FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

アフィリエイト広告のメリット

アフィリエイトの悪い例

グラフィックデザイナーの仕事は、皆さんご存知の通り、主に広告を創るという仕事なわけです。そして、一言に広告と言っても様々な広告があるわけでして、広告のプロでなくてもネットの知識さえあれば、比較的簡単に広告が出来、そして広告収入が得られるというアフィリエイト広告について語ってみたいと思います。( ̄∇ ̄(_ _( ̄∇ ̄(_ _ )ウンウン!

アフィリエイト広告とは何ぞや?
アフィリエイトって言うのは、WebサイトやBlog、メールマガジン等を利用し、企業サイトへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して企業のサイトで、会員登録したり商品を購入したりすると、『リンク元サイトの主催者』に報酬が支払われるという広告手法です。w(*゜o゜*)wオォ~!

でね、アフィリエイト広告って、ちゃんとモラルを守って相手の身になって利用すれば、広告としては理想的な広告なのですよ。(正しく利用すればの話ですよ。) ( ̄  ̄;) うーん!

例えば、私が『こ、これはスゴイ!皆に知ってもらいたい!』と思う商品を見つけて、企業さんからその商品を、
私のBlogにリンクします…。でもね、これだけじゃ、アフィリエイト広告のメリットなんて何処にも無い。売れれば私はラッキーかもしれないけど、お客さんは…?これじゃ、何処にでもある普通の広告と何ら変わりません。広告として理想的な広告でも何でもありません。(u_u)

理想的な広告にする為には、まず、自分で欲しいと思った商品を買ってみるのです。自分がお客になるのです。買おうとしてる、その時、自分にどういう心理が働くでしょうか?これが、お客さんの心理でもあるのです。普段の広告には、商品の良いところしかアピールされていません。広告主からお金を頂いてデザインしてるデザイナーは、悪い事は載せれないわけですよ。(私も同じ立場です)良い事はここぞとばかりアピールするけど、悪い部分が、ちょっとでもあると蓋をして隠しちゃう。それが、今世の中に出回ってる広告のほとんどだろうと思います。…裏事情まで語るんじゃねぇ~!(  ̄Д ̄)ノ(゜∇゜|| )ヾひぃぃぃ。。。

当然、お客さんは、『良い事ばかり書いてあるけど本当だろうか?良さそうだけど、実際はどうなんだろうか?』そう言う心理が常にあると思います。『広告は嘘じゃないのだけど、こんなはずじゃなかった。』という商品を買ってしまった事結構あるんじゃないでしょうか?(ノ`д´)ノ ┻┻

そこで、広告する自分が、まず購入し使ってみて、自分で感じた感想(良い事も悪い事も)を紹介出来れば、これから買う人の不安を取り除いてやる事が出来ますよね。要するに、『口コミ』と同じです。広告する人が実際のお客になれるから、良くなければ悪口も書けるし、良かったら客の立場で喜べる。これほど素晴らしい宣伝はありませんよね。( ゜Д゜) ス、スゲー!

しかし、本来ならば素晴らしいはずの広告なのに、何故かアフィリエイト広告を嫌ってる人が多い。そりゃそうでしょう。アフィリエイト広告に問題は無くても、それを扱いBlog掲載する人に問題があるのです。ただ、広告でお金が得られるからと闇雲にリンクを貼る人ばかり。記事内容と関係なくBlogにリンク(トラックバック)を貼ったり、記事にそぐった内容でも、売りたいという下心見え見えで、記事内容が宣伝の事ばかりだったり…。そりゃ、勘弁して欲しいよねぇ~。

売る人がいれば、買う人がいる。売る事ばかり考えて、買う人の事蔑ろにしてたら、そりゃ、誰だって避けたいですよ。逆の立場になって嫌だと思う事はしないのが基本ですよ。って、こんな事言われなきゃ分からん事か?…と思うのだが。しかし、現実には、そう言う事を考えてない人達がほとんど。

楽して簡単に儲けられる…、そんなバカな事はありません。アフィリエイトに誘う誘い文句に、『楽して簡単に儲けられる』ってありますが、それが本当ならば、私も本業を辞めて、アフィリエイトに専念しますよ。よく主婦がアフィリエイトでいくら儲けたとかありますが、それはそれなりに努力あっての事。これは、どんな商売でも同じ。ここのBlogでも、延々語ってますよね。ヽ( ′ ⌒`)ノ

アフィリエイトの悪い例02

そして、Blogに紹介されてる商品見て、リンクバナーを辿ってショップサイトに行ってみると、Blogに書かれていた記事は、ショップサイトにある宣伝文句を、そのままコピー&ペーストしたものだったり。これじゃ、全く意味もないし、宣伝の信憑性すらない。il||li л○ il||li

正しく利用すれば、売る人、買う人双方にとって、素晴らしい宣伝アイテムとなれるのがアフィリエイト広告です。多くのアフィリエイト広告載せてるサイトを見て下さい。ほとんどが、自分で使った感想が書けてない、ショップサイトの宣伝文句の受け売りばかり。お客の立場で考えると、何処にもメリットのない宣伝ばかりです。この記事の所々に貼付けた『例』の、どれもがそうですよね。ε-( ̄ヘ ̄)┌

何でもそうですが、道具を生かすも殺すも、扱う人次第なのです。そう、アフィリエイト広告も広告という『宣伝する道具』に過ぎません。

アフィリエイトの悪い例03

↑の商品は先日、私も紹介しました。私の記事(クリック)と何が違うか比べてみて下さい。って、比べる必要も無いと思いますが…。ショップサイトに行けば書いてある事を、Blogに載せても意味が無い!(6 ̄  ̄)ポリポリ!



にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


まったくもって、仰る通りだと思います。

最近では、儲かる為のアフィリエイトの常套手段として、
複数のブログを開設し、それに全部リンクを貼っていくそうで、
その数、数百件・・・・(^^;

下手な鉄砲数撃ちゃ当るで、
偶々通りがかって買ってくれる人狙いだそうで・・・。
後は、確率論です。
一つのブログで紹介して、
偶々買ってくれる人の割合が0.5%なら、
200個のブログで紹介すれば、一人は買ってくれるみたいな・・・。
いい迷惑なのはブログサーバー業者。(^^;
こんなもののために設備投資しなきゃいけないわけですからね。

以前のスパムメールの問題となんも変わらないような気がします。
スパムメールのおかげで、
回線業者は無駄に設備投資しなきゃいけないわけですし、
どうも、WEBシステム系の会社が考える、
えげつない広告手法は、私は苦手です。(^^;
機械的で良心が全く感じ取れません。

残念な事に、クライアントの多くが、
明確に出る数字に騙されて、
システム系の広告に流れていってるのも否めませんが・・・。
稟議が上げやすい/広告効果がわかりやすいのはわかりますが、
信念なきところに良い物なんて生まれないと思います。

私が運営するもう一つのブログ『サウンド研究室』は、
積極的にアフィリエイトを利用してますが、
実際に商品を使ったり、使えない商品でも色んな角度から検証し、
場合によっては、レコーディングして音源まで作ってますので、
労力の方はかなり使ってます。
もちろん、労力に見合った稼ぎなんてありませんが、
目的が『稼ぐ事』ではないので割り切ってます。
(コレで稼げるなら、こっちを本職にします。(笑))

KOJIさんが書かれてるように、
アフィリエイトのシステムが悪いわけではなく、
それを使う人の問題ですよね。

道具には使い方がある

♪しま さん

私も、このBlogでアフィリエイトを利用してますが、
ほとんど、自分で利用したものばかりです。
映画のDVDなどは買ってなくても、
実際に映画館で映画を観たり、
レンタルで借りたりして観たもの、
中古店で購入した物等ありますが、
兎に角、映画の感想を書いたついでに載せてます。

自分が知らない物は、宣伝出来ませんよ。
その商品のメーカーが言ってる宣伝文句が、
本当なのか、嘘なのかすらも分からないのですから。

また、
書かれてある宣伝文句が、嘘ではなくても、
他の商品との組み合わせで、
その商品の効果が薄れる場合もありますし、
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-898.html

この記事で、商品に対し、
『一長一短がある』と言ったのは、そう言う事で、
良い商品でも悪い部分は絶対あるのです。
また別の機会にそれは載せようと思ってるのですが、
立て続けに紹介すると、儲け主義的な人達のおかげで、
私も変な目で見られそうな気がして躊躇してます。(笑)

目的をはっきりさせる

僕はアフィリエイトはやってませんが、ブログで書いた記事に関する商品に興味を持つ人も居るかもしれないという理由で、ガイド的にアマゾンへのリンクを貼ってます。純粋にお薦めするおが目的で、微々たる報酬などは得ません。えげつないアフィリエイターに対するささやかな抵抗です(^_^;)

外国のブログを見てもアフィリエイト広告を見た記憶が無いのは気のせいかなぁ?単にアフィリエイト・システムが普及してないというだけ?どうなんだろう?

広告

こうやって、コメントを書いてる間にも、
アフィリエイト目的のサイトから、
1件のトラックバックをされちゃいました。(^_^;)
しまさんの言われるように、
わざわざ、その記事にトラックバックする為に、
立ち上げられたBlogのようでした。
だけど、残念ながらうちのBlogは、
トラックバック認証制ですので無駄な努力ですね。
ハイ!ご苦労さん!

♪morito さん

それにしても、世の中、
売り上げの数字等、目先の数字しか見れず、
本当に見据えなければならない事が
見えてない人が多くて幻滅しそうです。
そう言う人達が社会に出て、
会社勤めしてたりするわけですから、
不祥事が起こっても不思議じゃないのでしょうね。
ある意味、納得のできる事ですよね。

>外国のブログを見てもアフィリエイト広告を見た記憶が無いのは気のせいかなぁ?単にアフィリエイト・システムが普及してないというだけ?どうなんだろう?

どうなんでしょう?
海外のblogは良く知らないですが、
WEB siteには、バナー広告が多い気がしました。

プロバイダー契約とかがバナー広告の収益で、
安く抑えられてるのか、その辺は分かりませんが、
明らかに個人サイトだろうなと思うところでも、
バナーが多く使われてるという印象を受けました。

私が見に行くサイトは車関係が多いですけど…。(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/899-f870a327