FC2ブログ
2020 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 04

犯罪者

動物愛護ポスター

「犬、猫を捨てることは犯罪!」

と書かれた、このポスター。

どうも、このメインビジュアルのモデルとなった
猫ちゃんが、犯罪者のように思えてしまうのは
私だけだろうか…?。


「えぇ、僕が魚を盗みましたとも…。それが何か?」

っと言わんばかりの顔つき。



こちらのサイトを観てください。
ポスターからでは伝わってこない、現実があります。
アークエンジェル(クリック)



FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


それより罰金の「以下」っていう表現が以前から気になってます。「犯罪を犯しても罰金は○○円以下ですよ~」と言ってるように聞こえて・・・( ̄ロ ̄lll)
「税込」並みに小さく「以下」って入れたいかも(笑)

表現方法

ポスターの内容は、
指摘したいところは沢山あります。

本当に、動物を大切に思う人が
デザインしてるのかは疑問に感じます。
ポスターにそういう犬猫の事を思う気持ちが
感じられないですから。(^_^;)

タイトルも『犬、猫を捨てることは犯罪!』って、
ダラダラ入れるよりも、
『捨てたら犯罪!』 と短くドカーンと
タイトルを入れればインパクトは大きいです。
犬、猫は、ビジュアルで表現できますし、
寂しそうな表情をした犬、猫にこだわった
写真を撮影し(または、イラストを描いて)入れてやれば、
ビジュアルでのメッセージも狙えますよね。

あ、デザイン的表現方法ですか・・・このレベルのデザインに、きっとそこまで求められて無いんだと思いますよ(笑)カラーなだけマシって感じじゃないでしょうか(汗)きっと良いデザイン出しても「それじゃ目立たないから、こうしてくれ」って言われて押し通されちゃう感じの仕事だと思う。
で、そういうクライアントに文句言いながらやるより、自分がどんどんシフトアップして行けば良いんだよね。低いところのものに低いと文句言ってもキリが無いですよね(笑)取り上げるにもキリがないし・・・

無題

>このレベルのデザインに、きっとそこまで求められて無いんだと思いますよ(笑)

…ですね。
文句というよりは、「自分だったらこうするかなぁ。」という程度の事です。(^_^;)

きっと、こういうお役所なクライアントさんは、何かしなきゃならないから、とりあえず形式的にポスターを創るというノリなんでしょうけど。
あるいは、予算使い切りの手段かな。

こういうポスターはペットショップに貼って欲しいよね。
簡単に自分たちの都合で捨てちゃう人が多いから。

…それにしても、この猫ちゃんは、人相ならぬ猫相悪いよねぇ~。(笑)

>こういうポスターはペットショップに貼って欲しいよね。

高い金を払って買ったペットは(定期的に獣医にも連れて行ったりして、購入後も金をかけて大切にする人が多いので)捨てたりしないものですよ~。捨てる気のある人が買いに来ないと思うし。で、そのペットから生まれた子をタダで分けてもらったり、拾ったペットを育ててる人が捨てるケースが多いんじゃないかなって思います。

捨てるような人は罰金と言われても「解らなきゃ大丈夫」って思いそうで、なんか効果あるんだか無いんだかって感じですよね。捨てたかどうか(←いなくなってしまったと言えば済みそう)、虐待したかどうか(←どこかで怪我をしたと言えば済みそう)を立証するのも難しそうだし・・・。それより命の大切さをアピールするほうが良いような気もする・・・。

犬猫ではあまり聞く事がないけど、ワニだとかワニガメとかイグアナとかヘビとか爬虫類系が飼えなくなって(大きくなって飼うのが大変になったとかで)捨てられたのか、逃げたのか、ニュースでよく捕獲シーンがありますよね。(^_^;)

そういうの見てたら、ペットショップで生き物を買うのって「おもちゃを買う感覚で買ってたりする人もいるのかな?」と疑問になる事もあります。

>それより命の大切さをアピールするほうが良いような気もする・・・。

そうですよね。
「罰金が科せられるから、ペットを捨てない。」というのは、なんだか違う気がする。
じゃ、罰金がなければ捨ていいのか?
みたいな感じで、本質とかけ離れて来ますもんね。

まるで、子供をしかる時の、「止めなさい。(他人を指し)あの人に怒られるよ!」って、叱る親のようにトンチンカンな気がする。
子供は怒られなきゃやっても良いと勘違いする。
似てるぞぉ~。

デザインなんか関係ない!

一つのポスターのことで、デザインがどうだとか、
もっとこうした方がいいとか、色々コメントがありますが、
論点が確実にずれてる事に気付いて下さい。

>高い金を払って買ったペットは(定期的に獣医にも連れて行ったりして、購入後も金をかけて大切にする人が多いので)捨てたりしないものですよ~。捨てる気のある人が買いに来ないと思うし。

事実を知らずに、こんなコメントを安易にするものじゃないんじゃないですか?
実際は、保健所に連れて行かれる、犬や猫の7割は、ペットショップで高い金だして買った飼い主自ら、連れて行っているんですよ。
だから、問題になるんじゃないですか。
責任問題として。
まずは、現状を知ってから、コメントして下さい。

動物愛護、虐待に関しては、そんな浅い考えで意見をやり取りするほど、簡単な問題じゃないんです。
下記してあるHPを見て下さい。

もっと、ずっと真剣に取り組んでる人がいるという事を解って欲しい。

http://www.all-creatures.org/ha/
『ヘルプアニマル』のサイトです。

Rさん、言葉足らずだった点はお詫びします。
ただ、自分の認識の範囲で述べた意見であって、「ペットショップで買った人は絶対に捨てない」などとは言っていません(「比較的」という言葉を省いてしまったのは、確かに僕の落ち度でした)。ご指摘の通り、ペットショップで買った人でも捨てる人はいるかもしれませんが、捨てる割合としてタダでもらった人や拾った人のほうが粗末にするという割合が多いのでは?ということを言いたかっただけでして、ここではどういう場所にポスターを貼るのが効果的かという話です。虐待があるかどうかという議論ではなくて、ポスターの効果のデザイン的観点での議論ですから、「また同じ事を論ぜると言うなら、この問題には触れるべきじゃない。」というのはなんか乱暴すぎはしませんでしょうか。ポスターが1枚しかなかったらどこに貼るのが効果的かというような話です。「ここより、あそこのほうが効果があるのではないか」という意見を出しただけです。その意見が間違っていても、それに対する言い方はあるんじゃないでしょうか。捨てたり虐待されるのを防ぐために、我々が仕事で作るポスターをどういう場所に貼るのが一番効果があるのか・・・それを論じる事は決して悪く無いし、いきなり横から顔に殴り込むみたいなアプローチはどうかと・・・論点がずれているとは思いませんが。
「デザインなんか関係ない!」ですか?効果をもたらすためのデザイン・貼り場所だとしても、関係ないですか?そんなことは無いと思いますけど。デザインとその効果はとても大事な事ですし、そういう事はRさんとは無関係な世界として理解していただけないのかもしれませんが、結局はRさんが伝えようとしている内容を広める道具となるのです。「関係無い」というのであれば、そういう活動を一般に広める事を蔑ろにしていることになるし、黙れというのなら、そういうことを意識して口にする人も居なくなると思います。

乱暴に愛護を語る矛盾

♪Rさん

初めまして。
まず感情的に書き込むのはご遠慮して頂きたいと思います。
物事には順序というのがあります。

Rさんが、動物愛護、虐待に関して凄く考えられているのは、文面から伝わってきます。
しかし、自身の考えに雁字搦めにされ、他人の考えが見えなくなってるようでは、何も解決には繋がって行かないと思います。

>一つのポスターのことで、デザインがどうだとか、
>もっとこうした方がいいとか、色々コメントがありますが、
>論点が確実にずれてる事に気付いて下さい。

私たちはデザイナーです。
動物愛護団体とは違います。
しかし、そのような団体から依頼があれば動物愛護団体と意識を共にし、効果ある紙面づくりを求めて行かなければなりません。
もちろん私もペットを飼ってますので、無責任な飼い主や動物への虐待に関して関心は強い方です。
だからこそ、何気なく貼られていた、このポスターにも目が止まった訳ですし…。

デザインを通して効果を上げようと考えるのは、動物愛護、虐待の事実を知ってもらう為の1つの手段として論点がずれてますでしょうか?
デザインの表現方法として、もっと良い方法があると考える事が間違いでしょうか?

その考えこそ、あまりにも、乱暴過ぎやしないだろうか?

>動物愛護、虐待に関しては、そんな浅い考えで意見をやり取りするほど、簡単な問題じゃないんです。

このように考えるなら、上記に貼付けたポスターに関してどうお考えでしょうか?
Rさんのように「デザインなんか関係ない!」というのであれば、ポスターにかけるお金も無駄です。
ポスターを作るお金があれば、別の効果ある事にお金を使う事の方が有効です。

しかし、確実に人々にその事を知ってもらう為の、1つの手段を失うのです。
1つのポスターとしての力は非力かも知れません。「デザインなんか関係ない!」と思われるかも知れません。
しかし、こういった小さな積み重ねが大きな力へと繋がるのではないですか?

>浅い考えで意見をやり取りするほど、簡単な問題じゃないんです。

浅い考えだとやり取り出来ない?
だとすれば、多くの人は浅い考えばかりだと思いますよ。
だから、虐待やペットを捨てる人が増えてるのでしょう?
そのような人達を含め、「考えるな!」と言ってるようなものです。
それで、この問題は解決していけると思いますか…?

愚問でした

そうですね、貴方たちはデザイナーであって、動物愛護に興味がある訳では、なかったんでしたね。
そこに私が意見を述べた事が間違いでした。

>どうも、このメインビジュアルのモデルとなった
猫ちゃんが、犯罪者のように思えてしまうのは
私だけだろうか…?。

「えぇ、僕が魚を盗みましたとも…。それが何か?」

っと言わんばかりの顔つき。

↑この表現にも、納得がいかなかったし、私なりの意見を述べただけです。
浅い考えの方は、確かにほどんどです。

貴方たちもその中の人だという、私の認識が足りませんでした。
余計な口出しをして申し訳ありませんでした。
貴方たちが普段、的を得たことをコメントしていたので、
今回はガッカリしたのです。

やれやれ

この書き込みが、東京のデザイン会社社長(自称)による
書き込みじゃなければ良いのですが…。(u_u)

確かに不自然ですね

「論点が確実にずれてる」と言っていきなり違う議論に入って来て自らが論点がずれた事を言っていながら、ここではデザイン的表現と効果に関する議論だという説明をしたにもかかわらず、今度は「動物愛護に興味があるわけではない」などと、まだ論点のずれた事を言って人を馬鹿にしているのですから、まったく話になりません。
本人は理解しようとする気など無いかもしれないので、せめてこれを見ている人に解るように説明させていただきますね。

『高い金を払ってペットを買う人より、そうじゃない人のほうがペットを粗末に扱う』(という個人の認識。自分もペットを大切にしている一人で、少なくとも自分の周りはそうなので、素直にそれが常識だと信じていました。)

『保健所で処分される犬や猫の7割は購入した飼い主が連れて来る』
(このご指摘の段階で、それは理解しました。ありがとうございます。その上で、上のような発言になった経緯と、ここでの議論のテーマはあくまでもデザインと効果のことであるという事も説明させていただきました。それで、そのような認識を広めるという動物愛護家の任務は果たされているはずです。それ以上、何を責める必要があるというのでしょうか?)

『貴方たちは動物愛護に興味がある訳ではない』
(最初からそういう議論ではありません。単なる個人攻撃のための決めつけです)

もしも自分が動物虐待の実態などを人々に知ってもらう活動をするとしたら、現状を知ってもらうことを第一歩と考えます。知らなかった人を中傷することが目的ではありません。そして知らなかったというだけで「動物愛護に興味が無い人間」と決めつけて批判して去るような全く成果の無い(むしろ逆効果な)行為はしません。「動物虐待なんてもってのほか!」という認識の人が、虐待とは無縁の環境でペットを育てているとしたら、それは愛護家として喜ばしい事だと思うはずですが、「動物愛護に興味が無い人間」と安直に決めつけているのはあまりにも暴力的でおかしいです。KOJIさんが触れているように、この方は最初から因縁をつける目的で愛護家を装っているのではないかと思います。とても不自然です。

では

因縁をつける為にコメントした訳ではありません。
そして、ただ単に愛護家をを装っている訳でもありません。

私のコメントは、このブログに対してふさわしい物ではなかったと実感しただけです。

では、デザインの観点で、意見を言わせて頂きます。
私の知ってるサイトに、下記のリンクを貼ってあるだけで、興味のある方は観覧します。

<a href="http://homepage3.nifty.com/vampire~dreams/animal.htm" target="_blank"><img src="http://homepage3.nifty.com/vampire~dreams/img/ANIMAL_s.gif" width="88" height="31" border="0" alt="あなたは知っていますか?"></a>
<a href="http://www.cat80sos.com/"><font style="font-size:20px;color:#FF0033;">SOS 80匹の猫を助けて</font></a> 

<a href="http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/28_01/index.html"><font style="font-size:20px;color:#FF0033;">ペットブームの影に</font></a>

<a href="http://www.no-fur.org/"><font style="font-size:20px;color:#FF0033;">毛皮は動物のもの</font></a>

いかがでしょうか?

ちなみに、私は、東京デザイン会社の社長でも、デザイナーでもありません。

暴力的に批判するつもりではありませんでしたが、感情的になったのは事実です。
それで、気分を害された様なので、その点に関してはお詫びいたします。

♪Rさん

Rさんの伝えられたいメッセージは、分かりました。

私は、ある場で、つい先日まで
意味のない中傷を散々受けたばかりで、
少し神経質になってました。

ただ、何度も説明した通り、私たちの最初の話は、
動物愛護という話題で話はしていません。
単なるポスターを見た感想を述べたに過ぎないのです。

私もペットを飼ってる身です。
動物を虐待する人には、
Rさんと同じように怒りすら覚えます。
また、可愛がりすぎるあまり、
人と動物の境を無視した接し方も嫌いです。
(動物は人ではないのですから)

>「えぇ、僕が魚を盗みましたとも…。それが何か?」
>っと言わんばかりの顔つき。

という話も、
虐待とかそう言う意味合いは全く含まれてなく、
モデルになった猫ちゃんの見た目の風貌について、
自分の感想を語っただけに過ぎません。
その猫ちゃんの写真で捉えられた一瞬の表情を、
私が感じたまま言葉に置き換えて言っただけの事です。
もちろん、これは私が感じた事ですので、
感じ方は人それぞれでしょうし、
「感じた事が違う」と人から
否定されるような事でもないと思います。
私がそう感じたのは事実なのですから。

私たちが、動物を虐待してるという事実があるのなら、
それは攻められても仕方ない事だと思います。
しかし、私たちは、ポスターの中で
「ペットの命を大切にするという事を伝えた方が良い」
という事も述べてるはずです。

ポスターの事を話するのと、
動物虐待その物の話をするのでは
論点があまりにも違い過ぎます。
そこは、どうかご理解ください。

>では、デザインの観点で、意見を言わせて頂きます。
>私の知ってるサイトに、下記のリンクを貼ってあるだけで、興味のある方は観覧します。

そうですね。
「興味のある方は観覧します。」よね。
でも、興味のない人はどうでしょう?
興味のない人でも…、
1人でも多くの人に見てもらえる為に…知ってもらえる為に…

という事を、考えるのもデザイナーの仕事です。
紹介して頂いたサイトを見れば、
酷い状況だと言うのは分かります。

しかし、私のような何も知らなかった人が、
ここで紹介したポスターを見て、
ここまで酷い状況が想像出来るでしょうか?

もちろん状況を知ってる人は、
このポスターから自身の知識にリンクさせ
酷い状況を想像出来ますが、
私のようにそこまでの知識を持ってない人は、
ポスターからその酷い状況は見えてきません。

だからこそ、
そのような知識がない人にも、
そのポスターを通じて知ってもらう為の
切っ掛けになるように導いて行けるポスター創り
というのが必要となるのです。
私たちは、そういう話をしていたのです。

そして、このブログのコメント欄では、
リンクタグが使えませんので、
改めてリンクを貼り直しておきます。
これで、1人でも多くの人に実態を知ってもらって
考える切っ掛けになって頂けたらと思います。


↓あなたは知っていますか?
http://homepage3.nifty.com/vampire~dreams/animal.htm

↓ペットブームの影に
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/28_01/index.html

↓僕たちを助けて
http://www.cat80sos.com/

↓毛皮は動物のもの
http://www.no-fur.org/

ありがとうございます

初めのコメントをしておきながら、恐縮ですが、
リンクしていただいて、ありがとうございます。
このページを訪れた方が、少しでもこのサイトを見て、
何かを感じてくれたら、と思います。
感謝!!

思いは同じ

♪Rさん

程度の違いはありますが、
私やmoritoさんも、動物を思う気持ちは同じです。
それぞれ違った環境で生活や仕事をしてるのですから、
意見の食い違いは、あって当然だと思います。

だから、話し合うわけですし理解してもらおうと
一生懸命になるのです。

そして、その一生懸命さが伝われば分かりあえます。
Rさんの動物を思う気持ちは、確かに伝わってきましたから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

言葉にならない…

今朝のニュースで、
広島県のドッグパーク崩壊の話題がありました。
現在大規模なドッグレスキューが行われています。

その数480頭。
餓死寸前、更には既に息絶えた犬。
あまりにも残酷な光景で地獄絵図です。
涙が止まりませんでした。

このドッグパークは、3年前に開園し、
最初は客の入りも順調だったのですが、
次第に経営難になり閉園されました。

経営は、動物とは全く縁もゆかりも無い建設業者。
単なる儲け主義によって、多くの犬の命が犠牲なった。

絶対に許せない!

詳しくを知りたい方は、検索サイトで
「広島ドッグパーク崩壊レスキュー」と検索してみてください。
多くの情報が出てきます。



…Rさん。
コメントありがとうございます。
Rさんのブログですが、URLが何処にも記載されてなく、
残念ながら拝見する事が出来ませんでした。
しかし、ちょうど、広島ドッグパーク崩壊の
ニュースが飛び込んできました。

あまりにも残酷な光景に言葉を失ってます。
このような事実を知り、
私のブログの記事も軽はずみな発言だったと、
親身に受け止めています。




私がクリエイターとして、
こういった問題に対しどう対応出来るかを考えた場合、
例に上げたようなポスターだけは
創ってはいけないと改めて思いました。

「知らない人に知ってもらう」
という手段が、私たちが手がけるポスターであり、広告ですから、
「知らない人が知らないまま」でいられるポスターは、ポスターでない!

知らない人に知ってもらえる事の出来る仕事を
私たちはして行かなければならないと
肝に銘じなければならないでしょう。
その為には、どんな職種の仕事を承けるにしても、
自分たちが、まず知らなければ、伝えて行く事は出来ない。
…という事ですよね。

当たり前の事なんだけど、
それが出来てないクリエイターがほとんどなのです。


現状を知らないのに、伝える事なんて出来ない!

広島の地獄絵図

http://litstashu.blog24.fc2.com/blog-entry-197.html

この記事に掲載されたビデオ映像を観てください。
これらのゲージの数々、どのゲージも、
犬たちが必死に脱出したくて、爪や牙で引っ掻き壊れてます。

犬たちの悲痛な叫び声…、悲し過ぎます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/584-7859356e