FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

イメージ素材集

素材集CD-R

デザインの仕事をしてると、
時としてイメージ写真が必要な状況が出てきます。(・∀・)
作業がデジタルになる前のアナルグ時代には、
撮影が無理な場合、リースポジ(レンタル写真)
借りて対応してました。
使用する条件にもよりますが
1点あたり3~5万円かかります。
( ̄  ̄)

それが現在は、デジタル時代になり、
著作権フリーの素材集が沢山出てきました。
私も、いくつかの素材集を買いそろえています。( ̄▽ ̄)b
でもね、いくら買い揃えてもキリが無いのですよ。
クライアントさんの要望は無限ですし、
こちらで揃えてる素材集は限られています。ミ(o_ _)o
しかも、デジタルという事で、
これらの素材集から素材を使う事はタダ同然に思われ、
以前リースポジを使ってた時のように
別途請求出来なくなってきた。
(Θ_Θ)
仕事の為、素材集への投資はしなきゃならないが、
素材集を持つ事で代理店や印刷屋等に
都合良く利用され請求が出来ない…。
一体、何をやってるんだか…。(@Д@; アセアセ…
だから、随分前に、素材集を買う事も、
そのような仕事を承ける事も止めました。

私が、イラストを描く前の事です。(u_u)

そして、現在、
自分のペースで仕事が出来るようになり、
良い物を創りたいという気持ちが先行し、
時として予算を無視してイメージ写真を
使いたくなる時があるのです。( ̄∇ ̄;)
以前、私が買ったフリー素材に
使いたいと思う写真があれば、なんて事は無いのだけど、
私の手元に無い場合、さぁ、困ったちゃんになるわけです。


新たに素材集を買っても良いのだけど、
1点の素材の為に100点以上入ってる素材集を買っても無駄だし、
安い価格で素材の1点買いが出来れば良いのに…。
と常日頃思っていました。( ̄  ̄) (_ _) ウンウン

そんな時、あるDMメールが舞い込んできました。
上記画像の沢山の素材集を買った時に、
ユーザーハガキを出していたのもあり、
時々、新製品情報等の案内が届くのです。
そして、その案内には、
イメージ写真を1点から購入可というものです。w(*゜o゜*)w おぉ~

イメージ写真サンプル

こりゃラッキーと…早速、サイトに飛んでみました。
100点ぐらい入ったCD-Rの素材集は、
1枚1~3万円ぐらいしますもんね。( ; ×Д×)
しかも、1点しか必要なくても
1~3万円ぐらい支払わないとダメだし。
1点買いが出来るならこれほど素晴らしい事は無い!\(^o^)/
だけど、サイトから1点買いが出来るとなると
CD-Rの価格から考えると1点数千円で手に入るかな?(‥ )ン?
数千円だと予算がギリギリでもなんとかいけそうだ!
…なんて思ってたら、価格を見て驚いてしまった。( Д|||)

イメージ写真1点の価格

ぬわんと!
高解像度素材は、1点10,500円ぢゃないですか?
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

素材集の価格

ちなみに、この素材集CD-R「秋色爛漫」の価格は、
私が利用してるショップで9,000円です。
ハイ!素材写真1点に10,500円支払うくらいなら、
100点ぐらい素材が入ってる素材集CD-Rを買いますって…。
ヾ(・・;)ォィォィ
仮に、素材写真を1点2,000円で販売しても、
CD-R 1枚分の100点を買えば20万円です。
2,000円でも、かなり割高なんですよ。
それなのに、1点買い10,500円って何を考えてるねん!
(ノ`д´)ノ ┻┻
デジタル業界って、えげつない商売しよるわぁ。

ちなみに、素材集の写真の多くは、
素人が撮影したんじゃないかと思うくらい
酷い写真が多いです。
(ーー|||;)
だから、素材集選びも結構大変です。



にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


値段

結局、「安いものは安い」のですよ~。安い素材集からうまく利用するという方法もありますが・・・。でも、やっぱり安いものは安いものを求めるクリエイターたちが大勢使うし、「この写真、見たことある」って事もよくあります。1点1万円のその写真は、やはりそういうものとは違うし、安いものにしか手を出さない人には使われないので、安い素材集のように「腐るほど出回ってる」なんて事は無いでしょうね。結局、安い仕事は安っぽくなるって事です。自分と代理店や印刷屋の間の事情は、一般の見る人たちには関係無いので、安っぽい仕事はそのまま自分の作品として残ります(あるいは残りません)・・・予算の出る仕事をするにはどうしたら良いか、それは安っぽい匂い(精神)を捨てる事じゃないかなと思います。少なくとも、安っぽいものに高いお金は出せませんもんね。

安っぽい物を高い価格で

♪morito さん

>1点1万円のその写真は、やはりそういうものとは違うし、安いものにしか手を出さない人には使われないので、安い素材集のように「腐るほど出回ってる」なんて事は無いでしょうね。

あっ、違うのです。
この1点1万円の写真は、
素材集CD-Rの中に収録されてる物と全く同じ写真なのです。

この記事の2枚目の画像にあるサイトのsample画像は、
一番下の画像、「秋色爛漫」のCD-Rに収録されてる物です。
100点近く収録されている「秋色爛漫」のCD-Rを1枚買っても1万円。
そのCD-Rに収録されてる中身をバラで1点買っても1万円です。

1点1万円だから、CD-Rに収録されてる物とは、
比べものにならない質、或は、
本当に良い写真家が撮影したものだったら納得なのですが…。

ゲッ!それはあまりにも酷い商売ですね。

昨日書き忘れたのですが、必ずしも安い素材集のカメラマンの腕が悪いとかではなくて、腕のあるカメラマンが撮ったものでも安易な用途で出回り過ぎて安っぽくなるという意味での「安っぽい」と言いたかったのです。名画でも500円DVDで出回ると作品の存在自体が安っぽくなる、みたいな感じで。

出来れば素材集や売りポジじゃなく、ちゃんと撮影やオリジナルで支給される仕事をしたいですね。出どころを知られて「そんな安物使ってるんだ?」なんてお客さんに思われたらプロとしてちょっと恥ずかしいですし。

誰が買うのか?自分は買えるのか?

♪morito さん

本当に酷い商売です。
クリエイティブ業界の価値に対する理解の無さ。
自分が買う立場になれば、
こんなバカげた価格はつけられないだろうに…。

更に、こんなDMメールも届きました。
デザインに、必要不可欠なFONT。
このFONTを全て揃えるとしたら、大変な出費ですし、
全部揃えるなんて不可能です。

それで、必要な書体をアウトラインのデータで、
1文字から販売と言うもの。
DTPが出回る前の写植屋の感覚のものだと思いますが
『白舟書体』の全書体がアウトラインデータで購入できる…との事。
FONTで欲しいが、買ってもあまり使わないし…、
それなら必要な時に必要な文字を
アウトラインデータでも構わないので買っちゃおう。
という場合にGOOD!…なのだろうけど、

ほで、気になる価格は、1文字420円。

バカにしてます。
1文字420円って、キャッチコピーの文字数分買えば、
普通にFONTが買えるんじゃないのかなぁ?
1万円分買っても、23文字です。(汗)
23文字程度で1万円支払うなら、
そのぐらいの価格のFONTパックを買っちゃいますよ。

昔の写植代よりも遥かに高いです。
おもいきり、ボッタクリです。
なんだか、こういうえげつない商売ばかり目につきます。

販売してる側は、
こういう商品に自分でお金が払えるのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/960-8d177a56