^;)

たぶん無料だったと思います。
でも、それをウリに顧客を囲い込もうとしているみたいだから、ね(^_^;)

TBしようと思ったのですが、レスいただいてたので、リンクさせていただきます↓
http://chobisgarden.blog60.fc2.com/blog-entry-1291.html

子どもに携帯を持たせたくない友だちと話していたのですが、携帯のない時代に戻りたい!っすよ。



答えは一つだけだと思います・・・「ウチの子にはさせません!」というハッキリした親の意志じゃないでしょうか。子供が「何が危険か/何が悪いか」とちゃんと解る人間に育たないと、結局同じだと思います。僕らの子供の頃にも24時間空いてるゲームセンターなどはありましたけど、あるから行ってしまうというより、あっても行きませんでしたもん。「みんながやっててもウチは要りません」という厳しい親が居ても良いと思うのだけど(それが親の役目じゃないかなって思います)。トラブルを知って与える事は、親のすることだとは思えません。善悪の境を曖昧にしたまま育った子が大人になれば、きっと同じ社会が続いて行くだろうし。子供の事を言う前に、大人達が携帯依存症になってるほうが余程気になります。子供に持たせたくなければ、大人も持たないほうが良いと思います(^_^;)

「出会い系サイト」や「学校裏サイト」の問題も、そういう気持ちがある人自体に問題があり、携帯やパソコンによってそれが表面化してるだけですよね。

>moritoさんへ(横レスごめんなさい)
>「みんながやっててもウチは要りません」
はい、私はそれで頑張ってるんですが、子どもに携帯を持たせない同志だ~って思ってた人が、試験で何番以内だったら携帯買ってやる、なんて言ってたのを知り、正直、凹みました。

とはいえ、物騒な世の中、携帯を持たせたいという親の気持ちもわかってくださいね。(公衆電話の数も激減しましたし) うちなんかは学校まで歩いて3分だから、「必要ない」でいけるんですけど、遠くの学校に通っている子もいるし、塾の帰りが遅い子もいるので・・・

う~む、ちょっとごっちゃになってますね。携帯事情には疎いんですが、前に宣伝してたお年寄り向けの簡単携帯なんかはもう無いのでしょうか?結局は(パソコンが悪いのでは無いのと同じで)「携帯が悪い」のではないので、親の「これはやらせません(←携帯でのネット機能とか)」というハッキリした線引きが必要だと言うことを言いたかったのです。それは、携帯が無ければ良いかという事とも違って、むしろ態度をしっかりするというか、ルールを決める「人」の問題というか。
親が子に携帯を持たせ始めた時、皆決まって「無いと物騒だから」と言ったのが気になりました。でも持たせた結果の犯罪(そこまで行かなくても傷ついたり傷つけられたり、そして持って無いという子への仲間外れ等も含め)持たせた事で起こるデメリットのほうが莫大な気がします。「もしもの時の安心」と「常につきまとう身近な危険」のバランスは一緒には計れませんが、1つの携帯であることは間違いありません。持ってない人(実際それほどに不便で危険なのかどうかを)と比べるほうが解り易いかもしれません。周りが持たせるかどうかなど気にする必要など全く無いと思います。

使い方

私の携帯電話の使い方は、
現在の多くの人が使ってる使い方と比べて、
凄く中途半端だと思います。

携帯電話の機種は古いですが、
メールもネットも契約すれば使えます。
しかし、その契約はしてません。
何故なら、自分には必要ないからです。
皆が…というのではなく、
自分に何が必要で、何が不必要なのかという事で、
決めてるからなんですよね。

以前、携帯電話のCMで「選べる○○種類」なんて、
キャッチコピーがありましたが、
私には、全く選ぶ事が出来ませんでした。
私の求めてる携帯電話はその中に全く入ってなかった。
結局、皆が同じような物を求めてるから、
提供する方も同じような機能の物ばかり作って、
メーカーや形が違う程度で、
性能的には全く同じような物ばかりでした。
中身で見れば、1種類しかないのに
「選べる○○種類」なんて、言ってたりするんですよね。(^_^;)
それだけ、多くの人々は同じような携帯電話に
振り回されてると言う事なんだろうと思います。
自分の意志で、何が必要なのか?本気で考え選んでたら、
携帯の種類も本当の意味で多様化してたかも知れませんね。

物騒な世の中だから携帯電話を持たせる。
これも、一つの理由だと思う。
だけど、携帯電話を持たせた事で、
子供を危険の渦中に放り込む事にもなる。
だけど、実際問題、
「携帯電話を持たせてたから助かった」
というようなケースって、どのくらいあるのでしょうね?
私の目には遥かに
「携帯電話を持たせてたから犯罪に巻き込まれた」或は、
「携帯電話を持たせてたから犯罪に走ってしまった」の
ケースの方が多いように感じます。

例えば、
生命保険で、万一に備えて保険料を支払い、
しかし、保険料が高くて支払えず行き詰まって自殺してしまったら、
本末転倒ですよね。(笑)
だけど、それは保険が悪いのではなく、
保険のプランを考える所に失敗があるわけで、
携帯電話も同じだろうと思います。
携帯電話を万一の時の保険として考えたら、
その本末転倒な事がまさに起こってるようにも感じます。
携帯電話を持たせる時に、
様々なオプション契約があると思いますが、
果たして、本当に子供の為に考えて選んでるのかどうなのか?

道具の前に、まず教育だと思うのですが…。
そして、私もmoritoさんの言われてるように、
>子供の事を言う前に、大人達が携帯依存症になってるほうが余程気になります。
という事が気になります。
車を運転しながら携帯電話をつついたり、
人と話してる最中にメールが来たからと言って、
話を中断してメールの返信をしたり、
大人がそんな状態だから、
「子に正しく使え!」なんて言えないし、
仮に、言っても子は聞かないですよね。(^_^;)

物騒な世の中だから持たせたい、と書きながら、説得力ないだろうなぁと思ってました(^_^;)
「携帯電話を持たせてたから助かった」っていうケースは確かにあまりないと思うのですが(たとえば誘拐に遭った場合、犯人はまず携帯の電源を切るでしょうし)、「お守り」だと思って持たせるのかな。(子どもが小さい場合などは特に)
オプション契約をするときは、きっと「みんなと同じように」って感じなんだと思う。
世の中の親は子育てにも不安を抱えていて、とりあえずみんなと一緒なら安心、みんながやってるからうちもやる、みたいな人も多いと思うのです。そういう気持ちはそのまま子どもにも伝染すると思うし。
強くならなくては、と思うのですが、日々葛藤の連続で・・・ KOJIさんやmoritoさんからは、人としての客観的な意見が聞けるのでありがたく思っています。

お守り

♪chobi さん

お守りって感覚は何となくわかります。(笑)
携帯に限らず、日本では、いろんな所で、
この心理って働いてると思います。

例えば、
中央出版のCMで言われてる、「一応塾」とか。(^_^;)
子供を塾に行かせてる事で、勉強をしてると安心する親。
だけど、私の身内は塾関係の仕事をしてますが、
子供の勉強する姿勢に関しては全く無関心
と感じる親がとても多いと言います。
塾に行かせてる事で安心していて、
しかも、子供を見る時はテストの点が
上がった下がった(数字のみ)という事にしか反応しないようで、
その中身について知ろうとする親は、ほとんどいないそうです。
中身が一番大事なのに…といつも声を漏らしてます。

携帯も、きっと、この塾の例と同じように、
多くの親は、持たせてる事で安心してしまって、
子供が携帯をどのような使い方をしているのか?
という事までは関心が無いような気もします。

私が、この新聞記事から感じた、
「心の部分が置いてけぼり」って、
そういう事なんですよね。(^_^;)

塾もねー。
本人にやる気が無いのに行かせても、お金がもったいない気がして行かせてないんですけど、受験はしなくても「とりあえず行かせて安心」な親は多いです。とはいえ、なにもやらないのも心配なので、通信教育やってますが、これがたまっちゃうんですよねえ(^_^;) 私も子どもの頃、通信教育ためてたから、人のこと言えなくて(^_^;) でも、自分のことはさしおいて、「テストで良い点取れ」とか「良い学校に行け」とか、けしかけている親も多いような気がします。
塾の先生は、「結果を出してあたりまえ」みたいに思われて、学校の先生とはまた違った大変さがあるんじゃないかと思いますが、がんばってください、とお伝えください。
お金を出せばなんでも手に入る(ように思える)この世の中が、人の心を置いてけぼりにしているのかなぁ・・・

上辺の事しか見れない人

♪chobi さん

やっぱりいろんな意味で、
上辺の事しか見れない人が
増えてるんじゃないでしょうかねぇ?(^_^;)

形ばかり追いかけて、精神を見失ってると言うか…。

塾の場合でも、
ある親は、子供に問題集を数多くやらせて満足してるのですが、
塾で、その問題集の採点をしてて、その子の間違う箇所が、
毎回同じような所なのだそうです。
指摘し直すよう助言をしてるそうなのですが、
その親は、直す事よりも数やらせる事が重要と考えてるようなのです。
「うちの子は、問題集を毎日○ページやらせてる。」と言う方が、
親からしてみれば、自慢になるのでしょう。(笑)
例え1ページでも、その1ページを確実に理解させる事よりも、
10ページさせたと言う方が安心なのかも知れません。
フルに理解出来てる所を数やらせても意味が無い。
理解出来てない所を確実に理解させる事に意味があるのにね。
なんだか、
そういう表面的な数字ばかりに拘ってるんですよね。(^_^;)

こうして育った子は、
数字しか信用しない子になるのかなと、
ある意味、心配です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/975-47e7b4c9