FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

MISTUBISHI STARION(1982)

スタリオン

1982年に登場したスタリオンはターボモデルとして名を馳せたギャランΛ(ラムダ)/エテルナΛ(ラムダ)の後継車種にあたります。車名の由来は「スター」と「アリオン(ギリシャ神話ヘラクレスの愛馬の名)を組み合わせた造語です。

当初はG63B直列4気筒SOHC2バルブ2000ccのターボと自然吸気エンジンの2本立てでスタートしました。後に、日本車の市販車初の空冷インタークーラーターボを搭載するGSR-III可変バルブ構造式3バルブエンジン+インタークーラーターボのシリウスDASH3×2エンジンを搭載した2000GSR-V3ナンバーサイズとなるブリスターフェンダーを採用した2000GSR-VR、そして、GSR-VRボディに2600ccのG54B型にインタークーラーターボを備えたエンジンを搭載した2600GSR-VRが加わりました。

スタリオンは、WRC(ラリー)にも参戦しており、グループB参入と市販を視野に入れたSOHC2000ccインタークーラーターボ付きシリウスDASH3×2エンジン+ビスカスカップリング4WDのハイパワーマシンも開発されていましたが、グループBの急な廃止により開発は中止されました。しかし、この技術は、後のギャランVR4やGTOに活かされました。

シタリオンは、アメリカ市場を意識していたため、低・中回転域を重視したトルク重視のエンジンのセッティングとなっているのが特徴です。2600ccエンジンの最高出力は175psと非力ぎみだが、最大トルクは32.0kg-mとモンスターぶりをアピールしていました。

キャノンボール2

1983年に公開された映画「キャノンボール2」で、ジャッキー・チェンとリチャード・キールのコンビが駆る車としても話題となりました。

ゴリラ

また、1989年には、テレビ朝日のドラマ「ゴリラ・警視庁捜査第8班(石原プロモーション製作)」では、ガルウイングドアに改造されたスタリオンが登場し話題となりました。その後、ガルウイングドアのスタリオンは、メーカーから限定販売されるに至りました。1990年にスタリオンは生産が中止され、後継モデルのGTOへとバトンタッチされて行きました。


●サイズ:全長4410mm/全幅1695mm/全高1320mm
●車輌重量:1230kg
●エンジン:1797cc 直列4気筒
●最高出力:175ps/5500rpm
●最高速度:180km/h(リミッター作動)








FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/671-87287784