2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

不愉快になった美容師

不愉快な美容院

どんなに雰囲気のいい美容室でも、担当する美容師と相性が悪ければ、それだけで『もうここには来たくない!』と思ってしまうだろう。
そこでしらべぇ取材班は、人々にこれまでに遭遇して不愉快になった美容師を調査。その中で、接客業とは思えぬような振る舞いをする美容師がいることが明らかに。

しらべぇ 2016/05/14/ 10:30)



あった。あった。
随分前の事ですが、私がデザイン学校を卒業し、大阪から地元の広島県福山市に戻って来た時の事です。最初の頃は行きつけの美容院とか全く無くて、何処が良いのか分からず髪が伸びる度に色々な美容院に行って自分に合う良い美容院を探してた頃に『もうここには来たくない!』と思ってしまった「不愉快な美容師」に出会いました。勿論、その美容院は最初で最後となりました。

その美容師さんは余程自分の腕に自信があるのか、自分は「ヘアーメーキャップアーティストなんだ!」とプライドがあるのか、超ナルシストが入ったような方で、お客である私の注文を一切聞き入れようとはしませんでした。

通常なら「どんなヘアスタイルにしましょうか?」とか「長さはどのくらいにしましょうか?」とかある程度のお客の好みと言うか注文を聞き入れてからカットするじゃないですか。でも、そういうは一切無しで、どんな風に切られるのか分からないから不安を抱いて少しでも注文をつけようものなら「素人が口出しするな!」的に咎められ、更には私の髪質や髪の毛の癖を延々と説明され、この髪質だとこういうカットではなければ似合わないとか、あなたの注文通りだと変になるとか言われちゃって、望んでもない髪型を押し付けられた事がありました。
(ノ`д´)ノ ┻┻

ちなみに、現在、当時の場所にその美容院はありません。移転して何処かに行っちゃったのか、それとも、潰れてなくなっちゃったのか…。

現在は、当時そうやって1軒1軒試して見つけたところに通っています。もう、かれこれ20年以上の付き合いかなぁ〜。カットの注文は「いつもと同じで。」で通じちゃいます。
(●´艸`)。o○。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3594-7393d8cd

FC2Ad