FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

文字で説明したがるクリエイター

タイタニック

これは映画「タイタニック」のポスターです。
アメリカのポスターと日本のポスターです。
基本的なデザインは同じなんだけど、

日本のポスターはやたらと文字が多い。

映画に限らず、日本のデザイン全般に言えると思うのだけど、
ビジュアルメッセージというのは全く無視されて
ビジュアルメッセージを殺してまで文字を入れて説明したがる。

TVの番組内で出されるテロップなど典型的な例だと思うけど、
「ビジュアル表現が出来ない(苦手)
ビジュアル表現をキャッチする能力不足」

という事の表れではないかと思う。

デザインの媒体で、写真やイラストが疎かに扱われるのも、
そのメッセージ性を理解出来ていないから。

幼稚園や小学校の図画で絵を描く時にまず教わるのは、
「絵を描く時に言葉で補足をしない。」って教わったと思うのだけど。
何をしてるところの絵なのか、それは絵で表現する。

恥ずかしい事だけど、プロなのにこの基本的な事が出来ていない。

シービスケットのポスター
ムービーグッズ

タイタニックのポスターより
シービスケットのポスターの方が違いがハッキリですね。

あっ、以前にも似たような話題(クリック)を書いてた。




FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


はじめまして!確かにそうですよね。
言葉を代えた画なのに、その上にまた言葉を重ねるなんて
うっとうしくてどちらの魅力も半減してしまいますね。
特に映画は観る人の想像力を膨らませる媒体だから・・。
デザイナーに自信が無いというより国民性の相違の問題かも。


ほんとですね。
同じ映画を観ていても、「つまらなかった」とか「感動できなかった」と言われると、それって(私が単純だっていうことより)「キャッチする能力不足」なだけなんじゃないかと思うようになって来ました。

そうそう、「ナルニア」はご覧になりました?
おもしろかったですよ~。もう終わっちゃいそうですからお早めに!

木を見て森を見ず

♪Laughingさん

はじめまして。
「タイタニック」のポスターはまだマシな方で、
比べるポスターが「タイタニック」しか見つからなくて
例が良くなかったのです。
友達が「シービスケット」を教えてくたので
「シービスケット」のポスターを追記しました。

「シービスケット」は全く酷いものです。
それに日本の場合、
レイアウトが完全にパターンというかフォーマットというか…。
映画のワンシーンに主な出演者を並べてぼかし合成。
文字は乱雑に「これでもか」と説明のオンパレード。
文字もビジュアルの一部という概念すらない酷いものです。
映画の感動もビジュアルから伝わってこない。
アメリカのポスターでは馬との絆が
ビジュアルで表現されてるけど、
日本のポスターは説明が多い割に何が言いたいのか
何も伝わってこないです。

>デザイナーに自信が無いというより国民性の相違の問題かも。

文字を沢山入れれば、クライアントに対し
「考えましたよ。仕事しましたよ。」という目に見える形での
アピールにはなるかも知れませんね。

それが国民性だとすれば、目に見えるものしか
評価出来ない(感じ取る感性は対象外)、
全くつまらない国民性ですよね。

♪chobiさん

そうですね。
自分は思いきり感動できた作品だと思うのに、
それが「つまらなかった」とか「感動できなかった」と
言われるような事が、
アマゾンのレビュー等を見てると良くあります。

でも冷静にそう言う人達のレビューを見てると
つまらない部分的な揚げ足取りの指摘ばかりなんですよね。

逆に「そんなちっぽけなところに気を取られて、
重要な部分を見落としてたの?」って
思いたくなるレビューなんですよね。

その人の「キャッチする能力不足」なのに
それには一切触れてないし、
「ちっぽけなところを指摘する事で細かいところまで見てるという
アピールのつもりなのか?」というような人が多いです。
「木を見て森を見ず」なんですよね。(^_^;)

そうそう、「ナルニア」観なければ。
今、観たい映画が沢山あって、どれを優先させようか悩んじゃう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/388-b3cc9c3a