2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味の世界に毛が生えた程度のプロ

宮崎アニメの主役級キャラの声優に一部例外はあるがプロの声優さんはいない。
何年か前に、宮崎駿氏が「プロの声優は使いたくない」と自身の作品にプロの声優さん以外の役者さんを積極的に起用する事に対して私は凄く疑問を感じていました。

何故、プロを使わず素人に任せるのか?
あれから数年が経った今、私は宮崎駿氏の意図が強く理解出来るようになりました。プロの声優さんの多くがプロであるが故の業界ルールと言うか法則がリアルな喋り方とかけ離れてわざとらしくなってる事に麻痺して気づいていない。
プロの声優達は業界内の暗黙の了解として、その麻痺した感覚が声優として正しい事と信じて疑っていない。

例えば、オタク系界隈で人気のある?萌々系の美少女JKの声…舌っ足らずな甘えたような声がプロの声優界では当たり前となってるのかも知れないが、実際のJKにそんな声や喋り方してる人を見た事がない。現実の人物からうんとかけ離れた人物の声となってしまってる。だけど、プロの声優さんはその事に対して麻痺してるから疑問に感じる事すら無いのです。

宮崎駿氏はそんなプロの声優さんが使う声優喋りが嫌いでリアルな話口調を求めて声優のプロではない役者さんを起用してるのだと思います。

しかし、悲しいかな…、プロの声優でないから下手な面もあるんだなぁ。「下手」と「現実離れ」を天秤に掛けた時、現実離れよりまだ下手である方がマシと言う事なのでしょう。声優の世界にも、趣味の世界に毛が生えた程度のプロが多いと言う現実なのかなとプロのあり方に考えさせられました。。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3519-04bebd78

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。