FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

DMC Delorean “DMC-12”(1981)

デロリアンDMC-12

1975年、GMの副社長であったジョン・ザッカリー・デロリアンがGMを辞職し独立して自ら設立したのがデロリアン社である。本社はミシガン州に、製造工場は英国の北アイルランドにあった。会社の正式名称は、デロリアン・モーター・カンパニー(DMC)

永い開発期間をかけて1981年に登場したDMC唯一のモデル「DMC-12」は、イタルデザイン社のジョルジェット・ジウジアーロがデザインし、ロータス社がメカニック設計を請け負った。開発は非常に難航し、ロータス創業者コーリン・チャップマンの寿命を縮める一因となったとも言われている。

バックボーンフレームに強化プラスチックボディを乗せる手法はロータスが得意とした構造ですが、デロリアンはメンテナンスフリーを狙って、外部ボディ全体を無塗装のステンレスで覆いました。極めてユニークな試みです。

銀色に光るヘアライン仕上げのステンレスが剥き出しの外装と、近未来的なガルウイングドア装備は見る者に衝撃を与え、後年までDMC社のイメージを決定づける存在となった。なお、ノーマル時の車高(ロードクリアランス)が高いのは、当時の基準におけるヘッドライトの高さを満たすためであった。

後部に搭載されたエンジンは、フランス製のV型6気筒2849cc。プジョー・ルノー・ボルボが乗用車用に共同開発した量産エンジンは、最高出力が130馬力に過ぎず、1288kgの車重に対して、あまりにも非力すぎた。見た目のイメージから想像できる速い車ではなかった。

最初は売り上げが好調で、ターボチャジャー搭載や4ドアのガルウイングドアと更に奇抜な追加の改良案がいくつも上がっていたが、完成度の低さ故に、たちまち売り上げ不調となりイギリスからの出資も停止されました。更にジョン・ザッカリー・デロリアンが麻薬所持容疑で逮捕されるスキャンダルが発生した事により会社は更に悪化の一途をたどり倒産してしまいました。後に、ジョン・ザッカリー・デロリアンの麻薬所持容疑は、裁判で無罪が確定しました。

最終生産車が作られたのは工場閉鎖後の事で、工場に残っていたパーツ等で1982年12月24日に作られた4台が、一般向け生産の最後となった。最終的に、8,583台が製造されたと見られている。なお、ボディのプレス型は倒産後に他社による再生を恐れた人々が海に捨ててしまったため現存せず再生産が不可能になっている。デロリアンは、最も不運な名車でしょう。

ちなみに、デロリアンDMC-12が世界的に有名になったのは、1985年に公開されたSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にタイムマシーンとして登場した事が大きい。


●サイズ:全長4267mm/全幅1990mm/全高1140mm
●車輌重量:1288kg
●エンジン:2849cc V型6気筒
●最高出力:130ps/5500rpm
●最高速度:220km/h


  






FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/599-1ce7c2b7