2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未熟を棚に上げて安全を語るな


【恐怖】MT車でエンジン始動に失敗するとクルマが突然走り出す…!?
マニュアルトランスミッション搭載車 (MT車) でエンジンを掛ける時に、ある操作ミスをしてしまうと突然車が走り出してしまう可能性がある事をご存知だろうか。
いくら運転に慣れているベテランドライバーでも、うっかりミスでやってしまう事は多いに考えられるので、是非知識として入れておいておくと良いだろう。

上記動画の事例… 本当にやってしまいます。筆者もMT車運転中に狭い駐車場でうっかりやってしまい、危うく前方の車両に衝突しそうになった経験があるので全く他人事ではないです。
映像の車両はクラッチスタートシステムが付いていませんね。

※クラッチスタートシステムとは、エンジン始動前にクラッチを床までしっかり踏み込み、クラッチをエンジンから切り離した状態でないと、スターターが動作せずエンジンを始動する事が出来ないロック機構の事。

日本では1999年(平成11年)7月からトラック等の一部の例外を除いて新車MT車への取り付けが義務付けられている。


ちなみに、例えクラッチスタートシステムが付いていても同様のミスは発生します。何故かと言うと、1速にシフトが入っている状態でクラッチを踏んでエンジンを始動し、頭の中ではNポジションだと思い込んでいるので勢い良くクラッチを話して車が「ガクッと!!」と前に進んでしまうから。
駆動力が足りずにエンストする確立の方が高いのだが車種によってはそのまま発進してしまう可能性はあるので、エンジン始動後にシフトがNポジションである事を確認して、パーキングブレーキを解除する方が、より安全だと思います。

オートマチックトランスミッション搭載の車(ATやCVT車)はシフトレンジをPもしくはNにしていないと、エンジンは始動出来ない機構になっている。
AT車でやってしまうミスの事例は、実はシフトがDレンジなのに、ギアがバック(Rレンジ)に入っていると勘違いして、勢い良くアクセルを踏み込んでコンビニへ豪快に突っ込むという様な、にわかには信じ難い事例が多く発生しているので注意が必要だ。

このクラッチスタートシステムが煩わしくて、わざわざキャンセルするドライバーも多くいるようだが、このような事故が多く発生してしまった為に付けられている安全装置である為、それを解除するのは事故原因を1つ増やしてしまう事になるような…。
もし、これからクラッチスタートシステムを承知で解除しようと思う方は自己責任で、そしてご安全に!

(5arage 乗り物やテクノロジー、気になる情報を発進 2015.3.16)


いやぁ〜、日本の道路を走る車の90%以上はAT車ですから「AT車に乗ってた人が何年かぶりにMT車に乗ったら…。」という事例の話ですね。
普段からMT車に乗ってる人はこんな間抜けなミスはないです。そもそも「エンジン始動に失敗すると」ではなく「クラッチを切らずにエンジンを始動させると」と言えばいいだけの事であって成功とか失敗っていう問題ではないと思うんだけれどもなぁ。なんだか、この記者はMT車に悪意を持って記事を書いてるような…。
最後の「もし、これからクラッチスタートシステムを承知で解除しようと思う方は自己責任で、そしてご安全に!」という、嫌みな言い回しに怒りすら覚えます。

この間抜けな事例の為に、クラッチスタートシステムなんていう過保護機能を設けられ、これまでのMT車の特権であったセルを回して車を移動させる脱出テクニクである危険回避行為が使えなくなった。安全を考える上でどっちが命に関わる重大な事故につながるのか?

更に言わせてもらうと、世界で考えればAT車が普及してるのはアメリカと日本くらいのガラパゴス文化です。それ以外はほとんどの国でMT車が普及しています。AT車が世界で広がらないのは、やはりいろんな面でMT車に軍配が上がるからでしょう。

AT車しか乗れない人やAT車しか乗った事のない人はMT車が難しく危険な乗物のように感じるのかも知れませんが、MT車を体の一部のように扱えるようになった側から言わせてもらうとAT車が危険とか言う感覚ではなく単純に操る操作で意のままに操れないジレンマと戦う事になるのです。AT車でスタートしようとアクセルを踏んでもスタートまでにかかるAT車故の僅かなタイムラグ…。エンジンブレーキが欲しいと思ってアクセルを抜いてもAT車故のエンジンブレーキの効かなさ…。
こういうの事はMT車に乗り馴れてないと分からない事だと思います。

だから、MT車に乗ってる人は、AT車よりもMT車だと声を上げる人が多いのです。AT車に乗ってる人がMT車よりAT車が良いという理由とは次元が全く違うように思います。
上記引用記事の事例はAT車に乗ってる人がMT車に乗れない(満足にMT車を操れない未熟さ)からMT車の事を悪く書いた稚拙な記事に感じてなりません。そんな稚拙なレベルで安全を語らないで欲しいですね。

ちなみに、私がずっとMT車に乗って来て、何十年ぶりかにAT車に乗った時の失敗事例は、信号待ちでPレンジに入れてサイドブレーキを引いて青信号になるのを待ってた時、青に変わってスタートさせる為にDレンジに入れようとしたらシフトロック機能でPからシフトがDレンジに入らなくなってパニックになった事があります。
フットブレーキペダルを踏まなきゃシフトロックの解除にならない事を知らなかったから交差点で立ち往生ですよ。サイドブレーキをかけてるからフットブレーキなんか踏む必要なんてないじゃないですか。Dレンジに入れてサイドブレーキを解除しようと思ってたのにシフトが動かないからAT車ってなんて危険な乗物なんだって思いましたよ。(笑)

MT車のエンジン始動の失敗事例は熟練度によるもので、私がAT車で失敗したシフトロックの例と何ら変わりませんよ。だけど、私はこれがAT車だから危険だって思ってないです。不慣れな事によって失敗する事はどんな安全なものにも付きものですから。事実、それ以降はその失敗を教訓に学習し2度と同じ失敗はしてません。学習すりゃ良いのです。

でも、クラッチスタートシステムが原因でセルを回して車を移動させるという危険回避が出来ない事は学習云々ではありませんからね。稚拙故に分かりやすい危険にしか目が届かず、隠れた危険に気が付いてない事も多いのではないかな?って私は思うのですが…。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3522-42050480

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。