2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

技術の日本

システムコンポ

20年ぶりに実家で眠ってたシステムコンポに電源を入れてみました。システムコンポと言ってもレコードプレーヤは針が無く、今となっては針は何処で売ってるのやらで聴けない状態ですし、チューナーは購入したかったがいつしか店頭から消えて無くなり購入出来ずじまいだし、KENWOODのカセットデッキとONKYOのアンプだけが現役です。そして、スピーカーは自作!当時はスピーカーを作るキットなんかも普通に販売されていました。

そんなシステムコンポに電源を入れて聴いてみました。当時、音が悪いなぁ〜と嘆いてた安物のノーマルカセットテープなのに、今の音源よりも音が全然イイ!当時のシステムコンポは高額だった為に一度に全てを買いそろえるなんて私には無理でした。一度に全部は買えないので、ボーナスが出る毎にアンプを買ったり、カセットデッキを買い足したりとボーナス事に1つ1つコツコツ組み上げてきたシステムコンポです。アンプだけで10万円、カセットデッキだけで6〜7万円と、今の音響事情から考えれば高いのなんのって…。アンプだけでも現在のコンポ等、音響製品が何台買えるやら…。今の若い人達に言わせれば『マニぃ〜!(マニアの域に達している)』なんて驚かれるでしょうね。(笑)

でも、当時はその高額な価格が当たり前でしたし、別に音響マニアというわけでもなく、誰もが当たり前に購入してました。そんな環境でしたから、我々消費者は当たり前に耳が肥えてメーカーに求める声も高かったのだろうと思います。その結果、今の製品と比べ物にならない質の良さだったと、今、改めて実感してます。

技術の日本…。これは今思えば当時の言葉ですね。現在の技術は、価格競争等でまず値段ありきで、海外の人件費等の安い場所で生産の拠点が置かれ、純国産というものは無くなり、また、消費者もそこまでの拘りがなくなり、使い捨て感覚で質の高い物を求めなくなってしまった。メーカーもそこまでの技術を必要としなくなったんじゃないかなぁ?海外に肩を並べられ、とても技術の日本とは言え無いと思うなぁ。
そして、海外が技術を付けて日本に並んできたのではなく、日本の技術が衰えて海外に並ばれてしまったようにも感じます。価格競争の末の結末かなぁ〜。…なんて思って見たり…。




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3272-32412efc

FC2Ad