2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩書きに酔いしれた人達

デザインの面白さって、自分で生み出す喜びなんだけどなぁ。
私は出来る事なら生涯ずっとデザイナーを名乗っていたい派だけど、多くのクリエイターはデザイナーよりもアートディレクターを名乗りたいように感じます。ディレクションする事が「出来る人」「上に立つ人」という印象が強いのでしょう。名の通ったクリエイターは皆「アートディレクター」という肩書きをつけています。そして、部下に指示を出し作業をさせています。
自分で作業する事…つまり、自分でデザインする事は好きじゃないのかな?
ちなみに、私個人的な主観でありますが「アートディレクター」という肩書きが胡散臭くて大嫌いです。それは過去の記事でも書いて来た事です。例えば過去記事の「私がillustration誌を購読しなくなった理由(当Blog内リンク)」で紹介してるコンペ審査員とか…。業界では有名な方です。私は実力を信用していません。(笑)

そして、今、五輪エンブレムのパクり疑惑で話題になってるニュースに対してあるデザイナーのコメント記事を紹介します。

離れ小島に住む一介の何の変哲もない無名デザイナーとして見解を言わせて下さい m(_ _)m

およそ『業界』と呼ばれる全ての世界に権威があるようにデザイン界にも至極当然の如くそれは存在します。そして、ご指摘の通り『お友達デザイナー』や『デザイン村』とは、いわゆる『東京アートディレクターズクラブ』所属者か『東京芸大、多摩美、武蔵美』の日本三大美大の出身者及び、『電通、博報堂』からのフリー転身者で占められているのが実態です。
また、これらのデザイナーに共通するのは完全な親方制と分業制であり、部下が5、6人(もっと多い場合もある)いる個人事務所を持ち、初期段階において大抵は自らデザインを起こさずにアシスタントと呼ばれる若手のスタッフにラフアイデアを十数案ほど提出させます。合わせて100件近いラフアイデアの中から『監修者』とする立場の代表デザイナー(東京五輪エンブレム問題では佐野研二郎氏を指す)が幾つかピックアップし、自らの意向を伝えて修正させる等した複数案を再度謁見した上で集約し、クライアント様に対する第1回目のプレゼンに向け10案程度(或いはそれ以上)用意して提出します。その後、クライアント様の注文を受けて修正を繰り返しながら最終案に絞って行き、何度も行うプレゼンを経て、晴れて先方様から太鼓判を押してもらうのが良くある一般的なプロセスです。

ここで、広報担当である佐野氏の奥様が答えたとする言説を取り上げてみましょう。

『夫はあくまでも監修者であり、スタッフが行った作業はスタッフ本人に聞かないと分からない。』

なるほど。一見すると無責任体質として受け取る事も可能ですよね。でも、これこそが、『盗作疑惑』を助長させた『日常茶飯事』なのです(笑)。監修者である佐野氏は、若手スタッフが創作する成果物全ての知的財産権等いちいちチェックしません。そこは信頼関係で成り立つものですから、まさか自分の部下が平気でコピペしたデザインを提出して来るなど思いもしないでしょう。無論、最終的な決定権者であるわけですからチェック機能が果たされていないと言われれば怠慢の誹りは免れないですが。

話を元に戻します。
つまり、デザイン村とは、有名なデザイナー(良くアートディレクターとか言われているから一般の人には分かりづらい)であればあるほど、自らの手でデザインをしていないという摩訶不思議な事態がまかり通る世界なのです。それなのに、超一流とされる代表デザイナー様の名前が独り歩きするから困ったもの…(苦笑)。でも、それで良い。なぜなら、今回は『盗作疑惑』が明るみに出てしまいましたけれど、佐野氏やその他の有名デザイン事務所で働く若手スタッフが、仮に世間の目に触れず順調にキャリアを積み重ねたのなら、当然いつかはフリーになります。そして、広告界の重賞と呼ばれる各種コンペティションで審査員を務める元師匠からご褒美を与えて貰える機会が訪れる。『そうだなぁ、そろそろ君にも受賞させてあげよう』等と言って(笑)。
分かりやすい『論功行賞』ですよね。要は、これがあるからこそ猫も杓子も有名デザイナーの事務所に入りたがるのです。この将来もたらされる恩恵が確実に見込まれるから、若手スタッフは激務に堪える日々を過ごします。何となく分かる気がしませんか?

デザイン業界の端くれにいる者として経験則で言わせてもらえるなら、これは起こるべくして起こった『日常茶飯事』なのです。だから、業界を知る同業者から佐野氏を庇い慮る同情論が多く出るのも無理はない。なぜなら、皆んなそうだから(笑)。

今頃「ウチの事務所は大丈夫だろうな?」と、慌てているのが関の山。佐野氏監修によるサントリーのトートバッグ取り下げがニュースになってからは、「君子危うきに近寄らず」的な雰囲気になって来ています。

但し、これが構造上の欠陥と言えるかどうかは判断として難しい所です。デザイン以外の多くの業界でも似たような構造はありますし、佐野氏だけが悪者扱いを受ける風潮はフェアではないと思います。だって、皆さんも少しは権威が好きでしょう?三流私立大出身のコンサルタントよりも東大を出た上にハーバード大学でMBAを取得したコンサルタントの方が説得力を感じるでしょう?
独断と偏見を排した上で第三者が客観的に見た結果、その『仕事の質』が全く同じでも、『箔が付いた』物の方が好みですよね?

謂わば、件の東京五輪エンブレム問題が発生した本質的で根本的な原因は、まさしく、権威主義への歪んだ盲目的・盲信的態度が生んだ結果なのです。
日本三大美大出身で一流広告代理店に入り、名だたる広告賞を総ナメにした後、東京アートディレクターズクラブに所属するなどして、スーパーエリート街道をひた走る選ばれし人に間違いなど無いとした判断こそが元凶であり、また、そうした一部のエリートだけが特別だとする業界における完全無欠のピラミッド形ヒエラルキーがある限り、こう言った問題は繰り返されます。
そして、投稿にもある様に、デザイン村の重鎮達だけで主要な広告コンペティションを牛耳る奇妙な構造も変わりません。加えて、そもそも『村』ですから、そこに『お手盛り評価』があっても不思議ではないですよね。けれども、誤解の無い様フォローしますが、彼らも頼まれるから仕方ないのです。権威主義丸出しの権威的な広告賞の審査員に、まるで権威の無い無名デザイナーを起用するわけありませんよね?

私の様な権威主義を嫌う無名デザイナーには一生縁の無い煌びやかな世界ですが、多くのデザインの徒はデザイン村の一員になりたがり、そして、権威に浴する事を好みます。人間って、そう言うものでしょう?従って、独創的な創意工夫を凝らし誠心誠意デザインに当たる本物、且つ、孤高のデザイナーは絶滅危惧種となっています。残念ながら、それが『日常茶飯事』たる所以です。

コメントのくせして長文となってしまい申し訳ありません m(_ _)m 見苦しいとは言え、私も同業者が袋叩きに遭う姿は忍びないのです。そして、蔓延する誤解を少しでも解消したい気持ちもあって書き記しました。この業界に『白』や『黒』は存在しません。あるのは『ピュアグレー』です(笑)。それを必要悪として長らく許容して来た暗黙の了解が不意に瓦解しただけであり、また暫くしたら人々の記憶から忘れ去られ元のデザイン村に還ります。

最後に、心配せずとも、私が東京五輪のエンブレムを手掛ける事は絶対にありません。なぜなら……、あっ、もう言わなくても分かりますよね(笑)。失礼しました m(_ _)m

(FB/伊藤慎太郎 氏のコメントより)


私も激しく同意です。この際だから佐野氏以外に業界関係者全部綺麗にしたらどうだろうか?おそらく個人の問題じゃないはず。博報堂や大手電通など業界全体の問題だろう。
五輪エンブレムに模倣疑惑が持ち上がった際に佐野氏を擁護していたデザイナーかばいきれなくなって、次々に手の平を返し意見を変え始めたみたいですね。
私は、このまま行くと、かばってたデザイナー仲間の作品までパクり騒動に巻き込まれちゃうからかな?…と睨んだのですが。(笑)
つまり、当初、佐野氏をかばったのも業界の蔓延的なパクりを知られ自分達に火の粉が掛からないようにする為で、佐野氏の疑惑がどんどん大きくなるにつれて、これ以上かばうとかばい方が不自然となってしまい「かばってる自分達が怪しまれる」と感じて自分たちの身が危なくなるから、手の平を返したのだと思います。
そのような事から、恐らく佐野氏だけの問題じゃなく慢性的に電通内部でパクりが蔓延してるのでは?と感じます。

まぁ、兎に角、アートディレクターと称して指示だけをして、自分でデザインしたわけじゃないものを自分の作品とし発表する輩がずっと前から気に入らなかった。
胸張って「自分の作品だ」と言えるその作品こそ私の肩書きです。名刺に入れられてる肩書きなんてクソ喰らえ!です。

●関連記事
お金で得た肩書き!(当Blog内リンク)




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3531-e0162736

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。