2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れるデザイン…?

売れるデザイン

「我が社でデザインさせて頂けますと売り上げが上がりますよ!」とか、「売り上げアップをお考えでしたらデザインからの見直しを考えられてみられたらどうでしょう?」…なんて、商業デザインと売り上げをくっ付けて提案するデザイン会社が多いですけど…、デザインで売り上げが簡単に上がるならデザイン会社が真っ先にウハウハになってますよ。そんな凄いデザインが出来るのだったら、まず、私がそのデザインが欲しいです!(笑)

デザイン会社は売り上げを絡めてデザイン提案してるところが多いのに、不思議な事に「儲かって儲かって嬉しい悲鳴です。」って言ってるデザイン会社なんか見た事がないです。そもそも、売り上げUPとデザインの効果とは別物なのに、デザイン会社が仕事欲しさに無理矢理売り上げUPと結びつけて、デザインで売り上げUPという嘘情報を蔓延させてしまって、デザインというものがあらぬ方向に向かってしまったのが、現在の日本国内でのデザインではないかと私は考えます。
その為に、海外のデザインと日本のデザインを比べてみると、その差は歴然で日本のデザインはデザインとお世辞にも言えないレベルの低いものばかり…。そりゃそうだ、デザインの目的を見失って出来もしない売り上げUPを実現すべく無駄な努力をしているのですから…。

「aidma(アイドマ)の法則」&「aisceas(アイシーズ)の法則」

デザインで売り上げをUPするには、「aidma(アイドマ)の法則」最近では「aisceas(アイシーズ)の法則」がどうのとか、アイキャッチからヘッドコピーへの視覚誘導がどうのとか、デザインにまつわる法則はいろいろあり、無論、デザイナーはそのような法則を念頭に入れてデザインに取り組んでいくのですが、所詮は机上論に過ぎません。
広告を見るのはエンドユーザー(消費者)だから、「エンドユーザーの気持ちにたって、云々…」なんて口では言いつつも、デザイン料を支払うのはお店側であるクライアント様です。結局はクライアント様の言いなりになってデザインがあらぬ方向に向かったものばかりになってしまう。

そして、クライアント様からは「売り上げが上がらないじゃないか?」と文句を言われ、エンドユーザーには何も響かないという誰の為にもならないデザインが蔓延していくのです。それが日本の「デザインレベルの低さ」という事に繋がってるのです。

そもそも、デザインで売り上げなんかUPしないし…。売り上げUPをデザインに求める他力本願がそもそもの間違いだって事に気付いて欲しい。

朝起きて会社に出社する前の朝の時間。新聞に目を通し、同時に折り込まれてる広告にも目を通し…、その時の自分は、誰もがエンドユーザーの立ち場じゃないかな?
折り込まれてる広告の多くは、いずれも、デザイナーが「売り上げをUP」を狙って、様々な法則を用いてデザインされてるであろう物なのに、自分が興味ある物(広告)にしか目をとめないでしょ。興味の無い広告は全く目を通さずスルーです。いくら目につきやすいようにアイキャッチを考え、そこから分かりやすく内容を伝える為の視覚誘導が考えられていても、興味が無ければスルーです。

それなのに、商業デザインで出来もしない売り上げUPを一番の目標に掲げてると、興味の無い人に対して如何に目を止めさせるか?という無駄な努力に走ってしまうのです。
広告等の商業デザインは興味の無い人に対してではなく、興味のある人に対して、如何に食い付いてもらえるか?という事を考えなければならないと思うし、その為の「aidma(アイドマ)の法則」であったり、視覚誘導であったりするわけです。

結局、デザインの目的は、興味のある人に向けてデザインをしなきゃならないわけで、デザイナーは興味のある人の上をいかなければ本当の意味でのデザインは出来ないのです。にわか知識だけではどうにもならない。ましてや、デザイン会社や事務所に缶詰になってたんじゃ、興味のある人の知識や行動力を超える事は出来ない。そんなデザイナーがデザインしても興味のある人はなびくわけが無い。

そう考えると何でもござれの万能なデザイナーなんて居るわけが無いし、「職業じゃなければ、ただのオタクだな。…と言えるくらい自分が得意とする分野」で勝負するしか無いのかなとも思います。逆に言えば、「職業じゃなければ、ただのオタクだな。…と言えるくらい自分が得意とする分野」の無いデザイナーは、デザインが出来ないって事になってしまうかもね。

●関連記事
売れるデザイン?売れる広告?(当blog内リンク)
売れるデザインの矛盾(当blog内リンク)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3152-ace4c221

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。