2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働く目的

『すき家』社長の「日本人は3K仕事をやりたがらない」発言にネット民も激怒り!

このところ人手不足で休業する店舗が相次いでいる牛丼チェーン『すき家』。事態は相当深刻らしく一部では時給1,500円でスタッフ募集をかける店舗も現れている。
そんな『すき家』を運営するゼンショーホールディングスの社長のある発言が、読者を“激怒り”させている。
労働者の怒りを燃え上がらせたのは、5月14日付の朝日新聞の記事中で、ゼンショーの小川賢太郎社長が「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)の仕事をやりたがらなくなっている。」と答えた部分。自分の会社の労働環境にも関連する問題のはずなのに、どこか他人事に聞こえるこの発言に対し読者は大反発。

以下、『Twitter』と2ちゃんねるの反応

●自分のところの仕事が3Kだと認めたぞ
●飲食店が汚いと認めるってどうなのよ
●じゃあ“ワンオペ”をお前がやってみろ
●労働に見合う報酬がもらえればやりたがるやつはいるだろ
●吉野家と松屋は運営できているようだが
●待遇と労働環境の問題を日本人論にすり替えるな
●そういう職場環境作ってる自分の無能さを自覚しろよ
●人間をなんだと思っているんだ?
●バイトを奴隷としか思ってないからできる発言
●奴隷からかき集めた700億で食う飯は旨いんだろうな

“ワンオペ”とは、「ワンオペレーション」の略で、店舗を1人だけで回す事。『すき家』はこの“ワンオペ”の時間帯が他の飲食チェーンに比べると特に長いようだ。調理・接客・会計・食器洗いなど、すべての業務を1人でこなさなければならない為に負担が大きく、防犯上の問題もある(事実、牛丼店への強盗事件のうち約85%を『すき家』が占める)。また、後片付けが追いつかずに使用済み食器が山と積まれた不衛生な店内の写真がネットにアップされる等、客からの評判も散々だ。

恐らく本人は一般論として「3K仕事やりたがらない」と述べたつもりかも知れないが、このような自社店舗と労働者の悲惨な状況を正しく認識していれば出てこなかった発言ではないだろうか。よもや自分の会社が“ブラック企業”だとは夢にも思っていないのだろう。資本家・経営者の意識がこれでは、たとえ時給1,500円もらえたとしても、一般の労働者にとっては景気の回復等実感できそうにもない。



すき家のバイトはこんなに大変!元店員のぶっちゃけ裏話

すき家(ゼンショー)のバイトのシフトに穴が空きまくりで営業できない、時給を上げても応募がない、営業停止の末に閉店……そんな事態が起きている。すき家で働くのはどれだけ大変なのか、元バイト(クルーと呼ばれる)たちに聞いてみた。

「すき家のウリでもあるのですが、とにかくメニューが多すぎ。カウンターで一人が頼むのならいいけど、家族連れでにぎわう時間が特に辛い。みんなバラバラに頼むんですよね。牛丼だけでも大変なのにやきとり丼や海鮮丼といった変わり丼もあるし、カレーも……。本当にテンパるんですよね」(27歳・元クルー男性)

それだけなら昔からのすき家のシステムだ。バイトが一斉にやめる引き金となったのは、牛すき鍋定食の登場だったという(現在は終了)。

「鍋は時間かかる上、ほかのお客さまからどんどんオーダーが入る。配置も気を使うし、あれはバイトがボイコットを起こすのも無理はないですね」(同)

店にもよるが、クルーは最低限の人数が配置される。それでも、接客、提供、片付けとやる事が山で、かなりヒィヒィ言わされているようだ。

「おまけにすき家の場合は、他のチェーン店に比べて券売機がない。その作業が減ってくれるだけでどんなに助かるか……。お客さんのなかでもうっかり食べたら会計をせず帰ろうとする人もいるくらいで。こないだ、支払いをせずに出ていったお客さんを追いかけたら『こっちは払うつもりだったんだ』と逆ギレされました。だから下手にお客さんを食い逃げ扱いすることもできず……。」(28歳・元クルー男性)

また、兼ねてから問題視されてきているのは深夜の“ワンオペ”だ。ワンオペレーション、つまり一人で店内を回す事である。注文を受けた後、キッチンに入って盛りつけ、そして提供、会計、片付け、そして報告まで全部一人でこなす。聞いただけでも大変だ。

「いくら深夜だとしても、集客の山場はある。とあるスクランブル交差点の一角にあるお店だったんですが、終電後、流れるように入ってきたときは地獄を感じました。なかなか提供できずにモタモタしていていると深夜のガラの悪い客から罵声を浴びたり、テンパっていて大変なときに酔っ払い客が食い逃げしたりと、散々な思いをたくさんしてきました。おまけに洗い物は後回し。とうとう食器が足りなくなり、仕方ないので水でささっとゆすいだ食器で提供したりしていました」(25歳・元クルー)

「バイトが穴あきまくりなのでエリア店長が担当店舗のシフトを埋めるしかない。正直家に帰る時間はありません。転勤も多く、引越しをするのですが、荷物をあけないまままた転勤になることも少なくありませんでした」(32歳・元社員)

客としてい行く分には、満足度の高いすき家だが、中の人間はそれだけ苦労をさせられていた。長年システムは変わらずにいたが、流石に裏側がこれだけ浮き彫りになった今、働きたいクルーもなかなか出てこない。ゼンショーの今後の対応はいかに? 〈取材・文/日刊SPA!編集部〉

(日刊SPA! 2014年05月16日09時11分)



自身で会社を築き上げて来た経営者は、立ち上げ当初の軌道に乗せるまでの苦しい時期を経験して、その経験を後に、「自分は寝る暇もなく頑張って会社を大きくして来た。」なんて事で、自身の頑張りを比較対象にして従業員に押し付けがちになってしまうものです。

しかし、立ち上げ当初の自身が苦しんで来た事の結果は自身に帰ってくるものですが、従業員は決められた報酬でしかなく苦しんだ結果がダイレクトに自身に跳ね返ってはこないですよね。ここに経営者と従業員の間に大きな溝が生まれるのですよね。

その経営者と従業員の条件の差を考えられず全てを一括りにして、「3K仕事をやりたがらない」って言われたんじゃ、そりゃ従業員というか雇われてる人なら誰だって怒るでしょう。ブラック企業と呼ばれる会社の経営者の多くは自分が頑張って来た事だからと、それを従業員に押し付けてしまう所が問題なのですよね。

従業員の多くは会社の為に働いているのではない。という事を経営者は頭に入れておかなければならないのじゃないかなぁ。従業員は自身の生活や家族の為に働いているのです。そして、その為の頑張りに、オマケとして会社の為になっている。と言う程度に、経営者は考え直す必要があるのではないかなぁ〜?…なんて思います。

それを、従業員の生活等無視して、会社の為を第一優先にしてしまうからおかしな考え方になってしまうのだろうし、従業員等雇われている人との溝が深くなってしまうのだろうと思います。経営者と従業員とでは働く目的が違うというぐらいに考えていた方が無難かもしれないですねぇ。


■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3339-82f96605

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。