2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

福山の人が知らない福山の郷土料理

福山の郷土料理「うずみ」???

福山の郷土料理「うずみ」だけど、私は福山で生まれ、福山で育ったが、「うずみ」という郷土料理を1度も食べた事がない…。更に「うずみ」という料理名を聞いたのも「ゆるキャラ」や「ご当地B級グルメ」がブームになった頃ぐらいからだと思う。

郷土料理を別の地域の人にPRして観光の起爆剤にしようとする気持ちは理解出来ますが、無理矢理廃れてしまった食文化を掘り起こしてまで郷土料理として嘘PRしなきゃならない理由が理解出来ません。
「うずみ」の発祥は諸説ありますが、江戸時代に行われた倹約政治の為、贅沢品とされた鶏肉・えび等を堂々と口にする事が出来ない庶民が“具を飯で隠しながら食べていた”のが始まりだと言われています。

そのような理由から、もしかしたら、この郷土料理(食文化)は福山だけの事ではないのかも知れません。更に倹約政治が終わった頃から具を飯で隠す必要も無くなり消えてしまった風習なのでしょう。堂々と食べられるようになれば様々な調理法も出来て「うずみ」よりも美味しい食べ方で食されるようになれば淘汰されて消えて無くなるのが自然の流れです。だから、今まで廃れ埋もれてしまってた郷土料理が甦ったのかもね。ブームの為に無理矢理、郷土料理として掘り起こした感じですね。

郷土料理というならちゃんと地元に根付き昔から現在にかけて愛され食べられてる料理をPRして欲しいものです。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


^^;確かに。。

^^;先ず、『郷土料理とは』・・・その地域に根付いた産物を使い、その地域独自の調理法で作られ、地域で広く伝承されている、地域固有の料理。地域振興・町おこし(地域おこし)の為に作り上げられ、もしくは宣伝を行う「ご当地グルメ」や特定の企業が提供する料理、土産菓子とは異なる。。

ならば、“うずみ”は、もはや郷土料理とは呼ぶに至らないかと。。

鯛をウリにするなら、兜煮、浜焼き、焼き鯛の酢漬けなら郷土料理という意に沿っているかと。。m(__)m

息子が小学校へ入学して間もなくの参観の日に、給食参観もあって出席した際、“うずみ”という郷土料理を知りました。。でも、その日のメニューは、鶏の唐揚げだったので食べる事は出来ず、気になってました。。
福山市内に私よりも長らく住んでいる母に聞いても、「何?それ?知らないよ。」と言います。。
母世代から私世代に掛けて知らない料理は、もはや郷土料理という価値はないように感じながらも、どんな食べものなのか?と気になり、3年前、友だちと一緒に行った『うずみフェスタ』にて食べました。。
率直な感想は、江戸時代の質素倹約時の食とはかけ離れているのではないかな?と。。そして、他のうずみメニューを見ると、現在風にアレンジされたものまでがありました。。(ーー;)ようするに、おかずをご飯で隠す。。ラーメンなら、具材をラーメンで隠す。。プリン・ア・ラ・モードなら、生クリームとフルーツをプリンで隠す。。そんな風に感じさせられたのは確かです。。

質素倹約の時代。。本当に福山に限らず、何処の地域でも、その地域の人々の、それなりの工夫はあり、“うずみ”もまた、その工夫の一例であり、本当に郷土料理とは呼べないと思います。。
福山へ来てでしか食べれないもの。。^^;やはり、鯛の兜煮かな?
丁度、鞆の浦では5月に入ると、鯛網漁もあるしネ。。こちらの方が、うずみより根強いかと。。・・・これ、味付けが難しいし、家庭によっても多少、違うしネ。。^^;・・・一応、周りから教えて頂きながら、マスターしたけどネ。。・・・(ーー;)というか、私が作るのは鯛のあら煮ですが。。m(__)m

本物は出て行かない

郷土料理と言えば…お正月に食べるお雑煮。
その地域、地域で異なるお雑煮を全部食べ比べてみたいなぁ〜。って、ずっと思ってるのですが、そういう本物の郷土料理って出回らないですね。(笑)
鯛の兜煮なんかも良いですね。
本当の意味で、郷土を大切にして欲しいなぁ〜って思います。

お雑煮

上野君の家では、お雑煮にはやはり穴子が入るのでしょうか?
!?(・_・;?・・・そういえば、長らくお雑煮を食べていないような。。m(__)mでも、穴子は使用していなかったかと思います。。年によって異なりますが、豚汁の後にお餅を入れたり、蛤か貝柱、海老の何れかが入ったすまし汁に餅が入っていたりします。。・・・多分、父の郷のお雑煮かと思います。。但し、父の郷のお餅は、この辺りの丸餅とは違い、長方形で、焼いたお餅を入れるのだとか。。
因みに、私の嫁ぎ先のお雑煮は、昆布と鰹だしの白味噌仕立てで、男性のみ頭芋が入ってました。。理由は、家を支える大黒柱が男性だから、しっかりと支えて頂くようにという事でした。。しかも、元旦にお餅を2個入れたなら、次の日から1個づつ増えるのだとか。。
^^;で、本当に性格の悪い私は、スーパーの小振りのお餅で元夫に5個くらい入れたお雑煮を食べさせてから、私の実家に帰郷し、一般的な大きさのお餅を一個づつ増やしてあげてました。・・・^^;今では、これもDVですネ(笑)。。
白味噌仕立てのお雑煮は、私は好きです。。(ーー;)でも、もう、二度と頂けませんが。。私の両親は嫌うので。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3551-7e7fa43f

FC2Ad