FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

SUBARU ALCYONE(1985)

アルシオーネVRターボ

スバル アルシオーネは、1985年に生産開始された4人乗り2ドアクーペで、良くも悪くもスバルの転換期を印象づけるモデルとなりました。 国内では、販売的には失敗に終わりましたが、アルシオーネで積み重ねられた高級車づくりのノウハウは、後のレガシィで開花する事になりました。

夜空に輝くスバル(プレアデス星団)の中で一際明るく輝く星「アルキオネ」の英語読みから名付けられたアルシオーネは、スバルのフラッグシップカーである事を証明する。

「4WDアバンギャルド」とキャッチフレーズを持つアルシオーネは、空力性能を徹底的に追及した斬新なくさび形のシルエットが特徴で、リトラクタブルヘッドライトやシングルアームワイパーの採用、更にはドアノブさえも手を入れる凹みをフラップ板で隠すほどでした。その結果、空気抵抗値(cd値)は驚異的な0.29という非常に優れた空力性能を誇っていました。

アルシオーネのコクピット

斬新なデザインは室内にも反映。コクピットは航空機をイメージされていました。当時流行となっていたデジタルメーターが、TVゲームの画面を連想させるものになっていたり、シフトノブは戦闘機の操縦桿のようなガングリップタイプでした。メーター周りから左右に突き出し配置された
スイッチパネルは機能的だったが、ハンドルをあわてて切るとスイッチに手が干渉し、ドライバーをヒヤリとさせる場面もあったようです。

カーデザインは、イタルデザイン社による優れたデザインでありましたが、シャーシを一般乗用車であるレオーネからの流用とした為、腰高でありホイールベースも極端に短く、逆にオーバーハングは異常に大きくなり、妙なデザインとして、美的センスとしては否定的な意見が多かった車でした。

エンジンは、レオーネと同じ1800cc、水平対向4気筒SOHCエンジンにターボがプラスされ120馬力の最高出力を発揮。しかし、エンジンの基本設計が古く吹け上がりは悪く、レスポンスも非常に悪いもっさりとしたエンジンでした。

乗り心地は、サスペンションに大型観光バス等に採用されているエアーサスペンションが装着されており、非常に滑らかな乗り心地を実現する事が出来ました。

1987年のマイナーチェンジ時に、スバル初の水平対向6気筒エンジン搭載車の「アルシオーネVX」が追加されました。エンジンの6気筒化は4気筒の1800ccエンジンにそのまま2気筒が追加された状態で2700ccの排気量となりました。この6気筒エンジンを搭載した「アルシオーネVX」は、ノンターボエンジンで最高出力は150馬力を誇りました。 しかし、この数値は当時としても控えめな数値でした。

4WDユニットには、レオーネで初めて導入された「アクティブトルクスプリット4WD」が装備されていました。 レオーネと同じシャーシを流用してるのですから当然ですね。当時は最新鋭の4WDユニットで、後に日産スカイラインGT-Rに採用され絶大な支持を受ける「アテーサE-TS」と同様のシステムでした。しかし、当時は時期が早過ぎたのか、単なる斬新なメカニズムという事のみで本当の意味での評価は得られなかった。

当時の最先端技術を贅沢に取り入れた車にも関わらず、その最先端を理解出来るユーザーが少なかったのか、不人気車のレッテルを貼られた悲しき名車です。アメリカでは、「XTクーペ」という名で、主に女性ユーザーの間で人気となり、コンパクトでスタイリッシュなところが女性を引きつけたようです。日本では、「走るシーラカンス」とまで言われたが、国外での評価は高く輸出分を含めた総生産台数は 約10万台に達しました。



●サイズ:全長4510mm/全幅1690mm/全高1335mm
●車輌重量:1120kg
●エンジン:1781cc V型(水平対向)4気筒
●最高出力:120ps/5600rpm
●最高速度:180km/h(リミッター作動)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/657-92a953ee