2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

奇跡の和製スーパーカー童夢-零

カー雑誌Rossoと付録の童夢-零DVD

いつぶりだろうか…、カー雑誌を買ったのは…?最近の車はワクワク出来る車が無いに等しい状態で、車が好きなはずの私でも興味が持てず面白さを感じる事が出来ないので、そんな私の興味を引く事の出来ない車ばかりが特集されたカー雑誌には必然的に目が行く事なく、カー雑誌を買う事がなくなりました。しかし、今回ばかりは、何が何でも買わなくては…と思う雑誌が発売されました。

その雑誌に掲載される車は私には無縁のスーパーカー様です。今月号の特集は12気筒マシーン!「男は黙って12気筒」と題されて、スーパースポーツカーが特集されておりました。私がこのカー雑誌を欲しがった理由は…、そう、特集された12気筒のスーパースポーツカー、、、では無くて、付録目的でした。

童夢-零

スーパーカーブームに沸き上がる子供の頃…、突如現われ注目となった和製スーパーカーの童夢-零。誕生当時の秘蔵映像で振り返る童夢-零のお宝的DVDが欲しくてROSSO 8月号を手にしたのでした。私にとって雑誌の方がオマケと言った感じです。

もしも、付録のDVDがDVDのみで雑誌と同じ価格で販売されてたとしても私はDVDを買っていたと思います。更に、この付録のDVDは単なる付録に止まらず1つの商品となっているところが嬉しいです。通常、雑誌の付録となるDVDは不織布に入れられ雑誌の1ページとして扱われていて、DVDを取り出すとその後の保管に凄く困ってしまうわけですが、ちゃんとDVDのケースに入れられ、普通に販売されているDVDソフトと同じように扱えるのが良いですね。

それにしても、童夢-零は素晴らしい。子供の頃の熱い記憶が甦ってきます。改めてこのDVDを観て、童夢-零という車の素晴らしさを知らされた思いです。そして、この童夢-零が市販されなかった事が残念でなりません。もしも、この童夢-零が市販されていたら、日本の各自動車メーカーが世に送り出して来たスポーツカーのあり方が根底から覆されていたかも知れませんね。








■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3092-73f44ec5

FC2Ad