2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

危険が分からなければ安全はやって来ない

集団登校をしていた小学生の列に乗用車が突っ込んだ事故

18歳の少年は、きっと一旦停止後、急発進でリヤタイヤをホイールスピンさせテールスライドを誘発させようとしたのでしょうね。しかし、思いのほか滑り過ぎた為に慌ててアクセル抜いたのでしょう。その為にグリップを失い滑ってた後輪が、急激にグリップ力が回復してしまい、カウンターを当てていた逆の方向に吹っ飛んでしまったのだろうと思います。そして、運悪く、そこには小学生の列があった…。
滑り過ぎたと思った時に、そのままアクセルを抜かず踏み続けていたのなら車はスピンして、小学生の列とは逆の最初にぶつかったガードレールに180度向きを変えて貼り付いていたと思います。そして、小学生が悲劇にあう事は無かったでしょうね。

なぜ暴走事故が繰り返されるのか?…こんな見出しや、「今までの悲惨な事故の教訓が全く生かされていない。本当にショックだ。」なんていう人々の声が上がるのは、昨日9/24日朝、京都府八幡市の府道で、歩道の小学生の列に同市内の少年(18)運転の乗用車が突っ込み、5人が重軽傷を負った事故の話題です。事故の内容については新聞やTVニュース、ワイドショー等に取り上げられ大きな話題となってますので省略しますが、「なぜ暴走事故が繰り返されるのか?」と言われても…、それは、多くの人が本気で安全って事を考えていないからじゃないのか?って私は思うのですが…。

ネットニュース等の一般からのコメントやワイドショー等コメンテーターの話、また事故現場から地元の方の声等、誰もが事故を起こした18歳の少年が悪いと、当たり前に少年を悪く言って最もらしい話をしています。
勿論、交通ルールや法規を無視して暴走した少年が悪いのは分かり切った事です。だけど、誰一人として、18歳の少年が暴走に至った経緯を分析し、その心理から理解しようとする者は出て来ません。

少年は一見、大人しい感じで暴走族のような悪人ではなく純粋に車が好きな少年ってところがミソだと思います。正直言うと、私の若い頃にソックリかもって思っちゃったんだよね。
私は、たまたま事故をする事なく現在に至ってますけど、私が若い頃はドリフトにも興味あったし、自分もそのようなテクニックを身に付けたいと思ってました。大きな声じゃ言えませんが、雨の日や滑りやすい路面環境にある時、不用意にアクセルを吹かし、急加速しテールスライドを誘発させ、リヤが流れる感触を楽しんでた事もありました。事故を起こした18歳の少年と何ら変わらない行為です。

勿論、私だってそれが危険な事というのは言葉では知ってました。しかし、そういう事をしてたという事は本当の意味で危険を理解出来ていたのかは疑問です。知識は先行してましたからね。リヤが滑ればカウンターを当てて、スライドをコントロールすれば良い。コントロール出来れば危険は少ないだろう。「危険は少ない=ほぼ安全」っていう図式が成立しちゃうのですよ。

車好きって奴は、ドリフトにしても何にしても車をコントロールするという技を極めたくなるというか、その技に近付きたくって試してみたくなる者なのですよ。
車を抜きにして、皆さん、それぞれ好きなスポーツに置き換えて考えてみても良いでしょう。サッカーが好きな人とかは、一度は派手なアクロバティックなオーバーヘッドキックを決めてみたいとか、機会があればチャレンジしてみたいとか、そういう気持ちは必ず何処かにあると思います。車が好きな奴もそのような技と同じ感覚で試してみたいものなのですよ。

そういう話をすると、モータースポーツがやりたいのならサーキットへ行け!なんて言う人が出て来るのだけど、それって、「サッカーがやりたいならサッカーの競技場に行け!野球がやりたいなら球場に行け!」って言ってるようなもので、素人から見ると滅茶苦茶敷居が高く感じるものなのです。サーキットを走ってみたい…そんな気持ちは若い頃からあったけど、お金もかかるし、ヤッパリ何より車好きには聖地みたいなものだから恐れ多い、そういう気持ち、私は理解出来るなぁ〜。
サーキットに行けば既にドリフトとか出来る上手い人が居る場所って感じで、これからテールスライド等初歩的な事を試そうとする人には上手い人の邪魔をしそうで、サーキットデビューする前には初歩的な事は全てマスターしなければダメなような気がして…という気持ちが凄く強いと思います。
私がミニサーキットや草ジムカーナなどの走行会に参加するようになったのも、ある程度の年齢を迎えてからですもん。

スクールゾーンで宙を7mも飛ぶ程アクセル踏む事自体理解に苦しむ。車とかに興味のない人からすると普通の反応だと思うのは私だけ?


とある場所でこのようなコメントを目にしました。一般的にはこのように思われる方が当たり前だと思うし普通の反応だろうと思います。
では、車とかに興味のない人の普通の反応である「宙を7mも飛ぶ程アクセル踏む事自体理解に苦しむ。」って事だけど、時速何kmで7mも宙を舞ったと思われてるのでしょうか?…というのが私の疑問です。
きっと、一般的な人の考えだと100km/h以上出てたんじゃないかって思われてるのかな?って私は思うのですけど、条件が重なれば40〜50km/hで7mなんて軽く飛んじゃうよ。なぎ倒された歩道とのガード柵がジャンプ台になってたとしたら、30km/hでも飛んじゃうよ。
安全を軽く口にする人は多いけど、そこまで本気で安全を考えて、助言してる人はどのくらいいるのか?無責任に言葉を発する人達ばかりじゃないか。
そんなので、事故は減るわけないし、また、安全を口にする人だって、本当の意味で何が危険で何が安全なのか理解出来てる人は少ないと思います。安全だと思い込み、知らずに危険な事してる人も多いと思います。

18歳の少年を悪く言う事は誰だって出来ますし、勿論、少年が悪いというのは分かり切った事。じゃぁ、どうすればそういう事故がなくせるのか?
私の考えでは、テールスライドさせたらどんな挙動を示すのか?本当の危険を知り、安全に繋げる為に自動車の教習所等で免許証を取得する前に体験させるべきだろうと思います。ドリフトやテールスライドは経験した事のない未知の世界だから、車好きにとってはそれらの挙動がどんなものか知りたいし、自分でコントロールしてみたい欲求があるのだから、安全な場所でしっかりさせれば良いのです。滑る事を経験しすれば、一般道でそれをするとどうなるか想像は容易に出来るし、それ以上に安全に対し凄くシビアになりますよ。
警察が主催でそう言う場を設けても良いでしょう。しかし、警察も決まりきった当たり前の事しかしないし、取り締まる事しか脳がない。本気で安全を求めてるのか?と私には疑問でならないです。


●関連記事
モータースポーツのすすめ(当Blog内リンク)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3175-d511469c

FC2Ad