2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

ゴースト問題にメスを入れるのか?

堀江氏、またゴースト暴露される。「ホリエモンの本も2冊書いています」佐々木俊尚さんがビジネス書のゴースト事情を語る
3月8日、ホリエモンにもゴーストライターが!?「実際には堀江さんは文章を書いていません」と漫画家佐藤秀峰さんが明かす。…という記事をお伝えしたが、同日ジャーナリストの佐々木俊尚さんが自身のサイトに、書籍のゴーストライターというエコシステム(http://www.pressa.jp/blog/2014/03/post-14.html)という文章を掲載、「経営者本などのビジネス書のゴースト事情」について語った。

フリージャーナリストやフリーライターがゴーストライターとなって編集者や著者と打ち合わせを行い、インタビューなどの取材を重ね、関連書籍を読むなどリサーチも行って執筆し、著者がチェックし本として完成するという制作課程を説明し、あくまでも「著者」本人へのヒヤリングが基になっているので、「著者」の哲学や持論、体験談が原稿のベースになっています。だから著者の考えてもいないような事を勝手に書いているわけではありません。もちろんヒヤリングだけだと分量が埋まらない事も多いし、膨らみが足りないので周辺取材やリサーチは欠かせません。でもこの「膨らみ」の部分がある事だけをもって、「これは『著者』の本ではない」とするのは言い過ぎでしょう。だから私としては、ゴースト本は「著者の書いた本ではない」けれども「著者の本である」とはいえる、というような立ち位置ではないかと思っています。…と語る。そして、ホリエモンこと堀江貴文さんの経営者本も2冊書いています。これは出版社経由じゃなくて、堀江さんから直接、というか当時のライブドア広報経由で依頼がありました。…と、ホリエモンの本も2冊書いた事を明かしている。とはいえ、こちらは堀江さんと一緒にイベントをやったりと「周知の事実」であったようで、ホリエモンも自身の『Twitter』アカウントで佐々木さんがこのブログを更新したという告知にリツイートを行っている。
これに対し、『Twitter』等では「ビジネス書の現状はそうかもしれないが、小説については本人が書いてると思って買った人もいるのでは」といった意見も出ている模様である。小説のゴーストライター疑惑に関してはホリエモンは今のところ言及していないようだが、果たして真相やいかに。

(ガジェット通信 2014年03月08日22時00分)


日本では、芸能界に限らず一般の人達を含め、ちょっと有名人だと崇める傾向にありますよね。普段、アイツはつまらないと言ってる人で、そんなにファンではなくても、目の前に有名人が現れると、お上りさんになって握手を求めたりする光景を耳にしたり、目にしたりします。
そして、その人達は、その有名人の本質を見極めて惚れ込んで騒いでるわけではない。要するに有名であれば何でも良いのです。まぁ、良く言えばブランド思考…。

商売はそんなところにつけ込んでなされているわけですから、ゴーストなんかそこら中に転がっていて当たり前だと思います。ゴーストがダメだとメスを入れるのだったら、有名人に対して本質を見極める目を養わうようにしていかなきゃ意味がないでしょうし、これまでの概念をひっくり返す勢いの改革が必要でしょうね。きっと。

○○も使ってる?って…(当Blog内リンク)ダイエットの広告塔芸能人(当Blog内リンク)…と言った、リンク先記事もゴーストにまつわる内容ですね。「私も愛用してます。」って…嘘つきぃ〜!(笑)

だけど、今までこういう問題には誰もが全く関心を寄せず、佐村河内守氏の事は「けしからん」と感情を剥き出しにして怒ってるわけで、私には正直納得が出来ないのですよ。おそらく多くの方が怒ってるのは「被爆地広島」に対する楽曲とか、「東日本大震災の被災者」に対する楽曲とかで、それがゴースト作曲だった事による被災者の気持ちを踏みにじられた事への怒りがゴースト作曲の問題にすり替えられてるんだろうと思うけど、それとこれとは別問題で考えなければ、今、ゴーストで仕事をしてる人達を含め全てが大変な事になっちゃいますよ。それとも、そういうところを一気に改革しようとでも思って、問題視してるのだろうか?

「本質を見極める目を養わうようにしていかなきゃ意味がない」「これまでの概念をひっくり返す勢いの改革が必要」って私が言ったのは、そういう事からなんですよね。

●関連記事
話題性…(当Blog内リンク)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3297-51eafcba

FC2Ad