FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

数字のみの評価

松坂投手

ポスティングシステムでの、
アメリカメジャーリーグ移籍を目指す松坂大輔投手の独占交渉権は、

最終的にレッドソックスが獲得。

西武が受諾した交渉権の落札額は5110万ドルで

約60億1,000万円。

この額に、メディア各社は
松坂大輔投手の業績、可能性について絶賛している。


また、現在メジャーリーグで活躍してる
イチロー選手や元ニューヨーク・メッツの石井投手の
落札額(共に約15億円)との比較で
松坂大輔投手の期待の大きさ、力の評価を絶賛している。

…が、ちょっと待った!
それって、

松坂大輔投手が本当にそれだけ凄いの?

現日本人メジャーリーガーと松坂大輔投手比較して比べる事なのか?
そして、
松坂大輔投手は現日本人メジャーリーガーよりも
数段に優れた選手なのか?


確かに、松坂大輔投手の落札額は
今までの日本人メジャーリーガーの比ではない。

しかし、この額の数字は松坂大輔投手につけられた額だけど、
松坂大輔投手の評価ではないと思うんだよね。

その評価を多くの人が勘違いしてる気がする。

それこそ表面的な数字の大きさしか
見る事が出来てないのでは?

この約60億円という巨額な数字が出て来た背景には、
歴代日本人メジャーリーガーが、アメリカで築き上げた実績、
そして、今後の期待が込められた額じゃないだろうか?


最初にメジャーリーグを目指した日本の選手は、
日本のプロ野球の経験だけで、メジャーリーグの実績がない分
アメリカ側にも不安要素が大きい!


本当に日本人選手が、メジャーリーガーとして通用するのか?
実際に、プレーを見ない事には…。
そんな不安があったと思う。
そして、
日本人選手の活躍で、日本人って意外にやるじゃん…。
日本人は良いぞ!日本人は凄いぞ…。

っと、
いろんな選手の活躍によって培われて来た実績があって、
今の日本人選手に対して期待が持てるようになって来たのでは?

それが今回の

約60億円の額となって形になってるのだ。

日本人である松坂大輔投手もメジャーで
何かを起こしてくれるという期待させるのも、

今までの日本人選手が頑張ってくれたからだと思う。

だから、単純に落札額の大きさで、
松坂大輔投手の評価になるわけでもなく、
また単純にイチロー選手や元ニューヨーク・メッツの石井投手と
比べるような事でもないと思う。


そして、

まともな評価の出来てないメディアは変だよ。




FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/648-3d6c4a7e