2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランドを象徴する統一デザイン

VeilSideエアロ“コンバットシリーズ”

写真はVeilSideのエアロ『コンバットシリーズ』です。このエアロパーツを装着される自動車のメーカーは様々ですが、エアロパーツの形状でVeilSideブランドという事が一目で分かる。

BMW“キドニーグリル”

このような統一形状でのブランド差別化は自動車メーカーでも行なっていて、BMWのキドニーグリルなんかは有名ですね。車の事をよく知らない人でもキドニーグリルを見れば、きっと誰もがBMWだと分かるでしょう。子供の頃はブタ鼻なんて呼んでましたけど、現在になっても、ずっと変わらないデザインです。

マツダ“5ポイントグリル”

そのキドニーグリルのような統一デザインを参考にして日本の自動車メーカーも独自のデザインのグリルを採用されています。こちらはマツダが採用してる逆五角形の5ポイントグリルです。

レクサス“スピンドルグリル”

更にこちらはレクサスのスピンドルグリルです。2012年から採用されており、レクサスブランドを持つトヨタ自動車の前身である豊田自動織機製作所から糸巻きに由来しスピンドルのグリルデザインでブランドを象徴する統一デザインとしたものだそうですが、まだ採用されて間もないのでBMWのような効果は現れてませんが、BMWのようにずっと続けていけるのでしょうかね?エンブレムやロゴですら簡単に変更してしまえる日本人の体質ですから…。

日産

そう言えば、日産自動車にも一部車種ですがブランドを象徴する統一デザインを試みようとする動きが垣間見られた時期がありました。左右に分けられたチョビ髭のようなデザインのグリルです。
日産自動車は統一デザインと言う事を大々的に発表はしてませんから本当に実験的な試みだったのかな?って感じます。現在はすっかり無くなった感じですけど。

それにしても、ブランドイメージを作る為の手段がいずれのメーカーもフロントグリルというワンパターンな手法が気になります。VeilSideのようなバンパー形状でもブランドを象徴する統一デザインの表現は出来るし、いろいろ方法はあると思うけどやっぱりフロントグリルが簡単で手っ取り早いからなのかな?
ただ、国産車いずれのグリルもBMWのキドニーグリルと比べると大きな開口部1つの逆五角形グリルやスピンドルグリルではデザインの自由度が制限されてしまうような気もしなくもないですね。
デザインの自由度という面ではキドニーグリルやVeilSideのエアロ形状に軍配が上がるような…。そういう理由からレクサスのスピンドルグリルは早々に消えて無くなると見た。…と予想してみたけどどうだろね。(笑)
っていうか、欧米のブランドを象徴する統一デザインと比べると日本のデザインというか考え方がどうも地に足がついてないと言う感じで安心感がない気がしてなりません。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3547-8cc4dd2b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。