2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

税金は何に使われてるのか?

斜面から生える木々の枝が直角に

毎日何気に通ってる道路です。前々から気になってたのですが斜面から斜めに生えてる木々が道路にはみ出して危険だなと感じてます。大雨が降ったりして地盤が緩くなると木々の自重で倒れたりしないのだろうか?タイミングが悪ければ倒木に車が激突して大惨事になってしまうだろうと思いますが一向に改善させる気配はありません。
更に気になるのが、木々の枝が直角に変形してる点です。赤い線で印を付けた部分です。これって、大型トラック等の荷台が枝に当たって枝の成長を妨げてる事によって出来た形なんですよね。

斜面から生える木々の枝にトラックが直撃し枝が生長出来ない

つまり、既に交通の妨げとなり実害が出てるって事なんだろうけど、事故にならないから放置なのか、山の所有者がある事なので何も出来ないのか…。
自動車を所有するには色々と税金がかかります。ボッタクリかと感じるくらい高い税金を取られます。今まで、自動車にまつわる税金は目的税で道路環境の整備等に使われてたのですが、目的税撤廃となって正直何に使われてるのかサッパリです。いや、目的税が撤廃され一般財源化される前からこの道の木々は放置で当時から何に使われてるのかサッパリと言う状況ですよね。
自分達が支払った税金が何に使われてるのか分かるようであれば、税金を支払っても、まぁ、納得が出来るのかも知れませんが…。おそらく、新国立競技場の建設費に消えてくのかな?…なんてな。

そう言えば、以前、草ぼうぼうの緊急避難所(当Blog内リンク)の事も記事にしたなぁ〜。結局、国は税金を取るだけ取って肝心な事は何もして無いじゃないか!



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3524-d9a4d535

FC2Ad