2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

馬鹿ンドー話

レジスタッフ

何なのでしょうね? このイイ話ブームは…。
感動させてやれ!…みたいな魂胆しかないから、話の何処かに必ず矛盾があって、賢い人はスグに見破る事が出来る。しかし「感動した」と共感してる人は非常に多い。日本人はお涙頂戴劇に飢えてるのでしょうか?(汗)

あるレジ打ちの女性

その女性は何をしても続かない人でした。田舎から東京の大学に来て、部活やサークルに入るのは良いのですが、すぐ嫌になって次々と所属を変えていくような人だったのです。
そんな彼女にも、やがて就職の時期がきました。最初、彼女はメーカー系の企業に就職します。ところが仕事が続きません。勤め始めて3ヶ月もしないうちに上司と衝突し、あっという間に辞めてしまいました。

次に選んだ就職先は物流の会社です。しかし入ってみて、自分が予想していた仕事とは違うという理由でやはり半年ほどで辞めてしまいました。次に入った会社は医療事務の仕事でした。しかし、それも「やはりこの仕事じゃない」と言って辞めてしまいました。そうした事を繰り返しているうち、いつしか彼女の履歴書には、入社と退社の経歴がズラッと並ぶようになっていました。すると、そういう内容の履歴書では、正社員に雇ってくれる会社がなくなってきます。ついに彼女は何処へ行っても正社員として採用してもらえなくなりました。だからといって生活のためには働かないわけにはいきません。田舎の両親は早く帰って来いと言ってくれます。しかし、負け犬のようで帰りたくはありません。結局、彼女は派遣会社に登録しました。ところが派遣も勤まりません。すぐに派遣先の社員とトラブルを起こし、嫌な事があればその仕事を辞めてしまうのです。彼女の履歴書には、辞めた派遣先のリストが長々と追加されていきました。

ある日の事です。例によって「自分には合わない」等と言って派遣先を辞めてしまった彼女に、新しい仕事先の紹介が届きました。スーパーでレジを打つ仕事でした。

当時のレジスターは今のように読み取りセンサーに商品をかざせば値段が入力できるレジスターではありません。
値段をいちいちキーボードに打ち込まなくてはならず、多少はタイピングの訓練を必要とする仕事でした。ところが勤めて1週間もするうち、彼女はレジ打ちにあきてきました。ある程度仕事に慣れてきて「私はこんな単純作業の為にいるのではない」と考え始めたのです。…とはいえ、今までさんざん転職を繰り返し、我慢の続かない自分が彼女自身も嫌いになっていました。もっと頑張らなければ、もっと耐えなければダメという事は本人にもわかっていたのです。しかし、どう頑張っても何故か続かないのです。この時、彼女はとりあえず辞表だけ作ってみたものの、決心をつけかねていました。するとそこへお母さんから電話がかかってきました。

「帰っておいでよ…。」受話器の向こうからお母さんのやさしい声が聞こえてきました。これで迷いが吹っ切れました。彼女はアパートを引き払ったらその足で辞表を出し、田舎に戻るつもりで部屋を片付け始めたのです。長い東京生活で、荷物の量はかなりのものです。あれこれ段ボールに詰めていると、机の引き出しの奥から1冊のノートが出てきました。小さい頃に書きつづった大切な日記でした。なくなって探していたものでした。

パラパラとめくっているうち、彼女は「私はピアニストになりたい」と書かれているページを発見したのです。そう。彼女の高校時代の夢です。「そうだ。あの頃、私はピアニストになりたくて練習をがんばっていたんだ…。」彼女は思い出しました。何故かピアノの稽古だけは長く続いていたのです。しかし、いつの間にかピアニストになる夢は諦めていました。

彼女は心から夢を追いかけていた自分を思い出し、日記を見つめたまま、本当に情けなくなりました。「あんなに希望に燃えていた自分が今はどうだろうか。履歴書には辞めてきた会社がいくつも並ぶだけ。自分が悪いのはわかっているけど、なんて情けないんだろう。そして私は、また今の仕事から逃げようとしている…。」

そして彼女は日記を閉じ、泣きながらお母さんにこう電話したのです。「お母さん。私、もう少しここで頑張る。」彼女は用意していた辞表を破り、翌日もあの単調なレジ打ちの仕事をする為に、スーパーへ出勤していきました。ところが、「2、3日でいいから」と頑張っていた彼女に、ふとある考えが浮かびます。「私は昔、ピアノの練習中に何度も何度も弾き間違えたけど、繰り返し弾いているうちに、どのキーがどこにあるかを指が覚えていた。そうなったら鍵盤を見ずに楽譜を見るだけで弾けるようになった。」

彼女は昔を思い出し、心に決めたのです。「そうだ。私は私流にレジ打ちを極めてみよう」と。レジは商品毎に打つボタンが沢山あります。彼女はまずそれらの配置をすべて頭に叩込む事にしました。覚え込んだら、後は打つ練習です。彼女はピアノを弾くような気持ちでレジを打ち始めました。

そして数日のうちに、もの凄いスピードでレジが打てるようになったのです。すると不思議な事に、これまでレジのボタンだけ見ていた彼女が、今まで見もしなかったところへ目がいくようになったのです。最初に目に映ったのはお客さんの様子でした。「ああ、あのお客さん、昨日も来ていたな。」「丁度この時間になったら子ども連れで来るんだ」とか、色々な事が見えるようになったのです。それは彼女のひそかな楽しみにもなりました。

相変わらず指はピアニストのように、ボタンの上を飛び交います。そうして色々なお客さんを見ているうちに、今度はお客さんの行動パターンや癖に気づいていくのです。「この人は安売りのものを中心に買う」とか「この人はいつも店が閉まる間際に来る」とか「この人は高いものしか買わない」とかがわかるのです。

そんなある日、いつも期限切れ間近の安い物ばかり買うおばあちゃんが、5,000円もするお頭付きの立派な鯛をカゴに入れてレジへ持ってきたのです。彼女はビックリして、思わずおばあちゃんに話しかけました。「今日は何か良い事があったんですか?」おばあちゃんは彼女ににっこりと顔を向けて言いました。「孫がね、水泳の賞を取ったんだよ。今日はそのお祝いなんだよ。いいだろう、この鯛。」と話すのです。

「いいですね。おめでとうございます」嬉しくなった彼女の口から、自然に祝福の言葉が飛び出しました。お客さんとコミュニケーションをとる事が楽しくなったのは、これが切っ掛けでした。いつしか彼女はレジに来るお客さんの顔をすっかり覚えてしまい、名前まで一致するようになりました。「○○さん、今日はこのチョコレートですか。でも今日はあちらにもっと安いチョコレートが出てますよ。」「今日はマグロよりカツオのほうがいいわよ。」等と言ってあげるようになったのです。

レジに並んでいたお客さんも応えます。「良い事言ってくれたわ。今から換えてくるわ。」そう言ってコミュニケーションをとり始めたのです。彼女は、だんだんこの仕事が楽しくなってきました。

そんなある日の事でした。「今日は凄く忙しい」と思いながら、彼女はいつものようにお客さんとの会話を楽しみつつレジを打っていました。すると、店内放送が響きました。「本日は大変混み合いまして大変申し訳ございません。どうぞ空いているレジにお回りください」

ところが、わずかな間をおいて、また放送が入ります。「本日は混み合いまして大変申し訳ありません。重ねて申し上げますが、どうぞ空いているレジのほうへお回りください。」そして3回目。同じ放送が聞こえてきた時に、初めて彼女はおかしいと気づき、周りを見渡して驚きました。

どうしたことか5つのレジが全部空いているのに、お客さんは自分のレジにしか並んでいなかったのです。店長があわてて駆け寄ってきます。そしてお客さんに「どうぞ空いているあちらのレジへお回りください」と言った、その時です。

お客さんは店長に言いました。「放っておいてちょうだい。私はここへ買い物に来てるんじゃない。あの人としゃべりに来てるんだ。だからこのレジじゃないと嫌なんだ。」その瞬間、レジ打ちの女性はワッと泣き崩れました。
お客さんが店長に言いました。「そうそう。私たちはこの人と話をするのが楽しみで来てるんだ。今日の特売はほかのスーパーでもやってるよ。だけど私は、このおねえさんと話をする為にここへ来ているんだ。だからこのレジに並ばせておくれよ。」

彼女はポロポロと泣き崩れたまま、レジを打つ事が出来ませんでした。仕事というのはこれほど素晴らしいものなのだと初めて気づきました。すでに彼女は昔の自分ではなくなっていたのです。それから、彼女はレジの主任になって、新人教育に携わりました。

出典元(木下晴弘著 涙の数だけ大きくなれる!フォレスト出版)


>同じ放送が聞こえてきた時に、初めて彼女はおかしいと気づき、周りを見渡して驚きました。どうしたことか5つのレジが全部空いているのに、お客さんは自分のレジにしか並んでいなかったのです。
私は思う…。レジ打が出来るようになって、お客様の様子や周りの状況が分かるようになった彼女が、他のレジが開いてる事に気がついてなかったのかい?
それに、店内放送がかかる前に他のレジの人が、「こちらへどうぞ!」って、円滑にレジをすすめる為にお客様に声かけしますって…。他のレジスタッフは放送がかかるまでボケーっと1つのレジに並ぶお客様を眺めてただけなのか?こんな矛盾にも気が付けず、単純に感動しましたって言う人多過ぎ…。

子犬セール中

あるペットショップの店頭に「子犬セール中」の札がかけられました。子犬と聞くと、子供はたいそう心をそそられるものです。

しばらくすると案の定、男の子が店に入ってきました。「おじさん、子犬っていくらするの?」「そうだな、30ドルから50ドルってところだね。」男の子はポケットから小銭を取り出して言いました。「僕、2ドルと30セントしかないんだ。でも見せてくれる?」店のオーナーは思わずほほえむと、奥に向かってピーッと口笛を吹きました。
すると、毛がフカフカで丸々と太った子犬が5匹、店員のあとを転がるように出てきたのです。

ところが一匹だけ、足を引きずりながら、一生懸命ついてくる子犬がいるではありませんか。「おじさん、あの子犬はどうしたの?」と男の子は聞きました。「獣医さんに見てもらったら、生まれつき足が悪くて、多分一生治らないって言われたんだよ。」と店のオーナーは答えました。

ところがそれを聞いた男の子の顔が輝き始めたのです。「僕、この子犬がイイ。この子犬を頂戴!」「坊や、よしたほうがいいよ。そりゃあ、もしどうしてもこの子犬が欲しいって言うなら、タダであげるよ。どうせ売れるわけないから」と店のオーナーが言うと、男の子は怒ったように睨みつけました。

「タダでなんかいらないよ。おじさん、子の犬の何処が他の犬と違うって言うの?他の犬と同じ値段で買うよ。今2ドル37セント払って残りは毎月50セントずつ払うから。」その言葉をさえぎるように店のオーナーは言いました。
「だって、この子犬は普通の犬みたいに走ったりジャンプしたりできないから、坊やと一緒に遊べないんだよ。」これを聞くと、男の子は黙ってズボンの裾をまくり上げました。ねじれたように曲がった左足には、大きな金属製のギブスがはめられていました。

男の子は、オーナーを見上げて優しい声で言いました。「きっとこの子犬は、自分の気持ちがわかってくれる友達が欲しいと思うんだ…。」

(心のチキンスープ)


>しばらくすると案の定、男の子が店に入ってきました。「おじさん、子犬っていくらするの?」
店に入って仔犬を見る事も無くいきなり値段を聞くのかい?普通は。仔犬を見てから値段を聞くでしょ〜。「おじさん、この仔犬っていくらするの?」ってね。そして、どの仔犬なのか特定する事なく値段を答えるおかしなおじさん。
それにペットショップで売ってる子犬が30〜50ドルってあり得ないでしょう!日本円にして1ドル100円の単純計算で3,000円〜5,000円。ちなみにペットショップで販売されているリアルな仔犬の値段として最安値で5万円として500ドル。この子が毎月払うという50セントを50円として計算すると、毎月キッチリ払っても5万円払い終わるのに83年もかかります。だから、わざわざ子犬の値段を50ドルというあり得ない設定にして、8年ぐらいで払い終える事が出来るように細工しているのでしょうね。

>店のオーナーは思わずほほえむと、奥に向かってピーッと口笛を吹きました。すると、毛がフカフカで丸々と太った子犬が五匹、店員のあとをころがるように出てきたのです。
店内で野放しの犬?いくらなんでも、店内で野放しはあり得ない…。

>一匹だけ、足を引きずりながら、一生懸命ついてくる子犬がいるではありませんか。
生き物の仔犬とは言えど、お店で販売されている以上は商品です。商品であれば足を引きずるような犬は、商品として不良品扱いとなるでしょうから、まず店頭に並ぶ事は無いです。

命のサイン帳

ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、お父さんが元気なさそうにやってきました。インフォメーションのスタッフが、「いかがいたしましたか?」と聞いたところ、そのお父さんは、「実は今日、子供と一緒に来ました。子供が、ミッキーちゃんだとか、ミニーちゃんだとかのキャラクターにサインをして欲しいと言っていたので、サイン帳を持ってきたんです。子供は、キャラクターを見つけては、1人1人にサインを書いてもらっていました。そして、あと少しでそのサイン帳が全部埋まる、というところで、そのサイン帳を失くしてしまったんです。サイン帳、落し物で届けられていないかと思って来て見たんですが、ありませんか?」と言ったそうです。そのインフォメーションには、サイン帳は届けられていませんでした。

そこで、そのスタッフは、考えられるいろんなところに電話をしてみました。ところが、どこにも届けられていなかったんですね。そこで、そのスタッフは、サイン帳の特徴を詳しく聞いた後、「いつまでご滞在されますか?」と聞いたそうです。

その家族は2泊3日で来ていたので、2日後のお昼には帰らなければならなかったそうです。スタッフはそれを聞いて「それでは、この後、もう少し探してみますので、2日後、お帰りになる前にもう一度こちらにお寄りいただけますか。多分、それまでには見つけられると思います。」と言ったそうです。
そして、お父さんが帰られた後、そのスタッフは更に、細かな部署に電話をかけて聞いてみたり、自分の足で、駐車場や心当たりのある場所に探しに行ったそうです。ところが、やっぱり、どうしても見つからなかった。


もしかしたら、それを拾った人が、「凄い!これみんなのサイン、書いてある。」と喜んで持って行っちゃったのかもしれない。でも、兎に角見つからなかった。
…で、そのスタッフの子は、どうしたかって言うと、結局、そのサイン帳と同じサイン帳を自分で買って、自分の足で、いろんな部署をまわって、キャラクターのサインを全部書いてもらって当日を迎えたそうです。

当日、お父さんがやってきました。多分見つからないんだろうなという気持ちで来たんだと思います。

お父さんは、「どうでしたか?」と聞きました。すると、スタッフの子は、「申し訳ございませんでした。そのサイン帳は見つける事が出来ませんでした。でも、お客様、こちらのサイン帳をお持ち帰り下さい。」と言ったそうです。お父さんがビックリして中を見ると、キャラクターのサインが全部書いてあった。お父さんは、もちろん大喜びして、「ありがとうございます!」と持って帰ったそうです。

…で、この話はまだ終わらないんです。

後日、ディズニーランドにそのお父さんからの、一通の手紙が届きました。
先日は「サイン帳」の件、ありがとうございました。実は、連れて来ていた息子は脳腫瘍で「いつ死んでしまうかわからない」…そんな状態の時でした。息子は物心ついた時から、テレビを見ては、「パパ、ディズニーランドに連れて行ってね」「ディズニーランド行こうね」と、毎日のように言っていました。「もしかしたら、約束を果たせないかもしれない。」…そんな時でした。「どうしても息子をディズニーランドに連れて行ってあげたい。」と思い、命が、あと数日で終わってしまうかも知れないという時に、ムリを承知で、息子をディズニーランドに連れて行きました。その息子が夢にまで見ていた大切な「サイン帳」を落としてしまったのです。

あの、ご用意頂いたサイン帳を息子に渡すと「パパ、あったんだね! パパありがとう!」と言って大喜びしました。そう言いながら息子は数日前に、息を引き取りました。死ぬ直前まで息子はそのサイン帳をながめては、「パパ、ディズニーランド楽しかったね!ありがとう!また、行こうね」と言いながら、サイン帳を胸に抱えたまま、永遠の眠りにつきました。

もし、あなたがあの時、あのサイン帳を用意してくださらなかったら、息子はこんなにも安らかな眠りにはつけなかったと思います。私は、息子は「ディズニーランドの星」になったと思っています。あなたのおかげです。本当にありがとうございました。

その手紙を読んだスタッフは、その場で泣き崩れたそうです。もちろん、その男の子が死んでしまったという悲しみもあったと思いますが、「あの時に精一杯の事をしておいて、本当に良かった。」という、安堵の涙だったのではないでしょうか。

出典元:(矢島 実 涙と感動が幸運を呼ぶ)



>「それでは、この後、もう少し探してみますので、2日後、お帰りになる前にもう一度こちらにお寄りいただけますか。多分、それまでには見つけられると思います。」と言ったそうです。
見つかるかどうかも分からない状態なのに、2日後にわざわざお客様に足を運ばせますかね?
普通なら「2日後に滞在中のホテルに電話いたします。」でしょ〜。そして、見つかったら電話で初めて「お手数ですが、もう一度こちらにお寄りいただけますか?」と案内すると思いますが…。

ディズニーランドの感動ネタはまだまだ沢山あります。

お子様ランチ

東京ディズニーランドにある若い夫婦が訪れました。そしてディズニーランド内のレストランで彼らは「お子様ランチ」を注文したのです。もちろんお子様ランチは9歳以下とメニューにも書いてあります。子供のいないカップルに対してはマニュアルではお断りする種類のものです。 当然の如く、「恐れ入りますが、このメニューにも書いておりますが、お子様ランチはお子様用ですし、大人には少し物足りないかと思われますので・・・」と言うのがマニュアルです。

しかし、アルバイト(キャスト)の青年は、マニュアルから一歩踏み出して尋ねました。「失礼ですが、お子様ランチは誰が食べられるのですか?」「死んだ子供のために注文したくて」と奥さんが応える。「亡くなられた子供さんに!」とキャストは絶句しました。「私たち夫婦には子供がなかなか授かりませんでした。求め続けて求め続けてやっと待望の娘が産まれましたが、身体が弱く一歳の誕生日を待たずに神様のもとに召されたのです。私たち夫婦も泣いて過ごしました。子供の一周忌に、いつかは子供を連れて来ようと話していたディズニーランドに来たのです。そしたら、ゲートのところで渡されたマップに、ここにお子様ランチがあると書いてあったので思い出に…」そう言って夫婦は目を伏せました。

キャストのアルバイトの青年は「そうですか。では、召し上がって下さい」と応じました。そして、「ご家族の皆さま、どうぞこちらの方に」と四人席の家族テーブルに夫婦を移動させ、それから子供用の椅子を一つ用意しました。そして、「子供さんは、ことらに」と、まるで亡くなった子供が生きているかのように小さな椅子に導いたのです。

しばらくして、運ばれてきたのは三人分のお子様ランチでした。キャストは「ご家族でゆっくりお楽しみください」と挨拶して、その場を立ち去りました。若い夫婦は失われた子供との日々を噛みしめながら、お子様ランチを食べました。

このような行為はマニュアル破りの規則違反です。しかし、東京ディズニーランドでは先輩も同僚も彼の行動を咎めません。それどころか彼の行為はディズニーランドでは賞賛されるのです。マニュアルは基本でしかありません。マニュアルを超えるところに感動が潜んでいるのです。

この出来事に感動した若い夫婦は、帰宅後に手紙を書きました。
「お子様ランチを食べながら涙が止まりませんでした。まるで娘が生きているように家族の団欒を味わいました。こんな娘との家族団欒を東京ディズニーランドでさせていただくとは、夢にも思いませんでした。これから、二人で涙を拭いて生きて行きます。また、ニ周忌、三周忌に娘を連れてディズニーランドに必ず行きます。そして、私たちは話し合いました。今度はこの子の妹か弟かをつれてきっと遊びに行きます」と言う手紙が東京ディズニーランドに届きました。

このような感動した内容の手紙が東京ディズニーランドには連日届きます。そして、直ぐに張り出され、コピーされ、舞台裏で出演の準備をするキャストに配られます。舞台裏ではキャストとして働いている多くの男女の若者が共感して泣くそうです。

も、しばらくして先輩が号令を掛けます。「涙はここ(舞台裏)まで、パーク内では涙は禁物。今日も日本中いや世界中の人が、ここディズニーランドに感動を求めて来ています。今日はどんなドラマを誰が創るのかな?それでは、みんな笑顔で準備を!」と。

ミッキーマウスの産みの親ウオルト・ディズニーがディズニーランドに求めたもの、それはお客様が映画の世界に入り込み、一緒に感動を作り上げていくことでした。 だから東京ディズニーランドではお客様をゲスト(共演者)と呼び、従業員をキャスト(出演者)と呼びます。

キャストはいつも感動を探しています。 東京ディズニーランドでは立ち止まって地図を見ていると、キャストが必ず笑顔で寄ってきて「何かお探しですか?」と声をかけてくれる。「ここを探しているんです」と言うと。キャストは「そちらは、ここを真っ直ぐ行かれて、あのヤシの木の右側が、そのエリアです。楽しんで行ってらっしゃい!」と言ってくれます。写 真でも撮ろうものなら掃除担当者の人も寄ってきて「私が撮りましょうか!」と尋ねてくれ「はい、チーズ!」とシャッターを押してくれる。そして「とても素敵な写真が撮れましたよ。行ってらっしゃい。楽しんで!」とまた笑顔で応対してくれる。

人を感動させるところには、人が集まります。そしてそこにお金を落とすのです。またキャストのメンバー自身も、人に喜んでもらえることで自分の存在価値を感じています。だから彼らは自発的なのです。それが生きていることへの確認になります。
誰かに親切にすることで、「ありがとう」や笑顔が返ってくる、それが生きていることの実感につながる。



感動をでっち上げる為に簡単に人を殺してしまうのです。助からない病気であればある程感動に繋がる…。中には感動が出来れば作り話だろうが何でも構わないという人もいます。だけど、私はそれは間違っていると思ってます。

ディズニー話の件である方がコメントされていました。
こういう誰が見るかわからないところに病名を出してはいけません。今、同じ病気で闘病中の子供がいたとして、これを見て「この病気=死」を連想したらどうするんですか?
勇気を与えるどころか逆効果です。大人たちの感動秘話を狙った遊びなのかも知れませんが。配慮が足らないと思います。

全くその通りだと思います。しかし、感動したと賞賛してる人達は、この方のコメントに関しては全くのスルーで聞く耳を持たれていませんでした。

突っ込みどころ満載なのに、誰も突っ込もうとしない。いや、してはいけない空気が流れている。嘘っぱちな感動話が流行る背景に、やっぱり、日本人の多くが女々しくなっちゃってるのでしょうね。そして、感動出来なければ、「心の冷たい人」みたいに仕向けられる風潮も嫌ですねぇ〜。

そう言えば少し前に、私の務める遊園地でこんな事がありました。
時差出勤で時間前のスタンバイする前に、園内で数組のお客様に呼び止められ、記念写真のシャッターを押して欲しいという攻撃にあってしまいました。スタンバイ前なので自分の準備を優先させても良いと思うのですが、お客様の笑顔の為に全てのお客様の記念写真に対応してました。
これで時間に遅れたら、きっと私は遅刻になってしまうのだろう。お客様へのサービスの為の遅刻…、これだけじゃ誰も感動しないんだろうなぁ〜。(笑)

枝葉を付けて美化して拡散。お客様が不治の病で数ヶ月後に亡くなった。あの時、写真を撮ってもらってありがとうの手紙などあれば完璧。普通の親切じゃ感動しない妙な世の中!誰かを悪人に仕立て上げて懲らしめるか、誰かを病気にして殺してしまわないと感動の嵐にならない事実…。

人が死んだり、悪人を懲らしめないと感動出来ない社会と言うのも荒んでる気がします。そして、自分がサービスをする側、或いは、承ける側になったと想定して、自分に置き換えるとやっぱり感動話には変なサービスが多い!

この感動に盛り上がってる人達は、話のおかしさや矛盾に気がつけないって事だから、それぞれの仕事の現場でもちゃんとした仕事が出来てないのでは?…と感じてしまいます。




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3114-e4cb71d7

FC2Ad