FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

ユーザー車検体験記

ユーザー車検体験記タイトル
ユーザー車検にチャレンジ

今日はネタ切れの為、数年前に体験した、ユーザー車検の体験記なんぞを書いてみようかな~。…と言っても、多くの車好きのサイトでユーザー車検にチャレンジした方が、その時の様子を紹介してあるので、ここでは必要無いかな~って思うのですが、折角ここにきてくれた人がついでに様子が分かればと思い掲載します。

車検場のライン

そもそも車検とは?
正式には継続検査といいます。道路運送車両法で定められているもので、自動車検査証(通称:車検証)の有効期限を延長する為に行う検査の事です。有効期限が切れている車は道路を走行する事が出来ません。したがって、車検を受ける事になるわけです。しかし、車検にはおまけがついてきます。それが税金と保険です。車検の有効期限分(通常の乗用車で2年分)の重量税と自賠責保険料を払わなくては継続検査は受けられません。更に自動車税を支払ったという納税証明書も提示しなくてはなりません。これが諸費用と言われているものです。

車検手数料は、たった1,400円。
えっ…?
車検が、たった1,400円って、でも通常車検を受けると8~10万円ぐらい出費しますよ。それは、どういう事なのか?…って、先程話した諸費用、あと点検整備代、もちろん業者さんの手数料等が加算されてますからねぇ。やはりそのくらいの価格が妥当な価格になっちゃうのです。

ちなみに、私がユーザー車検をした時にかかった費用は、
点検・整備にかかった費用
●点検・整備代…10,000円
●ブレーキオイル(DOT-4)…1,600円
●ブレーキオイル交換工賃…6,400円
●消費税…900円
継続検査(車検)にかかった費用
●検査費用(印紙代)…1,400円
法定費用
●自賠責保険(24ヶ月契約)…27,630円
●重量税(車両重量1.5t迄)…37,800円
合計…66,830円でした。



準備物

車検当日までの準備
点検整備を行う。
(悪い部品や故障箇所があれば必ず交換・修理しましょう。)
   ↓
自賠責保険の継続をする。
   ↓
陸運支局・検査登録事務所に電話で検査の予約を入れる。
※福山は案内に従って番号を入力する自動予約システムでした。予約の理想は午前中。もし不合格の場合、整備しなおし、午後に再度検査が受けられる為です。

車検当日
書類を持って受付(作成)。
書類とは、「自動車車検証・自賠責保険証明書(現在の車検期限時まで有効の物と今回新たに継続手続きをした物の2種類)・自動車税納税証明書・24カ月定期点検整備記録簿(自分で整備した時に記録する用紙。これは、車に付いている点検記録簿の中に入っている)」                              
予備検査
ほとんどの車検場の近くには整備工場(予備検査場)があり、光軸調整等をしておく事が望ましいです。たとえ事前に光軸調整をしていたとしても、車検場迄の陸送でズレて光軸で引っかかる車も多いそうです。私は、問題があれば調整してもらい再度ラインに通せばよいだろうと楽天的に考え、そのままラインに通しました。結果は、問題なく合格しましたが、光軸で引っかかる車は結構多いらしいのでここで検査して車検に望む事がベストだと思います。その他いろいろな車検での検査項目のチェックが出来るので、ここでチェック、修理をしておくと安心して検査を受ける事が出来ます。

受付が終わったらいよいよ検査
車検場によっては重量税と車検代を先に支払わなければならないのかな…?
私の場合、支払いは検査後でも良かったみたい。ラインの小型自動車という列に並びます。運転席側の窓を開けホイールキャップの付いた車は、締め付けも検査が出来るようにキャップを外します。その後は検査員の指示にしたがってラインに入って下さい。検査員が何をしたら良いかその都度説明してくれます。指示にしたがって検査を進めていって下さい。分からなければ、検査員に聞いたら親切丁寧に教えてくれます。気分は洗車機に入っていくような感じですね。後は、そのままラインに沿って検査を受けて行くだけです。
新しい車検証と検査標章の受け取り合格したら検査票を受け取って受付を行った場所に戻り検査票を提出して新しい車検証と検査標章(フロントガラスに貼るステッカー)を受け取ります。私は、この受付に行く前に重量税と車検代を支払いました。
要するに、ここで必要な書類に、印紙が貼ってあるかどうかなんですよね。ここ迄の所要時間はストレートで合格だったので30分程度のものでした。

もし、検査で不合格が出た場合。不合格となった箇所が簡単に直せるのならすぐ直し、その日のうちに再検査すれば全く問題ありません。その日の内なら何回受けても車検代は1,400円です。だから予約は午前中が良いのですね。ただし、後日検査を受けなおすような事になると手数料が必要になります。また、すぐに直す事の出来ない状況になった場合、(部品が手に入らないとか、修理に日にちがかかる等)は、「限定自動車検査証(15日間くらい有効)」を発行してもらい指定工場(民間車検場)へ行き修理して「限定保安基準適合証」を受取り、陸運支局・検査登録事務所に提出すると再検査しなくても車検証がもらえるみたいです。これは私が経験してない事なので詳しい事は分かりませんが…。

検査ライン

★第一ブロック
外観検査・同一性の確認
外観検査とは?
検査のスタートは指定のコースに並ぶ事から始まります。通常は白線でガイドラインが引かれています。検査を行う建物の外でのんびりと待ってるのですが、意外な事に、ここから第一ブロックが始まります。検査官が近付いてきたら書類を提出し、ユーザー車検である事を伝えましょう。
ここでの検査は、全て検査官によって行われます。外観検査とは、タイヤ&ホイール、ライト、ハンドル、コーションラベル等様々なモノがチェックされます。要するに保安基準に沿っているか、危険な状態になっていないかどうかを調べます。検査官がハンマーでホイールをキンコンカンコンと軽く叩いたりて、締め付けの緩みがないか確認してるようです。並んで待ってる間にホイールキャップの付ついてる車はホイールキャップを外しておきましょう。途中、「ボンネットを開けて」「ヘッドライトをつけて」「ウインカーの右」等と検査官が順番に告げるので
指示通り動かせば良いです。指示があった時以外は、運転席に座って待ってれば良いです。

同一性の確認とは?
同一性の確認とは、提出の書類と検査中の車が同一の物かどうか確認する事です。車体番号、エンジン形式、ナンバープレート等が確認されます。外国車(得に並行輸入車の場合)は、念入りにチェックされることがあります。
車体番号の刻印の場所は、車によってマチマチです。あらかじめ車体番号の位置は各自で調べておく必要があります。

★第二ブロック
サイドスリップ検査
侵入信号灯が「待機」から「進入」に変わったら、ラインに合わせゆっくりと進入します。サイドスリップは車のトーイン角度を検査します。同時に、ここでホイールベースと車重も測定されます。

ブレーキ検査
AT車はNレンジに戻す指示があるのでまずは指示通りに。「ブレーキをゆっくり踏む」「ブレーキをはなす」という指示が出ます。コツは思いきって強く踏み、サッとはなす事。駐車ブレーキも同様にメリハリをつける。
尚、地域によりヘッドライト検査がこの検査と入れ替わる場合があります。

メーターの検査

スピードメーター検査
スピードメーターの誤差を測ります。指示があり次第、駆動輪をローラーに乗せる。時速40kmまでアクセルを踏み、時速40kmに達したら、天井から降りているスイッチのボタンを押します。(あらかじめ、このスイッチは握っていつでも押せるように用意しておく。)
地域によっては、このスイッチの操作ではなく、パッシングで時速40kmに達した事を知らせる所もあるようです。

排ガス検査

排ガス検査
車を前方に移動し、排ガス検査に移る。指示が出たら車から降りてプローブ(排気ガスを測る器具)をマフラーに約60cm程入れて判定を待ちます。

ヘッドライト検査
ヘッドライト検査の指示によりハイビームにしているだけで検査は進む。4灯の場合は外側だけ隠しておく。検査官により隠すようにと指示がありました。

★第三ブロック
下まわり検査
電光掲示板の指示に従うだけでOKこのブロックの検査は下回り中心の検査です。車を指定の位置に乗り入れたら指示に従うだけでOKです。床にはピットと呼ばれる深さ約2mの溝があり、そこから検査官が車の下部を検査する事になります。
あらかじめ、車の下部を綺麗にしておく必要があります。検査官も人の子。汚い車と綺麗な車では当然汚い車が不利です。「検査したい部分がよく見えないので洗ってきて下さい」という理由で不合格になっても不思議ではない。もちろん激しいオイル漏れなんてもってのほか。

下まわりの検査
検査官は下部から検査ハンマーでコンコンと叩きながら確認していきます。ユーザーは運転席で電光掲示板と睨めっこし指示に従っていればよいだけ。
検査部分は、ハンドル、サスペンション、ブレーキ、エンジン、マフラー、ドライブトレーン、燃料タンク、フレーム、ボディ等。ユーザーから見える電光掲示板には、「エンジン停止」「ハンドルの遊び」「ブレーキ踏む」「サイドブレーキをひく」「クラッチを踏む」「前へ進む」等と指示され、それに従います。
車の種類によっては点灯しない項目もあります。途中、車が地震のように揺れたりしますが、これは振動検査です。

★第四ブロック
総合判定
「前へ進む」の指示が出たら車を前に動かしましょう。ここまでで、すべての項目で○印を貰えたら、検査ラインは合格と思ってよいです。忘れた箇所がないか確認しましょう。


これでユーザー車検もバッチリです。
やってみれば意外と簡単です。でも、実際に車検を受ける前に事前に見学、あるいは本等で車検の様子を知っておいた方が良いかも。車検場のラインは一方通行で、バックは出来ません。自分の後ろにも順番を待ってる車がいっぱい。もちろん本職(自動車屋さん)がほとんどで、その方達は仕事で車検を受けに来られてるんですよね。
くれぐれも迷惑をかけないように円滑に検査を進めていきたいものです。

最後に、車検に受かったからと言って次の車検迄の車の状態を保証するものではありません!あくまでも現時点で検査基準に適合していると認められたにすぎません。整備等は自己責任となるので検査後も日頃からメンテナンスをして車を万全な状態に保つよう心掛けて下さい。
「自分でメンテナンスがしっかりと出来る。」この条件が備わってこそ、ユーザー車検のメリットは最大のメリットとなります。


最終的な私の感想。
車検料金を安く抑えたいからユーザー車検を実行しましたが、結果、合計で66,830円と安い費用で車検を受ける事が出来ました。しかし、車検を受けるまでの労力や手間を考えると、結構大変だったわけで、手数料を支払って業者で車検受けた方が良いと感じました。車検の業務行程や仕組みを理解する上では、ユーザー車検にチャレンジするのも良いかもね。


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/970-be8ac32b