2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

懲りない面々

水槽に入れたら金魚が死んだ…中国産猛毒割り箸の恐怖

日本マクドナルドを脅かした、中国企業による使用期限切れ食肉問題。かねてから、中国産の食材は危険視されてきたが、それ以上に危険なのは中国産の割り箸だという。
「上海のレストランで食事をしていた一般客が、割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁った事から発覚しました。報告を受けた当局が調査の為に割り箸を水槽に入れたら、元気に泳いでいた金魚が、ぷっかり浮かんできたそうです」(通信社中国特派員)
金魚が死んでしまう程の毒性を持つ、恐怖の猛毒割り箸。かの国では、どういった過程で生産されているのだろうか。
「中国産の割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や、見栄えをよくする為の漂白剤等が大量に使われています。しかも、ほとんど洗浄されずに出荷されている為、人体に有害な薬品がこびりついたままなんです」(全国紙経済部記者)
日本における割り箸の年間使用量は250億膳。その97%が中国産という事だから、他人事ではない。

「野菜や食肉といった食料品には、輸入時に検査がありますが、工業製品である割り箸はフリーパス。日本では、"殺人割り箸"が日常的に使用されている危機的状況と言えます」(前同)

かつて中国で弁護士として活動し、現在は日本で通訳をする朱有子氏は、こう警鐘を鳴らす。
「割り箸の生産業者は、個人経営の零細企業が多いので、薬剤の洗浄が不十分だったりする事は大いにありえます。全ての中国製品が危険というわけではないでしょうが、私は一切使用しません」

中国産の"猛毒割り箸"は、世界中に年間800億膳輸出されている。この事態は、もはや"テロ"と言っても過言ではない。

(週刊大衆08月11日号 2014/08/06 06:00)


もー、中国、中国って、いい加減、学習しなさい。同じ繰り返しばかりしてる日本の企業…。

会社で仕事の不平不満等を愚痴として言ってると「変わりもしない他人を変えようと思うから不平不満が出る。自分が変われば自ずと不平不満は無くなる。」という趣旨の話を上司やトップが話し部下に言い聞かせたりするのは、もはやセオリーとなってしまったぐらいポピュラーで何処の企業でも言われてたりする事ですよね。

でね、中国で賞味期限が切れた商品を卸してたとか、農薬が云々、衛生管理が云々…、それぞれに問題が出てくると「中国よちゃんとしろよ〜」と騒ぎ、中国にち変わってもらおうと考える企業は、不平不満等を愚痴として言ってる部下に置き換えられないか?そして、そんな企業の行いが、部下に対して言ってる事と相反してないかなぁ?

このような中国の衛生管理等は今に始まった事じゃく、随分前から問題になり改善出来ずにいるわけで、それこそ中国を変えようとしないで、日本企業である自分達が変われば良いじゃん。

いつまでも変わらない中国に期待して同じ失敗を繰り返し、その都度中国に不平不満を言う企業ってギャグですか?…という事を、中国の企業で何か問題が勃発し日本の企業がダメージを受けた時に、毎回、思うのですがぁ〜。

そして、そんな酷い目を何度もあわされても、また懲りずに安い海外産を使うのねん。また、消費者も同罪です。格安バスとか事故があったらブーブー文句言って、喉元過ぎたら、また格安、格安と格安を選ぶ。安いにしても、高いにしても共に理由があってその価格になってるわけです。その理由を承知で選ぶのも、文句言うのもその人です。
も〜、懲りない面々。(笑)


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3398-01f43b96

FC2Ad