2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才子役

日テレのドラマ…Woman

某朝の情報番組で「Woman」に出演する子役の鈴木梨央ちゃん(8歳)と高橋來くん(4歳)が才能ある天才子役として他人が観ても歯の浮くような紹介がされていました。
なんかねぇ〜、私は思うのですけど、毎回、話題のドラマやCMに子役が登場し、ワイドショーなどの情報番組に取り上げられると、皆、天才子役として話題が作られてるように思います。正直、「天才子役」という言葉に、本当の意味での「天才子役」という信憑性は感じられず、お間抜けなヨイショ合戦にしか思えません。皆、子役の時はヨイショされ、子役が成長しある程度の大人になると、天才と言われてた子役だったのに、誰1人、子役時代に天才と評価されてたのに、その素晴らしいと言われてた才能への評価は消えて無くなってしまう。

そんな様子が、あまりにも「裸の王様」状態で観てて痛々しい…。そんな痛々しさの中でも情報番組での評価だから…と受け入れ観てたら、ある法則に気がつき「天才子役」という表現は嘘の極みと納得してしまった。

実は、「Woman」に出演する鈴木梨央ちゃんと高橋來くんを天才と紹介する情報番組は、ドラマ「Woman」と同じ放送局…。つまり、情報番組の情報に見立てた番組宣伝なのです。宣伝だから悪く言うはずは無いよなぁ〜。本当に情報として「天才子役」として伝えるなら鈴木梨央ちゃんが初めて出演したドラマでNHKの大河ドラマ「八重の桜」で八重の幼少時代を演じた時に放送局の隔たり関係なく「天才子役」として伝えられるべき事でしょう。

情報番組と同じ局で放送されるドラマに出演してる子役だから「天才子役」なんて言って紹介してると、逆に引いてしまって、そのドラマを観ようという気にすらならない。番組宣伝を別の番組内ですると思いきり逆効果にしかならない気がするなぁ。そして、情報番組の情報への信憑性も疑わしくなってしまう。

テレビ番組の制作側は、このような状態で視聴者を平気で裏切るような事をしておいて、その事に気がつかず、視聴率が取れないと、予算のせいにしてみたり、ネットや他の楽しみの多様化のせいにしてみたりと別なところに言い訳してるんだなと強く感じてしまいます。


●関連記事
宣伝の為のテレビ番組(当Blog内リンク)




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3105-cd71934d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。