2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな仕事 好きになった仕事

働くのが怖かった。

15歳だった。私の通っていた高校は自由な校風が"売り"で、制服さえも無かった。生徒手帳には「アルバイトは"推奨しない"」という控えめな言葉が書かれていて、多くの生徒が勉強そっちのけで働いていた。ユニクロを脱ぎ捨てて、ブランドものに着替えるためだ。私が初めてのアルバイト先に選んだのは、幹線道路沿いのイタリア料理店だった。大手のファミレス・チェーンが出資していて、広い駐車場と数えきれないほどのバイト店員を抱えていた。あの日の採用面接のことを、たぶん私は忘れない。

怖かった。

履歴書と生徒手帳をカバンにつめて、面接の30分前にはレストランに到着していた。けれど、開店前の薄暗い店内におののいて、結局ぎりぎりまで近くのコンビニで時間を潰した。
親でも先生でもない、大人。まったく言葉を交わしたことがない大人。そういう大人に見つめられることが怖かった。使いものになるかどうか、判断されるのが怖かった。

何より、「お前なんかいらないよ」と言われることが、怖かった。

私は負けず嫌いなのだと思う。

なにしろ中学生のころの私は、負け知らずだった。テスト前に勉強したことなんて一度もない。必死で頑張って、それでも成績が上がらなかったら、それは"負け"だ。勉強しなくても成績は中の上を維持できたし、敗北を味わうぐらいならその位置で満足できた。
高校も、わざとレベルを下げて受験した。体育の成績は絶望的に悪かったけれど、音楽や美術なら誰にも負けなかった。校庭や体育館を走りまわる男子生徒を、(脳筋なやつらw)と胸の底でバカにしていた。
最初から勝負を降りているのだから、負けなくて当然だ。
そんな私が15歳になり、アルバイトを始めることになった。お小遣いを稼ぐためには、採用面接という勝負を避けられない。そして愕然としたのだ。我が身をかえりみれば、自分の手の中にあるのは子供じみたプライドだけだった。カネを受け取るに足る"能力"を何一つ持っていなかった。

たとえばスーパーのレジで、サイフがすっからかんだと気づいたときの絶望感。あるいはツタヤで、借りたいDVDがすべて貸出し中だったときの虚無感。それらを1000倍に濃縮したような感覚に打ちのめされて、私はレストランの前で立ちすくんだ。

15歳の私は子供で、無力だった。

初めての採用面接は、それを私に気づかせた。自分に"できないこと"をリストアップすれば切りがないのに、"できること"のリストは2、3行で終わってしまう。小学校で"子供の権利条約"などというものを教わり、子供は社会の一員だと学んだ。けれど実際には、自分は社会に関わったことなどただの一度も無かったのだ。自分の幼さに気づき、恥ずかしさで消えてしまいたくなった。

働いたら、自分の無力さと向き合うことになるのではないか。働いたら、自分がこの世界にとって無価値だと気づかされるのではないか。たかがファミレスのアルバイトでも、15歳の人間に再考をせまるには充分だった。働くのが、怖かった。
いつまでもレストランの前で突っ立っていられない。こつこつと貯めていたお年玉は底をつき、アニエス・ベーの新作を手に入れるにはアルバイトは不可避だった。物欲は恐怖を超克した。私は身を縮めながら自動ドアをくぐり、薄暗い店内に足を踏み入れた。

結論からいえば、あっさりと採用された。

私を出迎えたのは40がらみの男で、この店のマネージャーだと名乗った。チェックリストのようなものを手に、次々と質問を投げかけてきたけれど、どれもイエスかノーかで答えられるほど簡単だった。最後に給料の振込先の口座を書かされて、謎の書類に印を押して、面接はあっという間に終わった。(学校の健康診断だって、もっと丁寧に話を聞くぞ?)と思いつつ、私はホッと胸をなでおろした。

高校生のアルバイトなんて、いわば使い捨ての弾だ。『スターウォーズ』に登場するドロイド兵のように、規格に適合する人を集めているだけだ。翌週の土曜日から出勤することを約束して、私は店を出た。前日にあまり食べていなかったせいか、急に空腹を感じた。

     ◆

働くことは、人に自信を与える。

自分が必要とされていることを、この世界で生きていてもいいということを、カネという分かりやすいもので理解できるからだ。仕事があるということは、この世界に自分の居場所があるということだ。羊は草を食み、虎は獲物を捕らえ、ヒトはカネを稼いで生きている。

高校時代の自分にメールを送ることができたなら、もっと色々なアルバイトをしておきなさいと伝えたい。十代ならではの生意気さで大人をバカにしていたけれど、ほんとうは大人のことをよく分かっていなかった。

大学時代の自分にメールを送ることができたなら、早いうちから仕事を見つけなさいと伝えたい。ありきたりな「シューカツ」という商品を消費する立場に甘んじるのではなく、自分から興味のある業界に飛び込んでみなさい、働いてみなさいと伝えたい。大学生ならではの頭でっかちで社会を分かったような顔をしていたけれど、私の知っている社会は針の先ほどの広さしかなかった。

誰にだって、やりたくないことの1つぐらいはある。必要とされたくない場所というものがある。そういう場所で働き続けると、ヒトはいつか死ぬ。肉体的には生き長らえても、心は生きていられない。ただ息をして、食べて、排泄するだけの装置に成り下がる。そんなのはイヤだ。

どうせなら、自分の望む場所で生きていきたい。認めてもらいたい人たちから、必要とされたい。そんな仕事なら怖くもなんともない。

そういう生き方を、しあわせと呼ぶのだ。

(2012年10月12日「デマこい!」より転載)


私はこれまで好きな事を仕事に選び、好きだからこそ良い仕事が出来ると信じてました。そして、好きな仕事を選んでデザインの仕事を20年以上続けてきました。

しかし、数年前から少しだけ考え方に変化が出来ました。好きだからこそ良い仕事が出来るというのは変わらないのですが、仕事を好きである事に好きな事だけを仕事に選ぶ必要はないのだと…。

やりたくない仕事でも出来るようになって自信がつけば「やりがい」が生まれる。「やりがい」が生まれれば仕事が面白くなって、いつしか夢中になれる面白い仕事に変わる。…そう言う事を自分の仕事だけでは食っていけなくなり、いろんな仕事してるうちに気づかされました。

別の仕事を余儀なく探さなくてはならなくなった時、「自分に向いてる仕事は何か…」そんな事考えながら仕事を選り好みしてました。自分では選んでないつもりでも自分に出来そうな事、少しでも経験のあるような仕事を選ぼうとしてたと思います。その時は選り好みしてる自分の姿は全く見えていませんでした。

選り好みしてる暇があれば何でも良いから働いてみろ!と今の私は数年前の自分に言いたい。
選り好みしながらアルバイトを転々としましたけど一番そう感じたのは遊園地の仕事でした。アルバイトを転々と言っても、この歳になってはアルバイトですらそう簡単に採用されません。色々と言っても自分に出来そうな仕事を見つけては面接に行ってましたが、度重なる不採用で追いつめられた私は『短期アルバイト』ならその期間はどうしても手が欲しいのだから、余程の事がなければ不採用になる事はないだろうと短期アルバイトに絞って職探ししました。短期なら仕事内容も簡単だろうし…。雇用期間が終われば、また職探しになるけどたちまちは…。そう思って職種構わず短期のアルバイト探ししたのでした。

そして見つけた仕事は、遊園地の夏休み期間短期アルバイトでした。夏の暑い日、始めた時は嫌で嫌で仕方なかった。慣れない仕事に夏休みの期間が耐えられそうもなく「他に良い仕事はないか」と仕事の休みになれば職探しと面接に行ってました。決まればスグに遊園地を辞めて他に変わってやる。そんな勢いだったと思います。

だけど、良いのか悪いのか他に職が決まらずズルズルと遊園地勤めしてると、次第に扱える乗り物の数が増えてきて、それまで出来てた乗り物の操作の奥深さも知り、更に上の領域の操作を身に付けようと必死になり習得出来ると、次の領域を試すようになり、いつしか仕事が面白くなって他の仕事を探す事を止めてました。

夏休み期間の短期雇用だったはずが、夏休み終了時に契約更新があり続けて働ける事になりました。辞めても良かったが、また職探しするのも大変だし、このまま雇ってもらえれば、とりあえず収入にはなる。気づけば2年も働いていました。最初は辞めたく仕方なかった仕事なのにね。

しかし、遊園地のアルバイトは天候に左右され、お客さんの入りが少ないと早上がりさせられたり、予定外の終日休みになってしまったりで収入面が不安定でした。その為に他に仕事を探し昼は遊園地、夜はラーメン屋と仕事を掛け持ちするようになりました。夜のラーメン屋を選んだのは時給が良かったから。仕事が好きか、出来そうかとか、今までの私の仕事選びとは全く違った選び方です。しかし、Wワークはキツいので、その間にも安定出来る仕事をと職探ししてました。

そして決めたのがリサイクルショップでした。正社員候補で採用されたから。仕事の好き嫌いでは選んでません。正社員…ただそれだけの条件です。計算苦手だしレジなんてした事ないし、お客様の前でレジにもたもたする自分を想像して、これまでの私だったら絶対に選ばない仕事だったでしょう。
しかし、リサイクルショップ社長の陰謀により辞めざるを得なくなり仕事を続けられなくなりました。そこで、また職探しが始まるのですが、その間にも超ド短期の某デパートの祭事でレジ打ちしてみたり…。レジが出来るようになったのはリサイクルショップのお陰です。
今までした事もない仕事に次々と変わってみたが最初はどの仕事も不安でしたが慣れるとなんとか出来るものだし自信がつけば面白くなったのですよ。自分の引き出しが凄く広がってるのを実感します。

そして、現在の仕事は笑っちゃうよ。
郵便局の大々的な募集チラシに「説明会を開きます」とありました。
大々的な募集と言っても福山エリアで30人の募集で各局1〜2人の募集なのです。その説明会はに総勢200人余りが説明を聞きに来てたと思います。しかし、そのうちの1/3は説明を聞いて「自分には出来そうにない」と自ら諦めて去っていました。

正直、私も出来そうにないと思って、その場を去りたかったです。
でも、募集枠は各局で数人だし、これだけ大勢の人がいるから面接を受けても自分が受かるわけはない。自分から去らなくても面接で落とされるだろうし、面接で落とされたら自分で逃げるよりも格好はつくかななんて思い、説明会の後に落とされる事を前提に面接に挑んだのですよ。
そしたら、運悪く?受かっちゃった。…っで、現在に至ってます。それから約半年。仕事も分からず居場所もなかった私に、居場所が出来て、それなりに期待もされて、まだまだ分からない事だらけだけど仕事も増えて楽しくなってます。

ちなみに、デザインの仕事は本当にやりたかった好きな仕事だけが残ってます。やりたかったデザインの仕事だけでは生活は成り立たないので趣味程度ですが充実してます。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3492-a0fa85e3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。