FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

とんど

小正月の伝統行事として全国に伝えられる、「とんど」は、
正月の神迎えの依り代(よりしろ)として用いられた
注連飾りや門松などを燃やし、
その炎や煙とともに再び天に歳神を送る行事と
伝えられています。


「とんど」は、古くから伝わる正月明けの伝統行事で、
我が地区では近年は小正月に近い日曜日に開催されています。

その起源には、2つの説があり、遠く室町時代という説と、
江戸時代初期、福山藩主水野勝成が入場するに当たり、
城下の町々が飾りに意匠をこらしたとんどを作り、
練り歩いたことに始まるとされています。


現在広島県内の「とんど」で練り歩くものは、
福山市沼隈町の能登原地区が唯一です。


とても有名になのですが…、

残念ながら今日紹介するのは、わが町の「とんど」。

練り歩きません。
同じ沼隈町で能登原地区の凄く近くなんですけどね~。(^_^;)

とんど

今年の我が地区の「とんど」は、
今までと違って飾り付け頑張ってます。

立派。立派。

飾りに的を使用していますが、これは、

能登原の地名由来となつた、弓の名手能登守教経の故事
ちなんでいるそうです。
うちの地区も、その能登原の影響ですね。

とんど

今年の恵方は、南南東。

「とんど」に火がつけられ、燃え上がると同時に綱を引き、
恵方の南南東に倒します。
写真では倒れる瞬間を撮ろうとしたのですが、
かろうじて倒れる瞬間(まだ地面に付いてない)を激写!

とんど:ファイヤー

その後、炎は勢い良く燃え上がり、
お神酒を頂いて炎が落ち着くのを待ちます。

とんど

正月の書き初めなど燃やして
燃えた灰が高く上がれば上手くなるとか、
燃えた灰を額に塗れば風邪を引かないとか言われますが、
今年は立ってた位置が良かったのか

思いきり灰をかぶってしまった。

という事は、
今年は健康に過ごせるのか…。
健康に過ごせたらいいなぁ~。(希望)

とんど:餅焼き

炎が落ち着いたら、鏡餅を焼いて帰りました。





FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/325-93bf3497