2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

ポン菓子キャラクターが誕生するまで

ポン菓子キャラクターの初校

光の工事をする為に部屋の荷物を片付けてたら、懐かしい物が出て来ました。
ポン菓子屋キャラクターの校正用紙です。沢山描いた落書きのようなサムネイルの中から一番イメージがピッタリしてる物を選び出し、ロゴやマーク共々デザインしました。この段階ではどのように転ぶか分からないので、キャラクターは本当にラフな物で提案してます。
これが、一般的な代理店等の仕事だと最初から完璧な物を求められ、その後地獄のような手直しや変更を求められ寝る時間も無くなってしまうのですよね。限られた予算の中で、そんな無駄な事は出来ません。(笑)

このキャラクターのモチーフは、ポン菓子屋なのでポン菓子の原料となるお米です。お米をキャラクター化しています。最初はお米の稲をイメージして手は稲の葉になってます。でも、稲の葉というよりはトウモロコシの葉っぽくなってしまい、稲穂を抱える普通の手にして欲しいとの要望で変更となりました。
そして、もう一方の手に抱えるのは人参袋に入ったポン菓子ですが、これを普通の袋に変更との事。顔の表情も変更します。ポン菓子を作る機械も追加します。
最初なのでこのぐらいの変更は当たり前です。当たり前ですけど、これを最初から完成に近い状態で作業してたら地獄ですよ。でも、その地獄を代理店は要求して来るのですよね。しかも、散々値切り倒しておいて…。(汗)

ポン菓子キャラクターの再校

そして、出来上がったのがこれです。まだ、ラフ的なイラストです。代理店の仕事だと『こんなんじゃお客様に見せる事が出来ない!』なんて受け取ってもらえないでしょうね。完成に近い状態で見せると、仕事してなくても仕事した風に見えるからそれを求めるのですよね。(参照:絵コンテ(当Blog内リンク)

さて、これで再度確認してもらったわけですが、手に抱えてる稲穂をやめて、帽子に稲穂を飾ろう。更に、袋をかついでるのはサンタクロースっぽいからと言う事で徐々にキャラクターを煮詰めていきます。

ポン菓子キャラクターの再々校

ほぼ出来上がってきましたが、まだまだラフ状態です。代理店の仕事だと完成形に近い仕事で何度も変更させられ、金と労力の割が合わない状態に、この当たりでパワーとモチベーションが低下してグダグダになりやっつけ仕事に変わって来ます。(笑)

さてさて、随分煮詰まってきましたよ。帽子に稲穂を飾ったが前のより、なんだか寂しい感じがするので、やっぱり稲穂を手に抱えちゃおう。…という事になりました。これで、ほぼ打ち合わせが完了しキャラクターの方向性が固まりました。

ポン菓子キャラクターの清書用下描

そして、いよいよ清書です。もう一度、キッチリ下描をしなおして、細部までしっかり描き込んでいきます。いよいよ着色です。

ポン菓子工房コラボ商品

これが完成です。無駄な手直しはしておりません。トータル的な作業時間も短く、仕事内容が予算に見合わないとモチベーションが下がる事もありません。最初にしっかり煮詰めてラフの段階で完成の粋まで話を詰めておりますから後は思いきり清書に力を注げます。
ラフの段階では手に持つ袋が袋しか描かれてなかったので、袋から薄らと透けて見えるポン菓子まで描き込みました。苦痛でも何でもない。むしろ、楽しんで作業が出来てるから、クライアントが想像する以上の仕事が出来ます。これが私の仕事のやり方です。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3417-9c035ce9

FC2Ad