2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

炎天下のアスファルトで裸足

炎天下

ジリジリと照りつける夏の太陽…。炎天下では遊園地もジリジリと照りつけられ暑くなっております。園内のアスファルトや乗物の椅子等例外無く熱いです。そんな園内を裸足で歩くなんてもってのほか…。まぁ、普通の人は熱くて裸足で歩こうなんて思わないわなぁ〜。

私がスーパーバイキングを担当していた時、とある5人の家族がやって来られました。父親と腕白そうな男の子3兄弟がスーパーバイキングに乗り、母親と2歳ぐらいの子はベンチで、その様子を見てました。
スーパーバイキング、スタート前の安全バーを降ろして確認作業をしてると、2歳ぐらいの子が父親のいない事に寂しがったのか泣きわめきながら、歩いてスーパーバイキングの入口までやって来るではないか。そして、その子の足下を見ると、ナント裸足…。

私は驚きました。アスファルの上だけど、大人の私でも熱くて素足で歩く事は出来ません。更に、その子はスーパーバイキングのプラットホームに続く鉄製の階段を上ってくるじゃないですか…。

車のボンネットで目玉焼き

鉄の上はアスファルトどころじゃなく熱いです。写真は車のボンネットですが、目玉焼きが出来るくらい熱せられています。プラットホームに続く鉄製の階段も同じ状況だろうと思います。

私は、慌ててその子を抱きかかえ、ベンチに座って寛ぐ母親に、子供を引き取りに来るようお願いしました。すると、母親は機嫌を損ね面倒臭そうに「(プラットホームの)中まで入って行きはせんわぁ〜!」と私に突っかかってくるではないか…。

その母親の言葉で私もカチンと来ましたが、紙一重のところで理性を保ち、「子供が入って来る事を恐れてるのではない!この炎天下でアスファルトや鉄板が焼けて、そのままだと、この子が火傷してしまいます。」って伝えたのです。それでも、面倒臭そうにシブシブ子供を連れにくると言う状態で、この母親の自分勝手な行動に呆れ返ってしまいました。

大人よりも皮膚の薄い幼児…。そんな子が炎天下のアスファルトの上や鉄板の上を素足で歩くとどうなるか?想像の出来ない母親に、パチンコ屋の駐車場で子供を死なせてしまう親の姿が重なってしまいました。まったく、母親に2歳の子供と同じように裸足になってもらって、園内を歩いてもらいたいと思ったです。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3118-a0ee1f7b

FC2Ad