2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

道具

道具って言うのは手足の延長であり人間の一部であるべきだと思うのです。その為に、道具が進化していくら性能が良くなっても、その道具を生かすも殺すも基本は操る人の業でなければならないと思ってます。
今話題?の高価な熊野筆を使って書をしたためても、書を書く人の業が伴わなければ、素晴らしい書は書けませんよね。道具ってそういう物だと思います。

しかし、特にデジタルと言われるようになった近年の道具は、人の手足から切り離され、人とは全くの別物の道具になってしまったように感じます。
例えば、自動車の誤発進抑制装置や衝突防止ブレーキ等、操る人の意に反した機能をする機械であり、それは道具として考えた場合、果たして道具になり得るのか?おそらく、誤発進抑制装置という新たな安全機能の為に失われる安全も有るんじゃないかと思います。
これまで手足の延長線上であった道具は進化と共に操る人の業も共に進化して来たと思えるのだが、これからの道具は進化と共に操る人の業は退化してくるように思います。

今までの道具は良い道具を与えられても、職人の勘という人の業がそれを超えて操る事が求められて来たわけだし、そもそも、改良され更に良くなった道具には、職人の業を邪魔するような、今までの良さが犠牲になる事も無かったと思います。その業が大切にされて来たからこそ、それを超えるような優れた商品がつぎつぎと生まれて来たし、素人も目が肥えて、より良い物を求め相乗効果で成長して来たと思います。以前は素人でもマニアみたいに詳しい人が当たり前にいたと思うのですが、今は、そういう人達がメッキリ減って来たなと感じます。

人の手足から切り離された、これからの道具では、人の業は成長出来ず、同時に、平均点しか出さない道具に、素人も目が肥えず目利きが出来なくなり良い物が何かも分からず、相乗効果で衰退の一途を辿るのではないだろうか?…なぁ〜んて漠然と思うわけさぁ〜。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3267-e32868fa

FC2Ad