2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対価

対価

「こんなに高い料金を払いたくない!」世界中のデザイナーに共感される1枚の絵が話題に
上の一枚の絵が全世界のデザイナー達の共感を得ています!

デザイナー :「あなたに頼まれたデザインができましたよ。」
クライアント:「10分で出来る仕事に、どうしてこんなに高い料金を払わないといけないんだ?」
デザイナー :「なぜって、10分で終わらせられるように10年かけて勉強したんですよ。」

なるほど!って感じですよね。
簡単に作っているように見えても、プロの仕事の裏には長い年月をかけた勉強期間が隠れているという事ですね!!
この一枚をみてあなたはどう感じましたか?

(c)FUNDO 凄い動画・画像をお届けするメディア


確かに言いたい事は分からなくもないが…、これだけでは共感出来ないなぁ〜。
10分で描いたデザインの完成度は?そこが蔑ろ。完成度が高ければクライアントは作業時間の事など気にしないのではないかと思うんだなぁ。
修行を10年積んでようが、1年であろうが、支払われる金額は完成度に対しての対価でしょ。

それに伴って下記は、私が日常で感じた…、実際に、私が出会った出来事から…。

【その1】
安さが一番。銭失っても安さが一番。( ´艸`)
兎に角、店側が嫌な顔するくらい値切って負けさせて、お店側は採算合わないから見えないところで採算を合わせようと調整する。その調整方法はどういう調整かは分からないが、確実に言える事は客にとってのプラスではない。
まぁ、それでも安く買ったと納得して満足出来れば本人的には良いのでしょう。そして、そのような人に限って商品の何が良いのか悪いのか分かっていなかったりする。味噌も糞も同じ物にしか見えないのである。
値切って得したように見えても対価と言う関係ではバランスが取れてるのかな。…なんてね。

【その2】
自分から「金を出す」と言っておいて金を出す直前にグチグチ言ってきたので、その申し出を断りました。
グチグチ言うくらいなら「出す」なんて言わなきゃ良いのに…。そして、「出す」と言ったのなら気持ちよく出せぇ!(笑)
まぁ、そういう人に出してもらったら、今後、鬼の首を取ったかのように何時までも恩着せがましく「出してやった(のに)」と言われそうなので断って正解だろうな。( ´艸`)
出してもらったらグチグチも恩着せがましさも対価のうちなのだろうなぁ〜。

【その3】
「ここの店は親の代から利用してるんだ。だから安くしろ!」或いは「何日か前にもここで大きな買い物をした。だから安くてくれないか?」
まぁ、こんな理由で値切ってくる人がいますが、正直、お店側からすれば、親の代からだろうが何日か前に大きな買い物しただろうが、そんな事は関係ないでしょ〜!
何故なら、その都度お金の対価となる商品を提供してるわけだから、その都度プラスマイナス0。対等な関係を保ってるのですよ。
お客が毎度毎度「おつりは要らないよ!」なんて商品代よりも多く料金を支払ってるのなら「今回は安くしてくれ」と言うのは有りかも知れないですが、そういう客に限って毎回値切ってたりするんだよね。
「毎度毎度うちのお店を利用してくれてありがとう。今回はお安くしましょう。」って、これはお店側がする感謝の気持ちです。それを逆手に強要するのはどうなんだ?言葉悪いですがユスリやタカリと同じではないか。
それが通用してしまうのなら逆に、お店側としては「あなたの親の代から割安料金で商品を提供してやってるんだ!だから定価で買え!」っていうのも有りだよね。(笑)
ちゃんとお金に対するサービスをその都度してるのだから…。
そして、そのような値切り方をする人は、必ずと言っていい程「負けさせた!」と表現します。「負けてもらった!」ではないのです。
「お客様は神様です。」この言葉を履き違えてる人多いですよね。

私は『負けさせる』ではなく『負けてもらえる』人柄になりたいなぁ〜。(笑)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3510-dbd90a8c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。