FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

エンブレムに見る拘り

フェラーリのエンブレム

フェラーリのエンブレムは、「跳び馬」。
「跳び馬」は「カヴァリーノ・ランパンテ」といい、イタリア空軍の撃墜王、フランチェスコ・バラッカの飛行機に描かれていたパーソナルマークでした。それが、なぜフェラーリのフロントにつくようになったかは不明です。一説には、創設者エンツォ・フェラーリのレーサー時代にフランチェスコ・バラッカの父親から譲り受けたといわれています。

ランビルギーニのエンブレム

ランボルギーニのエンブレムは、「闘牛(ファイティングブル)」 。
「跳ね馬」を倒す「闘牛」という意味があったようです。ランボルギーニ創設者、フェルツィオ・ランボルギーニと、フェラーリ創設者、エンツォ・フェラーリのエピソードで有名ですよね。こちらの記事(クリック)を参照。

BMWのエンブレム

BMWのエンブレムは「プロペラの回転差」。
ドイツ・バイエルン州のシンボルカラー「ブルー・ホワイト」を基調にしている。飛行機のエンジンメーカーだったBMWのシンボルとして「プロペラの回転差」をイメージしたデザインが重ねられています。BMWは Bayerische Motoren Werke の頭文字で「バイエルン地方のエンジン工場」と言う意味です。

ポルシェのエンブレム

ポルシェのエンブレムは「ドイツ・シュトュットガルト市」。
エンブレム中心に、ポルシェ本社のあるドイツ・シュトュットガルト市の紋章である跳ね馬。この跳ね馬からイタリア空軍の撃墜王、フランチェスコ・バラッカの飛行機のパーソナルマークに使用されたという話もあります。…という事はフェラーリの原点なのか?シュトュットガルトとはドイツ語で、STUTTは牝馬、GARTは園という意味。黄色地にある鹿の角は、ドイツ・ヴュルテンブルク州の紋章。また赤いラインは”知”を表し、黄色は麦の色から”豊かさ”を表しています。

ロータスのエンブレム

ロータスのエンブレムは「蓮」。
蓮を使ったのはロータスの創始者であるチャップマンが東洋の文化に興味があった為です。LOTUSのロゴの上にあるA、B、C、Cの文字は、創業者アンソニー・ブルース・コーリン・チャップマンの頭文字です。ちなみに、ロータスの車種には「E」で始まる車名が使われているのは有名な話です。エラン、エリート、エクラ、ヨーロッパ、エスプリ、エクセル、エリーゼ、エクシージ…etc。それは、アンソニー・ブルース・コーリン・チャップマンの名前に関係するもので、頭文字がA・B・C・Cと偶然にも順序良く並んでいた為、最後の「C」を「D」に置き換えると、次に来るアルファベットは「E」になるので、車名をすべて「E」の綴りから始めたそうです。


ヨーロッパの自動車メーカーのエンブレムには、メーカー或は創始者の思いが込められてるものが多いのですね。それでは、日本の国産車は…。ハッキリ言って、メーカーエンブレムというのは、あまり重要視されていないような気がします。以前から変わらぬまま、ずっと車にエンブレムを付けてきたメーカーは、ホンダ、スバルぐらいじゃないでしょうか?そして、近年になって世界を意識しての事なのか、各メーカー、エンブレムを入れるようになってます。

しかし、エンブレムが、そのメーカーの歴史を物語ってるわけではなく、魂が感じられないと思うのは、私だけだろうか?あるメーカーのエンブレムに至っては、意味がわざとらしくてヘドが出そうな気がします。(^_^;)

ちなみに…、

ほにゃららのエンブレムは「信頼感」です。楕円は2つの中心を持つ曲線であり、中心は、お客様の心と車づくりの心を意味する。そして、お客様の心と車づくりの心が一体になった信頼感を表しています。タテと横に組み合わせた2つの楕円は、ほにゃららの「頭文字」。背後の空間はほにゃららの先進技術のグローバルな広がりと未来・宇宙に翔ける無限の広がりが表現されています。


凄く説明臭くて、デザイナーが単にエンブレムの企画を通す為に用意した、プレゼンテーションの言葉にすぎないですよね。しかも、お客様との信頼感って自ら言うかぁ~?信頼感は真っ当なサービスに対してお客様が感じる事です。同じメーカーでありながら、高級車ブランドを立ち上げ、お客様を区別(差別?)する姿勢が、お客様の心と車づくりの心が一体になった信頼感なのだろうか?私には、その姿勢が精神的に凄く安っぽく感じます。親会社が高級になれないのに、その後立ち上げたブランドが高級になれるわけもなく…。プライスが高ければ高級だと思ってるのか?



にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

人気ブログ検索 - ブログフリーク ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


理由が後付けっぽくて、何とでも説明できそうですよね(笑)
本来のエンブレムの意味と、エンブレムごっこの違いというか、作り初めから概念的に違うかも知れませんね。

ロゴマークも…

♪morito さん

日本の場合、
車のエンブレムもそうですが、
企業のロゴマーク等も同様な感じですよね。
簡単に創業からの歴史を捨てて、
新たなロゴマークに変えたり…。

拘りがあるように後付けの理由で見せかけて、
実は、全くポリシーがない。(汗)
そんな気がします。

ほにゃららのエンブレム、かっこよくないですよねえ。
自動車のエンブレムは、かっこよくなくちゃね!
高級車ブランドだって、なんで名前変えるの?って思っちゃいました。
世界的な優良企業なんだから、もっと誇りを持ちなよ!って思うのですが、県民性が出てるような気がします(^_^;)(同じ県民として)


言葉より実績

♪chobi さん

私も、ほにゃらら車のオーナーで、
あまり悪くは言いたくないんだけどね。(^_^;)

そう言えば、最近のほにゃらら車には、
またフロントノーズから
メーカーのエンブレムが消えてませんか?

また、車名単独のエンブレムに変わったような…。
更に、ほにゃららの販売店レベルで
エンブレム作っちゃったし、一体何を考えてるのやら。

ほにゃららのエンブレムで、
「お客様との信頼感」に対し、
つけてましたが、
「信頼感は真っ当なサービスに対してお客様が感じる事」
と私は言いました。
それは、自らが言うのではなく歴史が物語ると思います。
ヨーロッパの自動車メーカーは
親会社が変わったりしてますが基本的なメーカーは変わらず、
エンブレムも変わらずそのまんまです。

それは、その長い間に渡り人々に愛され、
今日に至ってるからであって、
「信頼感」なんていちいち言葉で説明しなくても、
結果として誰もが認める状態にあると思うのです。
歴史が物語ってます。

言葉で説明する事は、誰でも語れます。
信頼感が出来てなくても、「信頼感があります」と
言う事だって出来ます。
本当に出来てれば、わざわざ言う必要ないしね。(笑)

サントリーの「黒烏龍茶」を真似して、訴えられた会社。
http://at-chuen.com/alllife/

こちらですが、
「私たちがお届けする最上の商品は「安心」と「安全」。
信頼おける生産者から信頼できる物を入手し、
厳格な管理の基生産される商品は、
成分や効能プラス安心と安全が付加されます。」
なんて、自ら謳ってたけど、
サントリーの「黒烏龍茶」を真似なのですよね。(笑)

子供を誘拐する犯人が、
「おじさんは、怖くないからねぇ~。」
って誘う言葉くらい信用にならないです。(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/851-fac0fd96

SPICE VERY MUCH? WHAT THE HELL...

テレビでS&Bの「SPICE & HERB」のコマーシャルがかかって、見ていたネイティヴ・イングリッシュ・スピーカーズが大爆笑!日本人として見ているこっちまで恥ずかしくなってしまいました。2006年度グッドデザイン賞を受