FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

大分の温泉に行っちきた!(行ってないけど)

大分の温泉にいっちきた

リサイクルショップで買ってきた入浴剤。
えぇ~よねぇ~、

寒い日にはあったかぁ~いお風呂。

…っで、この入浴剤は大分のお土産みたいですけど、
大分に遊びに行ったとしても
私は絶対に買わないだろうなぁ~。

お菓子のお土産とかで
「○○へ行ってきました」シリーズもそうですが包装紙だけやん…!
この入浴剤もだけど、中身は何でもOK。

「その土地でなければならない」と言う理由が何一つない。

そういうお土産って、全くセンスを感じないんですよね~。

これって、なんだか日本人の典型的な姿にも感じられる。
見せかけだけのカッコばかり追い求めて、
心が伴わないという…。



FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


「義理チョコ」って書いてあるバレンタイン・チョコみたいなもんですね。
もらう方も、その土地ならではの物なんか期待してないのでしょうね(土産ものに美味いもの無しって言いますし)。買う人が「何か買って行かないと」と義理で買うのをギャグった感じの、お手軽土産って感じなのかな。ある意味、「義理とおふざけ」の日本人の得意分野ですよね・・・。大事な人のお土産にはこういうもの買わないです・・・「割り切りグッズ」なんでしょう。こういうのは「義理人情に厚い」って言うんでしょうか?!

こういうお土産に限らず、多くの場面で「心」というのが蔑ろにされてる気がします。
バレンタインもそうだし、この前終ったクリスマスも…。
そして、日本の文化である(文化なのか?)、御中元や御歳暮、そして年賀状。
なんだか義理とか義務とか、そういう気がします。
相手なんてどうでもいい。
その時期が来たら、必ずしなければならない儀式みたいな。
心が感じられない。
なんかね~、やっぱり「心」が優先されるべきだよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/310-3b866e5e