FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

WHOの飲み水プロジェクト

WHO(世界保健機関)の飲み水プロジェクト
(c) 10 Advertising and Marketing Journel

素晴らしいアイディアですね。( ̄▽ ̄)b
こういう一瞬で納得させてくれるデザインが
日本の現場に少ないのが非常に気になります。
(||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)アウッ

きっと日本でポスターを作ったら、
こちらの記事(クリック)のように、
人気のあるアイドルの写真を使って、
「恵まれない地域に水をください!」みたいな、
キャッチコピーを入れるのが関の山でしょうね。(u_u)

ターゲットやリサーチデータ、数字に拘り、
数字が取れるのであれば何でもあり…。
このような素晴らしい広告を見ても、
その良さが分からないクリエイターも多い。
il||li л○ il||li

あるベテランクリエイターは、
このデザインの良さには全く触れる事なく、
「このグラスから水を飲む気にはなれません。」
…と、間抜けな発言をしている。ε-( ̄ヘ ̄)┌
このグラスで水を飲みたいかどうか?
そんな事、誰も聞いてないしピントずれもいいとこです。
ベテランクリエイターでありながら、
そういう目でしか観れない感性の無さに呆れます。
ミ(o_ _)o◇


●関連記事
不正改造車排除月間:ポスター(クリック)
良いCMって何だろう?(クリック)
レーズン大嫌い(クリック)



にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


物とか商品

ベテランのクリエイターによるピントはずれな書き込みって結構見かけるのですが、僕自身のブログでも度々触れているように、TV番組も商品も、あれもこれもと(タイアップやらなにやら)詰め込み過ぎて焦点がぼやけたものばかりが氾濫する日本のメディアでは、自分が好きか嫌いかというジャッジしか出来なくなるのではないかと心配になります。
最近見かけた例では、まだ自分自身が試飲さえしてない新商品のアルコール飲料について、ネーミングが「○○」(←過去にヒットした商品)のようじゃないから売れないだろうなどと言う飛んでもない視点のベテランさんが居ました。我々がそのような商品を買う時って、まず「味」じゃないですか、それから値段とのバランスなど。ネーミングはキャッチーであればそれは良いですが、美味しくないのにネーミングがクールだから買おうなんていう人は居ないし、美味しいけどネーミングがイマイチだから買うのをやめておこうなんていう人も居ないと思います。良い商品であれば、どんな名前でもそれが定着するものですよね。自分のブログでも触れているように、そんな「デザインの力の過信」とおごりを感じます。もっと普通の生活者としての感覚をしっかり持たないと、独りよがりの、調和のないデザインいじりで終わってしまいます。
このグラスはメッセージ性と手段が素晴らしいと思います。水を飲みたいかどうかなんていう物じゃないですし、そういう人は普通のグラスを使えば十分です。メッセージの意味を考えずに、物としてしか見れていないって事です。

ピントはずれ

♪morito さん

>最近見かけた例では、まだ自分自身が試飲さえしてない新商品のアルコール飲料について、ネーミングが「○○」(←過去にヒットした商品)のようじゃないから売れないだろうなどと言う飛んでもない視点のベテランさんが居ました。

私は、常に気になってるのが、クリエイターでありながら、発想が常に、「売れるか? or 売れないか?」の二者択一的な考えになってる事も疑問を感じます。
売る為のデザインとか、売る為の戦略とか…。「売れれば何でもありなのか?」って思います。
売るだけ売って、それが役に立つものでもなく、すぐに捨てられゴミになっても、売れたのだからOKというような風潮。

例えば、
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-417.html

こういうのとか…。
コーヒーを売る為の手段、戦略かも知れないけど、果たして客はコーヒーを求めて買ってたのかな?お店は何の為にコーヒーを売りたいのでしょう?どっちがオマケなのか焦点がぼやけた典型だと思います。
ハッキリ言える事は、私はコーヒーが欲しくて、買ったのではない事は確かです。

クリエイターにも同じ事が言えるわけで、売り上げ一辺倒な考えになるあまり、大切な事を見落としてしまってるんですよね。

良い物を作り、提供し、喜んでもらえて、初めて売り上げと言う報酬に繋がる。だけど、「良い物を作り、提供し、喜んでもらう。」これを無視して、いきなり売り上げと言う、報酬の事しか考えてないのですよね。
だから、物が物でしかなく、それがどういう効果をもたらし、人々にどう感じられるか?という大切な部分が蔑ろにされる。
これじゃ、消費者を無視した考えになるのは当たり前だし、独りよがりの、調和のないデザインいじりで終わるのも納得出来る事ですよね。

そう言えば、ここ近年のTV番組は、番組入れ替えシーズンになると、「番組宣伝の為の番組」というのが増えてますよね。(クイズ番組にドラマ○○チームとか…)クイズ番組を楽しくする目的でなく、クイズ番組自体がドラマの宣伝。

視聴者は中身の無い番組宣伝の為の番組を見たいと思うだろうか?ドラマが本当に良ければ、そのような宣伝しなくとも見てもらえるはずなのに、良い番組づくりを無視して、宣伝ばかりに力を入れる。これも、同様の事が言えますよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/965-9d78bf8c