2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

ガラケイ

ガラ軽(ガラパゴス軽自動車)

“ガラケー”の次は“ガラ軽”!? 技術の結晶・軽自動車、世界へ!

【低燃費・スモール技術 海外も視野。】
日本人好みの機能を搭載し、世界標準と異なる通信方式の日本の携帯電話は、独自の生態系を持つガラパゴス諸島になぞらえ、ガラパゴス携帯と呼ばれた。今、このガラケーに代わり、「ガラパゴス自動車」が日本の産業再生のキーワードになろうとしている。小さな車体に沢山の技術が詰まった軽自動車だ。

「一定の制約の下で挑戦したからこそ、技術力は向上した。技術屋から見たら、軽自動車は芸術品だ。」軽を代表するメーカー、スズキの鈴木修会長兼社長が力説する。

軽は自動車税が低く抑えられる等、税制面で優遇される一方、車の大きさを長さ3.4m、幅が1.48m、高さ2m以下、排気量を660cc以下にしなければいけない決まりがある。その中で、如何に顧客に室内空間の広さ、足回りの快適性、安全性を満足させるかを競った歴史が、自動車各社の腕を磨かせた。ホンダの伊東孝紳社長も「軽の技術は今後も上がる」と胸を張る。
一昔前は黄色のナンバーが敬遠された軽も、昨年1年間の国内生産台数は161万5千台で、10年前に比べて23%増加した。乗用車全体の生産に占める割合も18.9%で、同3.7ポイント上昇し、20%も遠くないところまで増えた。価格と乗り心地のバランスは消費者にとって重要な要素だが、国内生産に支えられる軽は、日本全体を覆う産業空洞化とは無縁の国内の景気回復や雇用維持の切り札。「日本のものづくりと雇用を守るために有効な手段」(本田技術研究所の浅木泰昭・主任研究員)だ。

【新興国の主流に】
軽自動車は更にガラパゴスの殻を破り、新たな道を開こうとしている。日本の軽の最大の特長である小型、低燃費技術が、省エネルギー、環境面から世界の注目を集めている為だ。次世代環境車として脚光を浴びる電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)は、「新興国では値段が高すぎる」(トヨタ自動車の内山田竹志会長)ことから、需要は先進国にしかない。
これに対し、低価格の軽は成長市場の新興国で十分に通用する。「日本の独自規格である軽の技術の土俵が世界に広がってきた」と、大手自動車メーカー幹部も期待をかける。インドの国民車の一角を占めるコンパクトカー(小型車)「マルチ800」は、スズキの軽「アルト」がベース。価格は日本円で36万円からで、「丈夫で壊れない」車として人気がある。ダイハツ工業は、同社の軽「ミライース」の低燃費技術を応用した小型車「アイラ」をインドネシアで発売する。ホンダも軽で培った車台(プラットホーム)技術を新興国での小型車開発に応用する方向。日本の軽自動車技術が、新興国の次世代環境車の主流になりつつある。

【売れる高価格帯】
「社会的課題の解決に結びつく事が暮らしに新しい価値をもたらし、経済再生の原動力になる。」安倍晋三首相は、政権の経済政策「アベノミクス」の三本の矢の一つに、成長戦略をテコにした民間力による成長を掲げる。
衝突防止等の安全面も加わり、進化し続ける軽。日産自動車と三菱自動車が共同開発し、6月上旬に発売する新型軽は、ガソリン1L当たり29.2kmという高い燃費性能を実現した。
驚くべきは、中心価格帯が120万円程度で、最低価格でも両社の主力小型車を上回る事だ。アイドリングストップや無段変速機(CVT)も採用し、装備も「軽」の域を越えつつある。ホンダが広い室内空間をアピールし、一昨年に発売した「N BOX」も、中心価格帯が140万円に達する。
三菱自が高価格帯の軽を発売するのは、デフレ下でも景気が持ち直しつつあった平成18年の「i(アイ)」以来。業界関係者は「景気回復の訪れを告げるサイン。デフレ脱却にも貢献できる。」…と期待する。
だが、空洞化阻止の切り札であるはずの軽の海外シフトや高価格路線は、市場の縮小と共に、軽以外の自動車や家電製品等と同じ道をたどるのではないかとの危惧もある。

日本政策投資銀行の島裕技術事業化支援センター長は「消費地生産の流れが強まっており、軽も中長期的に生産拠点の海外移転が進む。日本の厳しい省エネ、安全基準を満たす軽は、海外でも受け入れられる余地が大きいからだ。」と説明する。
同時に、「海外でも売る事で開発費の回収が容易になれば、研究開発が強化され、より性能の良い軽が世の中に出せる。国内でも一層、軽の存在は高まり、国内生産や雇用の維持につながるだろう。」と期待をかける。

(c) 2013 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.



軽自動車が、国内で独自の進化を遂げてきたのは当然の事だと思います。小さな島国のお国柄って事もあるでしょう?逆に、アメリカのような大陸の国ではどうだろう?5000ccだの6000ccだの日本では考えられないような大排気量でバカデカイ乗用車が当たり前のように存在するし…。それは、日本の小さな島国で進化してきた軽自動車と同じで、アメリカの独自進化とも言えるでしょう。アメリカのような大陸の国では日本の逆でなければならなかったのは、それぞれの国の道路事情にもよるでしょう。

アメリカの大陸横断するような場合だと、いくら軽自動車が進化を遂げたと言っても不安だと思うなぁ〜。真っ直ぐ続く道路に見渡す限りの荒野。こんな場所では、やっぱり、アメ車のように大きなボディに大きなエンジンじゃなきゃ安心出来きないと思うなぁ。日本にはそのような状況が無いから、そこまで大きな車は必要なかった。ただ、それだけの話でしょう…。
軽の海外シフトと言っても、結局は日本と同じような道路事情でなければ受け入れられないのだろうと思うし、だから世界を見据えたと言ってもインドとかインドネシアなのだろうし…。

日本と同じように島国のイギリスでは、日本の軽自動車よりも小さなボディを持つ1000ccや1200ccの車って多いですよね。そんな国なら日本の軽自動車は受け入れられそうだなぁ。車なんてもはや贅沢品ではなく、生活に密着した乗物なのですから、その国毎の事情を考えての開発じゃなきゃウケないでしょうね。

なんだか、このニュースって、ガラパゴスの「ガラ〜」を使いたいが為の記事みたいですね。
そして、流行り言葉の乱用の為に、「ガラ軽」という言葉が良い意味で使われてるのか、悪い意味で使われているのかよく分からない…。携帯電話で使われていた「ガラケー」は良い意味で使われる事は無かったと思います。それと同じで軽自動車も…と思いきや…。
何だか、メディアが扱う「ガラ○○」という言葉自体がガラパゴス化してる気がします。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3116-f3f7b04e

FC2Ad