2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

村社会

実りの秋~里山の風景~

田舎での「村八分」は死を意味する

山口放火殺人事件で動機として語られる「村八分」。さまざまな理由で村八分にされ、村で孤立してしまうと、一体どうなるのか?

◆ライフラインが全停止!村八分は死を意味する。
近所付き合いがなくなるだけで生活自体は出来るのでは?…と思うのは都市生活者の甘い考えだ。「田舎暮らしで孤立するという事は、インフラを失うという事。」と言うのは、脱サラ後に陶芸ギャラリーを造るべく長野県の某村に移住したHさん(47歳)。
集落の村民と折り合いが合わずに孤立し、自治会にも入らなかったが、今ではそのことを後悔している。「付近はバスすら通っていないので完全に自動車依存社会。だけど近くにただ1つある民間車検場の経営者が自治会役員経験者で、ウチの車を車検に出したら『代車はねえよ』と言われた。田舎ではこれが死活問題。代車が出る隣町の店(車で1時間以上)まで車検に行くか、自家用車を2台所有するしかない。」

更に移住後1年が経ち、今度は道路問題で苦難に直面した。「僕の家に続く道が、雨の度に泥で埋まって、車で入ると抜け出せなくなるんです。何度もJAFを呼びましたが到着まで2時間待ち。道路を直したくても出来ない事情があるんです。」
実はこの道、Hさんの自宅に向かう以外はほぼ誰も使わない。村民は組合で定期的に道の草刈りやメンテナンスをするが、村八分にされたHさんだけが使う道は勿論放置されたまま。道が泥で埋まるのは勾配の加減だが、他の村人の道路は全員で泥かきをしているのでHさんのようにはならない。

(日刊SPA! 2013年09月16日 09時09分)


ネットニュースに、こんな村八分の話題がありました。そして、その話題に対してコメントを寄せている方々の多くがアンチ田舎的なコメントでした。

ニュースに対してのコメント!
●年をとってからの田舎暮らしはやめたほうがいいと思います。たまに遊びに行くからいいのであって、暮らすのは…。
●残念ながら田舎ではいまだに野蛮人が存在しているのが現状だ。
●長野に限らず、田舎もんなんざこの程度のレベル。のんびりと田舎暮らしとか幻想だから。
●一人の自立した人間として生きたいのならば、ある程度の都会に住むしか無い。


私はこのコメントに対して否定はしませんが肯定でもありません。「田舎暮らしはやめたほうがいい」「田舎ではいまだに野蛮人が存在しているのが現状」「のんびりと田舎暮らしとか幻想」「ある程度の都会に住むしか無い」
どのコメントも言い換えれば「都会なら問題なし」と言ってるようだけど、私は日本の社会全体が村社会のように思えてなりません。日本の政治や企業等…、全て、グループになると村社会的な閉塞感で支配されてるように感じます。
外部から見ると明らかにおかしな事でもグループの中ならまかり通ってしまうと言う事はよく耳にします。それは田舎とか都会と言う概念ではなく、日本と言う国の根底に村社会の文化があるように感じます。

そう言えば、眼力(当Blog内リンク)という過去記事に「日本の象徴である村社会」ってキーワードを入れて記事を書いてます。(笑)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
カーイラスト用バナー広告

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)

■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3166-407900e7

FC2Ad