FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

時代にそぐわないロゴマーク…

府中家具ロゴ

数日前に地元新聞で、府中家具のロゴが決定したと発表がありました。

新聞記事引用↓

特許庁の地域団体商標制度(地域ブランド)で「府中家具」が商標登録されたのを受け、府中家具工業協同組合(府中市中須町)が募集していたブランドロゴマークが決まった。国内外から2134人、計3598点の応募があり、東京都江東区のグラフィックデザイナー千石精一さん(60)の作品が選ばれた。

府中、家具(ファニチャー)の頭文字である2つの「F」を、伝統的木工技法「蟻(あり)組み」に見立てたデザイン。ロゴタイプはシンプルな英・和文の2種類があり、色は全てシャンパンゴールドに統一した。

芸術家の故 岡本太郎氏が提供した従来の組合マーク、組合加盟企業が商品に表示してきた焼き印風マークは
『時代にそぐわない』などの声も挙っていた。新ロゴはこれらに代わって用い、名刺や封筒などにも積極的に取り入れ、広くブランド発信を図る。

引用ここまで。



府中家具新ロゴ
↑こちらが新しく生まれ変わったロゴです。

私は前々から悶々と思ってる事なのですが、一体、日本の企業はブランドについて、どういう考えを持っているのだろうか?…というのも、“伝統”というブランドの魂が微塵も感じられない。

ブランドって、昨日今日、取って付けたような、薄っぺらな物じゃないはずなんだけどなぁ。これは、デザインが良いとか悪いとか、そういう話以前の問題です。良い物を作りお客様に提供し続け、いつしか人々の心に焼き付き、周りに認められて初めてブランドとして意味のある物になる。そのような歴史が、もの凄く蔑ろにされてる気がします。

佐川急便ロゴ

こちらは、3ヶ月前に変わった佐川急便のロゴマーク。一部の間では、 “ひったくり” という愛称がつけられています。50周年記念で新たにロゴを変えたとの事ですが、変える意味が分からない。今までの事業はダメだったから50年を期に、リセットしてやり直しをするつもりなのか?とそのようにも思えてしまう。
元々の飛脚のロゴは創業者自身が書いたものらしですが、ハッキリ言って、プロのデザイナーが創った新ロゴよりも良いと思うのだけどなぁ~。

そして、これらのCIが現在という一時的な事でしか考えられていない点も問題だと思う。『時代にそぐわない』…だからロゴを変えました。また、数年後『時代にそぐわない』のでロゴを変えます。…同じ繰り返しで延々続く。一体、その企業は何がやりたいのでしょうか?
『時代にそぐわない』…。表面的な形でしかない。魂のない抜け殻。そんなロゴはいくら新しくしても、何度作り替えても魅力も何も無い。

コカ・コーラ\

●ザ・コカコーラ・カンパニー。
創業120年の飲料メーカー、看板商品はいわずと知れた「コカコーラ」。そして、ロゴは120年変わらぬまま。ブランドは時代と共に歩み、その時代その時代で愛され磨かれていく。スピリットは時代に左右される物ではない!


●関連記事
エンブレムに見る拘り(クリック)


にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/901-0867ce93