2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

リスペクト

ジブリ映画ポスター

先日「風立ちぬ」を観に行った時、映画館に歴代ジブリ映画のポスターが貼ってありました。映画の始まる時間を待つ間、じっくりとポスターを眺めてたのですが、そう言えば、「ジブリ映画ってプロの声優さんを使わないなぁ〜。」って感じました。

今回の「風立ちぬ」でも、主役、堀越二郎の声をアニメ映画監督の庵野秀明氏が担当ですもんね。声優としてはド素人ですよ。しかし、監督の宮崎駿氏は自分なりの拘りがあって、プロの声優の媚びた演技が嫌いなのだそうです。下手でも良いからプロの業界に毒されていない自然な演技を求めてるのだとか…。

ん〜、何となく分かるような気がします。基本的にはプロを使う事が良いのだろうけど、私の中にも日本でのプロ社会って本当にプロなのだろうか?という疑問が常に付きまとっています。これは私が声優の世界に限らず全てにおいて感じる事です。

プロの声優を目指す人が、自分の目標とするベテランの声優さんをリスペクトして、そのベテラン声優さんの二世みたいに成長してしまう。そのようにして、気が付けばプロの世界にコピー声優さんがゴロゴロしてしまってどの人を選んでも同じような表現の演技しか出来なくなる。そのような凝り固まった世界のプロを使うよりも、素人で良いから自由な表現の出来る人を選ぶ。これが宮崎駿氏の考えです。

私も同じように感じる事はよくあって、アニメや吹き替え映画等を見ていて、声優さんが声のトーンや表現を創り過ぎてると感じる事は多々あります。「日常の中で、そう言う喋り方してる人っているのか?」「そんな奴はいないだろう。」っていう事があり過ぎるのです。声優さんならば、もっと日常の会話とか注意深く観察してみたらどうなの?って言いたくなるシーンが多いです。
「このような物語のこのような世代の女の子はこんな喋り方」みたいにフォーマットがあるのか知らないが、皆同じ喋り方になってたりする。

私が声優の世界に限らず全てにおいて感じる事って先にも言いましたが、皆さんの会社でもないですか?「あの新人さんって○○課長のコピーみたいだな!」って思える人って…。
その人が先輩の振る舞いを見て「格好良いなぁ」って感じたら、その人の行動を真似て自分もその人みたいになろうって振る舞っちゃうの。
しかし、それをやる事で個人の良さが消えて、単なるコピー人間になってしまう。バラエティあるプロ集団なら良いけど、一つの方向に凝り固まってしまうとマイナスです。他にも…ラジオのDJやコンサートでのMC等も喋り方のフォーマットがあるのかと思えるほど、皆同じ喋り方…。

私も現在の声優さんと言うプロ集団には、一つの方向に凝り固まってしまったマイナス面しか感じられなくなってます。プロはもっと幅広い視野で見て、多くの事を観察して自分のプラスにしていかなければダメだと思います。

私も憧れの目標ってあったから、リスペクトしちゃう気持ちは分からなくもないのだけど、何処かでその殻から抜け出さなくてはね。




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3122-0562b4d7

FC2Ad