2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

何処からダメなのか曖昧なルールの取り締まり

自転車ルールを解説 歩行者にベルを鳴らすことや傘さすのはNG(外部リンク)-ライブドアニュース
1日に改正道路交通法が施行され、取り締まりが強化された自転車ルール
ベルを歩行者に鳴らして、後ろから追い抜くことは、ルール違反となる
なお、傘をさして運転することは、「安全運転義務違反」になってしまう。
(※女性セブン2015年6月18日)


自動車でもクラクションを無闇にならす事は違反ですから当然自転車のベルもクラクションに値しますから同じ違反が適用されます。自転車は軽車両でありますが基本的には車両と同ルールが適用されます。改正された道交法が施行されたと言っても自転車のルールは以前から変わっておらず取り締まり強化されただけに過ぎません。

しかし、取り締まりが強化された事で理不尽な取り締まりが横行してるのも事実です。自転車は免許証が必要なく年齢関係なく誰もが乗る事が出来ます。では補助輪が外れたばかりの小さな子供からお年寄りまで誰もがルールを理解して自転車に乗っているかと言えば…、今までがルールを放置してたわけですから一般的には知られていないのが現状です。
取り締まりを強化する前にルールを浸透させる努力をして来たのか?という最も疑問に感じる事もありますが、取り締まり強化で実際の現場で起こる理不尽な取り締まり…。

例えば、交差点の赤信号で停止線を超えて止まっていたから信号無視が適用されてしまったという事例。
このような事は、車でも停止線を超えて止まってる車は多いです。しかし、自転車での取り締まり強化だから、停止線を超えて止まってた車に信号無視のキップを切ったなんて聞いた事もないような事までの取り締まり…。厳密に言えば信号無視に当たるのですが、自転車の強化された取り締まりだから急に厳しく取り締まってるという感は否めません。

だったら、赤信号に変わる前の黄信号で停止線を超えて交差点内に進入してしまったので、【赤信号に変わってしまったけど安全を確認して速やかに交差点内から脱出しました】と更に信号無視して交差点を渡り切るのは道交法のルール上はアリだから当然自転車でもアリなんだなぁ。(笑)

そういうところまで考えての自転車の取り締まり強化なのでしょうか?


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3517-81ae9be2

FC2Ad