2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

Time is money

タイム イズ マネー

どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか - 原価のある時間
ここ数日、"手に職系"のプロに"無償"で仕事を依頼する事が続けて話題になってます。

「天王寺区広報デザイナー」無償の募集について
大阪市天王寺区役所が「デザインの力で、行政を変える!!」をキーワードに広報デザイナーを募集するも、区ホームページ・広報紙等にて名前を紹介する代わりに"無償で"制作する事が条件だった為、撤回の署名活動が行われている
※これら抗議を受けて大阪市は「学生やアマチュアのボランティア募集」に変更するも、最終的に計画は中止となりました。

好きな人が翻訳を断ってきました
プロの翻訳家に幾度も無料で翻訳をお願いし、「ご依頼は翻訳会社を経由して下さい」と言われるも、知り合いにお金を要求するのはマナー違反と主張する方の相談が炎上。

美容師に「ちょっと軽く切ってくれない?」
ミュージシャンに「新しいCDちょうだいよー」
イラストレーターに「HPのイラスト描いて」…

「友達だから」「ちゃちゃっとテキトーでいいから」等を理由に無償で頼む人はとても多いですが、基本的にはダメです。親しい間柄で、たまたまタイミングが合った時や結婚式等特別な時にはむしろ喜んでやってくれる事も多いですが、その他の場合には承諾してくれたとしても内心あまり良くは思っていないと考えた方がいいです。「友達だからこそ断りにくい」「有償にしてとは言い出しにくい」と、相手を悩ませています。

プロに無償で仕事を頼む人は、"手に職系"の人達が"技術"をお金に変えて生活しているという事を理解出来ていないのだと思います。別の言い方をするなら『金=モノ』としか思えていない。

"技術"を無理やりモノに置き換えて例えると、八百屋さんに「このリンゴ、タダでちょうだい!」とか、「今日の買い物分、全部タダにして」と言っているようなものです。場合によっては、「数日分の買い物をタダにして」位の事もあるかも。文頭の天王寺区役所の場合だと、更に「ここの店はタダでくれるよー!って宣伝してあげるね」という感じでしょうか。

これだけでもちょっと異常なのが想像つくでしょうか?
"技術料"というのは目に見えないので、"気持ち"に換算されがちなんでしょう。でも、実際に換算する時に「近い」のは"時間"です。言うまでもなく、世の中で一番高いのは人件費です。多くの人が"時間"を売って生活しています。そんな中、友達に「時間をタダにしろ」というのがどれほどおかしな事かわかるかと思います。
更に、"手に職系"技術者は一般的な雇用と異なり、時間+αによってその職業が成り立っています。この+αこそが、その人ならではの"技術"。
同じ職種内には、様々な"技術"を持った人が沢山いるのだから、"技術"はその業界内で仕事を得る為の大事なもの。買い手がクオリティ、オリジナリティ、値段等で比較検討するのはモノも"技術"も同じです。
例えば牛丼屋をオープンさせようとする時、吉野家や松屋の価格を参考に考えますよね?もし無料、或いは1杯100円で売ったとしたら、牛丼屋チェーン全体に影響が及び、低価格争いになって自分の首も絞める事になる。赤字にしかならない価格でしか他社と争えないとなったら、業界全体で品質の低下も起こる。儲け度外視で質にこだわって頑張っても、副職のない本職の方なら先ず生活から成り立たなくなってしまいます。その業界で本職のプロとしてやって行きたいなら、尚更価格には気をつけねばならない。"技術"の市場原理も同じです。

プロの"技術"をタダにさせるというのは、その人がその業界で生きていくのに大事なものを軽んじる行為なだけでなく、業界全体にまで影響を及ぼしかねない事なんです。無償や低価格でも引き受ける人がいる事が広まったら、業界内での買い叩きも起こりかねない。だから、あくまで「親しい間柄」で「特別な場合」に「好意」でする場合を除いて、プロの技術者は無償で仕事する事を好まないのです。

またプロだからって、否。プロだからこそ、「ちゃちゃっとテキトーに」なんて出来ないんです。プロとしてのプライド等もありますが、いい加減な物が自分の仕事として広まるのは、その"技術"が売り物だけに避けたいのです。だから好意の無償仕事であっても、殆どの方が有償の仕事と変わらない仕事をしていると思います。

いやいや、だって八百屋さんは仕入れて来てるじゃん!物には原価(仕入れ値)があるんだよ。"技術"はタダでしょ。ちょっとやってくれても良いじゃん!!…という方もいるかもしれませんが、"技術"を習得し、業界で生き続ける為の修練には膨大な時間とお金がかかっています。制作実費や光熱費等の経費以外にも、技術を発揮させる道具(プロ仕様は高額でケアも大変な物が多い)や、それを支える体力、勉強なんかも原価と言えると思います。つまり、プロの技術は"原価のある、時間"でもある。

「親しい間柄」の人が、どの「特別な場合」に、「好意」で、"原価のある、時間"を遣ってくれるか否かはケースバイケース。ま、ここの測り方が一番むずかしいと言えば難しいんですけどね(笑)

*前半にあるリンゴの例え話はデザイナーの友人によるものです。チャットでお互いが過去に受けた狼藉話をしていて、この記事を書こうと思いました。

(2013-02-07 21:52)


やはり、この記事を書いたのは、クリエイティブ系の仕事をしてる人からの話が切っ掛けだったのね。私も過去に同じような嫌な思いを幾度となくしてきましたから。
私は上記記事に書かれてる理由の他に、「好きで絵を描いているのだから、お金の事をゴチャゴチャ言うのは、本当は絵が好きでない証拠。」…とまで言われた事があります。えぇ〜、それを仕事として生計を立ててるのですから好き嫌いとは別次元の話でしょ〜。って感じです。(笑)
じゃぁ、車の運転が好きでタクシーの運転手になったら、お客様からお金を頂いちゃ駄目なのかい?って話になっちゃうじゃん。
言ってきた相手は、友達ではなく全くの赤の他人ですけどね。市の公募に滅茶苦茶低い賞金額で「プロ・アマ問いません」との条件に、プロというところに疑問を感じ一石を投じたら言われました。(^_^;)

また、友達よりも、実際の仕事でクライアントや代理店の人からタダでしてと言われる事の方が遥かに多いです。「ついでにチャチャッとやって。」とか、「予算が取れなかったから別には出せないけどイラストを描いてあげて。」とか、嫌だけど断ると次からの仕事が来なくなることを恐れて条件を呑んでる人が多いのじゃないかな。私は当たり前に請求して、その後、仕事を失った事が何度もあります。

まぁ、『ついで』とか、『予算が取れなかった』と言うのは、一応はデザイン代としてはお金を頂いてるのですが、デザイン代とは別に、後で写真撮影が追加になった場合の写真代とか、イラストを描いて欲しい場合のイラスト代等がそれにあたります。車を買うのだから、ついでにオプション品を全部タダにして。って言うのと同じ感覚かな…。

引用記事中にある『金=モノ』としか思えていないという事も確かに感じます。写真等もデジタルデータになってから、フィルム代や現像、プリント代と言ったお金がかからなくなったので、タダ同然に考えられる人が増えちゃったんだよね。デザインも同じです。版下や写植と言ったものにお金がかからなくなり、訂正もパソコン内で文字を打ち変えれば簡単に変更出来るからタダ同然に思われるし、イラストや写真も著作権フリーの素材集等の影響でタダ同然に思われてる。『金=モノ』としか思えていないからそのような事になってしまうのでしょう。

しかし、写真がデータ化、版下がデータ化しようが、その他、素材集等にしても全てお金がかかってるから、素材集から写真を使う場合でも本来は1点いくらと請求すべき事なのでしょう。そうじゃなきゃ商売は成り立ちません。それをしない業界にも問題があるのだろうと思います。

●関連記事
本当に図々しいったらありゃしない(当Blog内リンク)
タダで引き受けてはならない10の理由(当Blog内リンク)
クラウドソーシング(当Blog内リンク)
デザイナーの仕事(当Blog内リンク)
お金は支払わないけど良いデザインを募集してます(当Blog内リンク)
お金は支払わないけど良いデザインを募集してます2(当Blog内リンク)
売るべき商品が何か分かってるのか?(当Blog内リンク)
質に拘ってます(当Blog内リンク)
イメージ素材集(当Blog内リンク)

うわぁ〜、こうして過去記事を集めてみると結構タダネタ書いてきてるなぁ〜。逆に言えば、それだけこの業界でタダが蔓延してるって事だね。こんなにも蔓延してたら、誰もがタダだと思っても不思議じゃないし、自分だけがお金を支払うのは…って思い、お金を払いたくないクライアントさんが出て来るのは当然の事だろうなぁ。

お金がもらえないと嘆いてるクリエイターの多くも、もしかしたら、その業界で生きていくのに大事なものを軽んじる行為をしているのかも知れません。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3393-39a1d998

FC2Ad