FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

良いCMって何だろう?


JALの先得割引のCM…。
以前、JALのCM批判(クリック)というネタで、
日本航空の個人筆頭株主である
糸山英太郎氏の個人ブログの話題を紹介しました。


それで、今後、
どのようにJALのCMが変わっていくのかなと、
ある意味期待をしてましたが、
糸山英太郎氏の思いは

JALに通じなかったのかな?(^_^;)

上記のCMに
糸山英太郎氏の思いが反映されてるとは、とても思えません。

そして、あまりにもお粗末なCMです。

肝心な商品である「先得割引」が何なのか、
CMの流れから全く分からない。
ビジュアルと説明の繋がりすらない。
単なる意味不明の駄洒落で終わってしまってる。
ムービングウォークで他の人を追い抜く事で、
「先に行く」と「先得」をかけてるみたいだし、
チケットを探す素振りから、
動きが似てるという理由だけで
「セーラー服を脱がさないで」の振り付けに繋いでる。


動きと商品との繋がりは一切無し。

「CMのCM」というCMで、
「良いCMって何だろう?」ってコピーが出てきますけど、
創る側が「良いCMが何か?」という事を
理解出来てないのじゃ話にならんよね。







これらは、私が見て良いと思うCMです。

商品の特徴が、映像だけで表現されてます。

出演されてる役者のネームバリューなんかいらない。
無駄な説明も下らない駄洒落も必要ない。

それでも、面白い!(お笑いという面白さではない。)



更にこちらは、
海外(イギリスだったと思う)のシートベルト着用推進CM。

説明なんか必要ないですよね。

普段見てるCMと比べてみてください。
どれだけ、バカげたCMばかり見せられてるのか…。



●関連記事
安心したのも つかの間(クリック)
JALのCM批判(クリック)




FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


マーカーのCMは初めて観ました!面白いですね。最後まで展開が想像出来なくて、意味が解った時に「やられた!」って思います。「さすがプロだなぁ」って思えるこういうCMが日本には少ないですね。
シートベルトの「HEAVEN CAN WAIT」ってそういう表現も出来るんだなぁと、これも感心。

昨日TVで観たアメリカの温暖化防止運動のCMで、男性が線路の上に立って、こちらを向いて温暖化を止める大切さを語っている間に、後ろからだんだん列車が近づいて来て、あと数十メートルというところで男性は見計らって線路から立ち退くのですが、男性の後に重なって小さな女の子が立っていた(その子は立ち退かずに線路に立ったまま)というドキリとさせるCMでした。「次の世代のことも考えて」というメッセージの表現です。

1,200本中…

マーカーのCMは、私もヤラれました。(笑)
てっきり、英会話教室か何かのCMだと思ってたのですが、
上手い展開に持っていくなぁ~と関心しました。

シートベルトは文句無し。
英語が分からなくても、ビジュアルのみで
伝わってきます。
しかも、ただブツかって助かったというだけじゃなく、
シートベルトのおかげで、
魂が抜け出せないという表現は、上手いと思いました。
また、例のマクドナルトのCMの
太った男の子が抜け出せないシーンを
思い出してしまいました。(笑)
↓こちら
http://artshrine.blog9.fc2.com/blog-entry-697.html

アメリカの温暖化防止運動のCMも上手い表現ですね~。
映像見なくても説明だけで、状況が見えてきます。

日本のCMは本当にこういうCMが少ないですよね。
実は、上記のCMを探す為に、
YouTubeに登録してある日本のCMを
アイコンを含め1200件見たんですよ。
そのうちの良いCM(比較的新しい)4件です。
古い物で良いCMを入れても
10本に満たないのです。
それほどまでに、お粗末なCMが蔓延してます。

最近、意味不明のCMや過激なCMが蔓延している中では、kojiさんが探されたCMは良い感じに仕上がっていますよね。
以前から、日本は出演キャラクターや奇抜な演出だけで商品を売ろうとしてますが、
海外は以前から違いますよね。
特にヨーロッパのものには、少し洒落たものや、witに富んだものが数多く見受けられますよね。
YouTubeとGoogie Earthは私も時間がある時には良く楽しんでいます。

幼稚な宣伝ゴッコ

こういうクオリティのCMが
コンスタントに流れてれば良いのですが…。
私が探して、ここで紹介したCMって、
特別良いのではなく、
本来ならば、これが普通のものだと思うのです。

芸能人をイメージキャラクターに使ってるCMにしても、
企業のコンセプトすら見えてこないし、
またその芸能人も「CMの女王」とか言われて、
CM何本に出演してるとなど、
企業間の個性すら見えてこない。

1人の女優のイメージがその企業のイメージで
しかも、幾社も存在する。

なんだか、バカげてますよね。

またイメージキャラクターの契約が切れて、
次のイメージキャラクターに変わったとき、
前回のイメージキャラクターとは
似ても似つかないキャラクターだったり。

一体、企業の何のイメージで選んだのだろうか?

も~なんでもありの、幼稚な宣伝ゴッコです。
全くプロの仕事が出来てないのですから呆れます。

作り手が良いものを知らないというのは、
これはTVのCMだけに限った事じゃなく、
デザイン業界全てに蔓延してる事ですからねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/739-18e794b6