2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

七夕から神様の心

七夕飾り

笹の葉サラサラ…な、七夕の日なのですが、七夕って毎回梅雨のシーズンなので、雨か曇ってるかで、久しく綺麗な星空を見た記憶がありません。今年の七夕も美しい星空は期待が出来ないのだけど、いろんな場所で短冊に願いが込められた七夕飾りを目にします。

「家族が幸せでありますように。」「夢が敵いますように。」「就職が決まりますように。」「健康でいられますように。」「お金持ちになりますように。」…等、お願い毎も様々です。
でも、知ってましたか?七夕の歌にもある「五色の短冊」。もとは五色の布が使われていたとか。お裁縫や機織りが上達する事を願って、織り姫に捧げたとされています。だから、お裁縫や機織り…、また、それが転じて芸術等の願い事を書くのが本来のありかたで、「お金持ちになりますように。」というような願い事は分野違いで聞き入れてもらえないとの事なのですよ。

だけど、私は思うのです。人間様にお願いしてるのではなく相手は神様ですよ!神様の分野が違ってるからとの理由で簡単にお願いを無視出来ちゃうものでしょうか?
人間ならば自分の力では無理だと諦めてしまうかも知れないのですが、神はそんな人間みたいな小さな心じゃないはずです。自分の不得意な分野であれば、得意な分野の神にお願いして連携を計りつつ、願いを叶えてくれるのではないかと思うのです。

良く神様の話しで、ご利益を得る為に、何処何処の神社と何処何処の神社2つにお参りをした。…なんて言うと、そんな事してると神同士がケンカしてご利益がないと言われたり…。しかし、その考えは如何にも人間的で神らしからぬ行動ともとれちゃうのですよね。そもそも、神ともあろうお方がケンカするような心の狭さで、どうして神と言えようか…。(笑)
神ならば喧嘩するような醜い心は修行で断ち切り、力を合わせて願いを叶えるべく動いてくれると思うのですよ。それが神と言うもんだと思います。そんなわけで、皆さんの願い事は叶いそうですか?





■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3095-b179699a

FC2Ad