2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車検費用を安く押さえるには…

流石に新車購入から19年も経つと車検が何回目になるのか分からなくなっちゃうね。計算してみると8回ですね。年々車検費用が高額になってきますねぇ。経年劣化で何処かを必ずメンテナンスしてる状態ですからキツいです。今回は車検の前にブレーキ系統をオーバーホールし一新してますから車検にまつわる費用は低く抑えられましたが、このオーバーホールを車検まで何も手を加えてなければブレーキ系統のパーツ交換も車検費用に加算されてしまいますので、結局は作業を分割でしたか、一度にまとめてしたかという事に過ぎず、安全の為にかかる費用は要るものは要るって事なんだよね。

良く車検の事で『車検費用を安く押さえるにはどうしたら良いですか?』みたいな質問を目にしますが、そういう方に限って車検費用の内訳を把握してなかったりで『要るものは要るんだよ。』としか言いようがありません。
そういう方はきっと普段はメンテナンスしてないような方なのでしょうから、車検の時ぐらいキッチリお金を払ってシッカリ診てもらいましょう。メンテナンスしないで車を殺人凶器に変えない為にもネ。

それでも、車検費用を安く押さえたいという人に私からアドバイス出来る事は1つです。まずは『自分の車の状態は自分で把握出来るようになりましょう。』自分の車の状態が把握出来れば車検時に何を交換しなければならないかが見えてきます。必要な部品等を自分で調達すれば、それだけ安上がりですよ。
今回、私の場合は、タイヤの溝が殆ど無い状態でしたのでタイヤを4本自分で購入し持ち込みました。安いアジアンメーカーのタイヤですので1本あたり3,000円でした。送料込みで4本16,000円。通常、車屋さん任せで購入すると勿論国産メーカーの信頼出来るタイヤになりますが私の車のタイヤサイズだと安くても1本20,000円はとられるでしょうし、自分の車の状態を把握出来てなきゃタイヤ交換だけで64,000円も割高になってしまいます。
そして、失敗したのがバッテリーです。前回交換から約4年経っていてバッテリーも交換時期だったのですが、これまでと同じサイズの物『40B19R』だったらホームセンター等で2,980円ぐらいの価格を確認してたので、車屋任せで少々高くなっても5,000円でおつりが来るだろうと思ってたら、『40B19R』の在庫が無く『55B19R』って容量の大きなサイズのバッテリーを入れられちゃったものだからバッテリー代に12,000円も取られちゃったんですよね。『40B19R』のバッテリーを事前に自分で調達して持ち込めば3,000円程度で済んだのですが失敗しました。

こんな風に自分で車の状態を把握出来るようになれば、何が必要で何を準備した方が良いか分かってくるのです。そして、何処で安く押さえられて何処で失敗して高くなってしまったのか等の内訳も分かるのです。すると普段からお金がかからないようにメンテナンスにも気にするようになるし…。そうなると結果的には、メンテナンス不良で車を凶器に変えるリスクも減らせちゃうのです。
車検費用を安くしたいって考えてるのだったら車の状態は自分で把握出来るようになる事ですね。そして、にわか知識ではダメダメ。変に誤って自分の車に適合しないパーツを持ち込むと車屋さんにも迷惑だし逆に高額になってしまいます。自分に出来ない事を求めてプロの車屋さんに「おんぶにだっこ」「上げ膳据え膳」を求めるのだから、それなりにお金がかかって当然って気持ちじゃなきゃダメだよ。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3629-6fbbe38d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。