2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンサイジングターボ

ダウンサイジング…言い方次第で「負」に考えられていたターボが「正」に変わっちゃうんだよねぇ。
…とは言うもののターボが生まれた元々の時代背景は、オイルショックでパワーの出る大型エンジンに逆風が吹き、小エネの観点から生産が難しくなってきたので、エンジンを燃費の良い小型にしてターボでパワーを補おうという目的で開発普及されたました。だから、ダウンサイジングターボという呼び方は今更感がハンパない。

事実、ダウンサイジングターボと言われてる現在から5年前に遡り、私はこのBlogでその事に言及(当Blog内リンク)しておりました。

今までは同じ排気量同士でターボエンジンとNAエンジンが比べられておりました。例えば、2000ccエンジンのシルビアでターボとNAではどちらが燃費が良いか?そりゃ、こんな比べ方だったらNAが燃費良いに決まってます。当然、ターボは燃費が悪く環境にも良くない「悪の代名詞」みたいな扱いになってしまいます。
それが、今では2000ccエンジンと同じパワーを得る為にエンジンを小さく1500ccにしてパワーをターボで補おうって話です。ターボに関しては何も変わってはいないです。言い方が変わっただけです。基準を何処に置くかという単なる誤魔化しでしかない。

だけど、凄いよね。
言い方1つ・考え方1つで「負」のイメージが「正」のイメージに変わってしまうのですから。人生に応用出来そうですね。嫌な出来事があっても、考え方次第で素晴らしい出来事に変わってしまうかも知れないなぁ〜。




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3516-ea087d4f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。