FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

Sukiya is delicious

すき家

「すき家」に牛丼を食べに行きました。
牛丼は、学生の時、何かとあれば良く食べてました。
当時は、「吉野屋」と「なか卯」を良く利用してました。

最近では、こういった牛丼屋もファミリー向けになってきたので、
なんだか、

サラリーマン&学生の聖地を奪われた感じです。(笑)

それで、「すき家」で牛丼を食べ終わって、
少し寛ぎながら壁に目をやると、
壁に書かれている英文の中の1行に笑ってしまった。

壁紙なのか直接ペイントされてるのか分からないのだけど、
そこにはこう書かれていました。

“Sukiya is delicious.”

訳せば、
「すき家(メニューではなく、お店全体あるいは会社の事。)は、美味しい。」…で、
「すき家は、美味しい。」という日本語だと意味は確かに分るのだが、
英語だと意味はガラッと違ってくるし伝わらんぞ。(^_^;)

それよりか、英文が正しくても
「すき家は、美味しい。」という英語のコピーが、壁に書かれてるのは

カッコ悪いぞ!

日本語で「すき家は、美味しい。」と壁に
書かれてたとして考えたらどうだろう?


もちろん、お洒落な書体で書かれていたとしたら…、
でも書かれてる言葉は「すき家は、美味しい。」

私がオーナーだったらイヤだ。

それが英語になっても意味が変わるわけないし、
確かにアルファベットは日本の文字よりカッコよく感じる
かもしれないけど、文字で言葉にすれば意味がある
って事を忘れちゃダメだよ。


同じ書くならお洒落で
センスの良い内容のコピーじゃなきゃねぇ~。

それに、この「すき家は、美味しい。」というコピーを見る客は、
既に店の中に入り、すき家のメニューを食べてるわけだから、
美味しいかどうかは、お客の舌がちゃんと判断するちゅうねん。


「すき家」は全国規模のチェーン店だから、
きっとお店の内装は一括して何処かのデザイナーさんが承けて、
日本全国統一の内装になってるんだろうけど、
壁だからポスターと違って簡単に張り替えるわけにもいかないし、
「すき家」さんは凄く気の毒ですね。

デザイナー選びって、凄く大切だと、改めて思った。


気の毒な「すき家」さんに愛の手を!(笑)
↓画像クリック







FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


わっ!さっき自分のブログでKOJIさんのコメントにレスしたんですが、ここと同じ内容になってしまった(笑)いまここへ来てみてビックリしました(^_^;)

↓これです(抜粋)

「美味しい」という事を伝える機能さえあれば良いなら「おいしいよ」と書けば良いだけ(笑)でもそんな考え方では自分たちがやっているデザインを否定する事になる。デザインが人の五感に訴えるのは、色や形という表現力を駆使した芸術性があるからこそ。だから最初からそこを否定しちゃうと、目的と手段に矛盾が出て来てしまう。

私もビックリ!

>「美味しい」という事を伝える機能さえあれば良いなら「おいしいよ」と書けば良いだけ(笑)

あちゃぁ~。
すき家の内装を手掛けたデザイナーさんは、
それをやっちゃったんだぁ~。(笑)

でも、結局、そういう事が平気で出来てしまうという事は、
自身で感動をするという経験が
非常に少ないデザイナーさんなんだよね。

美味しさを知って感動する。
美しい風景を見て感動する。
素晴らしい音楽を聴いて感動する。

自分で多くの感動を経験しないから、
伝える為の感動表現が分からない。

だから、“Sukiya is delicious.”みたいな
表現しか出来ない。

一般の方で多くの感動を得ている人は沢山います。
その人達を感動させる為には、
伝える側も、その人達以上に感動をしなければ、
その人達を納得させられる感動表現は絶対に出来ない。
(moritoさんの受け売り)

「ゴールデンウイークは休みなく仕事してました。」
みたいに、いつも忙しさ自慢をしてるような
デザイナーさんが多くいますが、
結局そういうデザイナーさんは、
「多くの良いモノを見る事が出来ず、
感動を得る事が出来てませんので、
伝える為の感動表現が出来ません。」って、
世間に公表してるように、私には感じてしまいます。

それを作ったデザイナーは「Sukiya is delicious」なんていうコピーに感銘を受けるんでしょうかねぇ?(謎)「Sukiya means delicious」(すき家とは美味しさの意味です)だったら、その背後にある理由を連想させてコピーとして少しは良かったんだろうけど、結局英語でコピーを書く能力も無いのに英語使ってるんでしょうね・・・そもそも英語のコピーさえ日頃見てないような人が作ってるのかもしれないけど。「Sukiya is delicious」じゃ「すき家(店)を食べたのか!」とツッコまれます(笑)すき家さんの味への努力が一デザイナーの無知によって台無し( ̄ロ ̄lll)これは犯罪です(笑)

悪徳業者

きっと、すき家さんは、
高いデザイン料を支払っただろうに…。

これじゃぁ…、欠陥住宅を売る、
悪徳建築業者と同じじゃん。(汗)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/438-04b0527e