2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

表現の自由

お洒落な海外のスナック菓子

いつものスーパーに買い物に行くとお菓子のコーナーにCRISP the WORLDという何やら海外のスナック菓子だろうと思われる物を見つけました。裏を見ると、どうやらスペインのポテトチップスみたいだ。

私の経験上、ポテトチップスは日本の物が一番口に合う。そりゃ、日本人の口に合わせて味付けされてるのだろうから当たり前の事だとは思うのですが…、でも、気になるこのパッケージ。パッケージを食べる訳じゃないんだけどねぇ〜。(笑)

更に、味は4種類。ライム&ペッパー味のリオデジャネイロ スタイル。ピザ味のナポリ スタイル。テリヤキ味の東京 スタイル。マッシュルーム味のパリ スタイル。パッケージのいずれも個性がハッキリしてて面白い。日本人の私の目から東京 スタイルの袋に描かれた人を見ると、どうも中国人に見えてしかたない。スペイン人の目には日本人ってこんな風に映ってるんだろうなぁ〜。

このポテトチップスの価格は1袋350円だったけど、ついついフルコンプリートしたくて全種類買ってしまいました。日本だとこんなパッケージはあり得ないよなぁ〜。
クレーマーを気にして、「イラストは味をイメージしたものです」なんて間抜けな注釈を入れなきゃならないのだろうし、商品の写真を載せても「写真はイメージです」って入れなきゃならない。写真が本物じゃないのは分かりきってる事なのに、一部のクレーマー対策の為に大勢のまともな人を小馬鹿にするような注釈を入れなきゃならない日本の業界ってつまらないなぁ〜って改めて感じてしまいました。

表現の自由と言いながらも、表現を縛る自由の無さ。
そりゃぁ、騙すような嘘や誇大な表現っていうのはダメだけど、表現のデフォルメというかユーモアに富んだ誇張ってアリだと思うなぁ〜。
何処までがユーモアに富んだ誇張なのか、何処からが騙すような誇大な表現なのか、なかなか線引きが難しいですけど、現在の日本での表現の縛りは行き過ぎた感があるような気がします。

写真のようなパッケージのイラストは味を想像させる為のイラストで、誰もが中身の商品とは違うって分かりきってる事じゃないですか。一部のクレーマーが悪意をもってイラストの人が持ってる物と中身のお菓子が違う!なんて事を言ってくるのでしょうが、なんでそんな人の為に、まともな人を蔑ろにして折れなきゃならないのか謎なんだなぁ〜。日本も楽しいデザイン表現で溢れかえって欲しいなぁ〜。

ちゅか、海外からの輸入商品を売る場合、日本仕様にデザインを変更しなくてもOKなんだ。(謎)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3610-445b6fe4

FC2Ad