2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訂正でんでん

日本の首相である安倍ちんがさぁ、1月24日の参院代表質問で民進党の蓮舫代表の質問に対し「訂正でんでんというご指摘はまったく当たりません」と答えた事がネットで話題になっちゃって、さぁ大変。原稿に書かれてた訂正云々「訂正でんでん」と読んじゃたんだなぁ。

そんなわけで、皆から寄って集って「でんでん」「でんでん」と字が読めない事を指摘されちゃってね、安倍ちんタジタジなんですわぁ。
この騒動に官邸幹部までもがコメントしちゃって「云々と伝々はよく似ている」なんて言っちゃったものだから、もはや恥の上塗り状態です。それにしても官邸幹部もバカだよね。「でんでん」「でんでん」と安倍ちんが字を読めない事をが指摘されてるけど、指摘されてる内容の本質はそんなところじゃないっちゅうねん!云々と伝々がよく似てようが関係ないです。

本当に問題なのは間違って読んだ事なんかじゃなく、質疑応答なのに質問の内容も把握せず原稿の内容を確認もせず、単に原稿を棒読みする、その姿勢に問題がある事を理解しようよ。それって、国民をも馬鹿にした行為ですよ。安倍ちんと官邸幹部の人達よ、分かってる?

安倍ちんに聞くけど「訂正でんでんというご指摘はまったく当たりません」っていう「訂正でんでん」とは何を指してる言葉なのですか?質問の内容を理解してないから平気でしれ〜と読めない字を間違った読み方で流す事が出来ちゃうんですよ。もしも、質問の内容を理解し、それに本気で答えようという意思があれば、例え原稿に読めない漢字が出て来たとしても、類似の言葉に置き換えて正しく伝えられるように工夫するでしょう。読めない字があるのは恥でも何でもない。私だってありますよ。簡単な漢字でもフッと頭からスッ飛んで読めなくなるって事もあります。
だから、官邸幹部の「云々と伝々はよく似ている」というコメントはお門違いが甚だしいし、恥の上塗り以外の何ものでもありません。

質問内容を把握出来てない首相が、用意された答弁を確認&理解もせず単に棒読みする。その姿勢が大問題なのですよ!

ついでに、それを報じるメディアも「でんでん」の読み間違いという部分でしか指摘出来てない浅はかさ。大丈夫か?日本は…。

施政方針演説

安倍首相「ただ批判に明け暮れたり、言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない。」

蓮舫 氏「まるで我々がずっと批判に明け暮れているとの言い方は訂正してください。」

安倍首相「民進党の皆さんだとは一言も言っていないわけで、自らに思い当たる節がなければ、ただ聞いていただければ良いんだろうと思うわけで、訂正でんでんという指摘は全く当たらない。」






■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3636-02e713e3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。