FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

BMW3.0CSL (1971)

ベームベー3.0CSL

71年から75年にかけてツーリングカー選手権におけるホモロゲーションを得るためにごく少数が造られ、最速のBMWを欲するエンスージアストに提供された軽量高性能車です。

CSLのLは“軽い(Leicht)”を意味する。
71年に登場した最初のモデルではボンネットフード、トランクリッド、ドア等にアルミパネルを使用、ウインドもサイドはアクリルを使用し装備を簡素化する等して、車重を3.0CSより200kg軽い1200kgに収めていた。しかし、パワートレーンはノーマルの3.0CSと共通だった。

72年には直6SOHCエンジンのボアを拡げて2985ccから3003ccに拡大。ボディには、モートルシュポルトGmbhの協力による風洞実験の結果、大型のエアダムスカートやテールスポイラー、ボンネット上の整流板などの空力付加物が装着された。

BMW3.0CSL
(Rウィングのみ、ドイツでは違法だった為に市販車では外されました。)

73年秋、今度はストロークが延長されて、エンジンは3153ccに拡大され、空力付加物にも改良が加えられた。最終型のパワーユニットはボッシュの電子制御燃料噴射と9.5の圧縮比から206馬力を発生し、当時としては、かなり強烈なパワーだった。これでも市販車ゆえに抑えられた数値だった。

ギアボックスはノーマルのCSiと共通の4速MT。ファイナルも同じ3.25のままで、リミテッドスリップデフ(LSD)が標準装備された。最高速はCSiと同様220km/hとされていたが、0-100km/h加速は7.1秒と速く、0-400m加速も15.0秒で走り切った。



●サイズ:全長4630mm/全幅1730mm/全高1370mm
●車輌重量:1250kg
●エンジン:3153cc 直列6気筒
●最高出力:206ps/5600rpm
●最高速度:220km/h




FC2ブログランキングバナー くつろぐ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/685-159872cf